ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

ヴァイオリン掲示板 - 最近のレス一覧

最近のレス一覧

[スレッド一覧に戻る]

最近のレス一覧

[53846] Re: 鑑定書を無くした場合 [雑談・その他]
 ポニー [19/08/19 16:57:47]

困ったさんへ

現在の鑑定は年輪年代法を利用するなどして
科学的にアプローチする方法も採られています。
それによって権威と呼ばれた昔の鑑定家の鑑定が否定される事もあります。
また個人の鑑定(私見)だけでなく、
複数の有識者によって合議で発行される場合もあります。
80万円が高いかどうかは、鑑定結果次第だと思いますが
お持ちの楽器が名器である可能性があるならば
信用出来る鑑定家に鑑定書を書いてもらっても良いのではないでしょうか。
ただし鑑定書が付いたからといって簡単に売買出来ると
思わないことです。。勘違いしている人が多いのですが
たしかに鑑定書が付いた楽器は転売しやすいため
買い取ってもらえる確率は高くなりますが、
それでも高額な楽器になればなるほど
買い取ることが出来る店も限られてきます。
委託販売の場合は買手が出てくるまで現金化は出来ませんし
高額な楽器ほど絶対的な需要も少なくなります。
またオークションに出品しても
買手が付かなかったり希望落札額に届かない事も多々あります。
楽器の価格は高騰していますが、
高額で買い取ってもらう事は、以前よりはるかに難しくなっている事を
覚えておくと良いと思います。
最後に
本物であるかどうかと、楽器の状態の良し悪しは
全く別の問題です。
本物の名器であっても状態次第で価値は大きく変わります。




[53845] Re: サイレントバイオリンでは上達できない? [雑談・その他]
 大人ビギナー [19/08/19 8:53:14]

始めて3年目の大人バイオリン好きです。質問者さんと同じ理由からサイレントから入りました。結論から言うとできるとは思います。注意点としては音は意外と大きいです😅状態が安定しているので、中途半端な楽器を買うよりは、慣れとして弦替えや調弦等のバイオリンの扱い方も学べた最初の選択として個人的にはありでした。
私は様子が分かってきた2年目の終わりに買い換えましたが、それぞれで良いかと思います。

[53844] Re: 鑑定書を無くした場合 [雑談・その他]
 困った [19/08/18 20:15:00]

ありがとうございます。
ロンドンの老舗楽器店に問い合わせたところ写真から本物だと思うので、持ってくるように言われました。しかし鑑定は3か月くらいかかり費用は日本円約50万円くらいだそうです。無くした鑑定書は有名な鑑定書ではないです。

[53843] Re: 鑑定書を無くした場合 [雑談・その他]
 ポニー [19/08/18 8:34:53]

困ったさんへ

もし老舗楽器店や著名な鑑定家の鑑鑑定書を紛失したのであれば
残念ながら大きな損失と言えます。
お持ちの楽器が本物であるかどうかは重要ではなく
市場で信用されるかどうかがその楽器の価値を決めています。
老舗楽器店や著名な鑑定家による鑑定書が付いた楽器は
市場において信用されるため、結果的にその楽器の価値を高めます。
無名、あるいは信用の低い鑑定家による鑑定書であれば
(少なくともプロ同士の取引であれば)付いていてもいなくても
大きな問題はないと思います。
鑑定料欲しさに鑑定書を乱発する鑑定家もいるからです。
特に日本人は鑑定書の内容よりも、鑑定書が付いているかどうかで
判断する傾向が強いためカモにされているのが現状です。
鑑定書さえ付いていれば何でも良いというわけではありません。
ここは覚えておくと良いでしょう。
もし老舗楽器店、あるいは著名な鑑定家の鑑定書が付いた、
著名な製作者が作った楽器(と言われて)を購入したのであれば、
同等の鑑定書を付けるにはそれ相応の出費が必要となります。
また同じ鑑定結果になるとも限りません。
鑑定家はそれぞれに地域や時代、弓など得意分野が異なるため
鑑定結果が異なる事もあります。
国内でも鑑定会が定期的に開かれていますので
鑑定家の信用度と共に調べてみると良いでしょう。

[53842] 鑑定書を無くした場合 [雑談・その他]
 困った [19/08/17 20:09:52]

楽器購入時にもらった鑑定書を無くしてしまいました。すでに鑑定書をくれた楽器屋さんはいらっしゃいません。
この場合どのようにしたらよいですか?
または鑑定書はどのくらい重要でしょうか?
よろしくお願いします。

[53841] Re: 長時間練習キツい… [雑談・その他]
 pochi [19/07/31 11:47:26]

http://fstrings.com/board/index.asp?id=53840#53840
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
バグが有り、貼らないと他のURLが貼れません。

すってけてん氏、

>正直疲れます!肩は痛いし、指にもきます。
=====弾き方の基本が出来ていないのでしょう。

精神的には疲れますが、3泊4日なら楽勝です。ミュージカルのマティネとソワレ、ダブルヘッダーのコンミス(マス)をしていました。当初はエキストラだったのですが、劣悪な労働条件の元、楽員にインフルエンザが流行って、序列が上がって行き、倒れたコンマスの代わりに弾いていました。私は効率良く、且つ豪快な弾き方をします。使う弓幅が大きいのが特徴だそうです。従って、音が大きいのです。幼少期からソリストとしてのレッスンを受けたので当然ですね。

今更遅いのですが、「ヴァイオリン体操」
https://www.amazon.co.jp/dp/4276144140
こんな本が有ります。

「ユーディ・メニューイン」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3
は「ヨガ」が「ドウタラコウタラ・ウンタラカンタラ」と理屈を捏ねていました。優しいお爺さんでしたが、ヴァイオリンは下手糞でした。

詳細はよく解りませんでしたが、
「人の動きには楽器演奏にも合理性とトレーニング法が有る」
という趣旨は解りました。

>あと正直4日間、3曲のみの練習バイオリン漬けは、かるーく飽きてくる
============ヴァイオリン協奏曲のソロを弾きましょう。

すってけてん氏が当然弾いた事が有るブルッフかメンコンのソロなら、他の人も初見でパート譜は弾けるでしょう。チャイコフスキーもオケはそれほど難しくは有りません。ベートーヴェンは鬱陶しいのでやめましょう。

ピアノが弾ける人が居たら、ショパンの1番がオススメです。初見で半分寝ていても弾けます。

[53840] 長時間練習キツい… [雑談・その他]
 すってけてん [19/07/30 20:05:01]

明日から部活で合宿です!
3泊4日で、2,3日目は8時間以上練習があります…
正直疲れます!肩は痛いし、指にもきます。去年は疲れで4日目の最後の合奏が一番悲惨な演奏になりました…
体に負荷をかけ過ぎない練習や、いい休憩やストレッチ方法などがあれば教えてください!
あと正直4日間、3曲のみの練習バイオリン漬けは、かるーく飽きてくるので…そこの打開策もあれば教えてください!

[53839] Re: 親指の痛み [演奏技術]
 てん [19/07/30 19:58:49]

pochiさん、具体的な練習法まで…ありがとうございます!
親指は直ったっぽいです、多分弾けます…
でも実は明日から合宿なので、せっかくの長時間練習ができる期間にやってみたいと思います!

[53838] Re: 弓が真っ直ぐにならない、音程が安定しない [雑談・その他]
 pochi [19/07/29 14:37:54]

大人になると、観念では技術習得が困難なので、手法で技術習得する必要があります。

大人向きの最も初歩的な運弓練習法です。

鉛筆(の中央)を中指と親指で持って、親指の曲げ伸ばしをして下さい。

弓の持ち方は先生に習って下さい。標準的には、この掲示板のyc氏の友人、藤田将也(ちぐまさる)氏に依る動画があります。
https://youtu.be/Wc0fBrU_nK4
動画の通り、弓を持つ時には横には持たず、縦に持って下さい。横に持つのは、弓を弦の上に置いた時だけで構いません。

弓の重心付近で親指と中指だけで弓を持って、f孔の上の◯付近を弾いてみてください。

徐々に弓幅を拡げます。

ヴァイオリンは奏法上、弓の重心よりも先では、小指に荷重は有りません。先弓先端で少し使うのですが、基本を習得してから、です。

A線Down、D線Upで全弓運弓を行って下さい。この腕の動きで、D線だけ、A線だけ、を弾いてみてください。

ヴァイオリンの音程の取り方の基本はこちらにあります。
http://fstrings.com/board/index.asp?id=51303#51329

[53837] Re: 弓が真っ直ぐにならない、音程が安定しない [雑談・その他]
 ゆー [19/07/28 23:54:25]

弓様
返信ありがとうございます。
確かに、私に弓の持ち方は小指と親指が少し違うようです。これから直していきたいです。
音を耳で作るとは、頭の中で音程を想像して弾くということでしょうか。
なかなか難しそうですがやってみたいと思います!

Copyright © 1995-1998, 2001-2019 violin@web all rights reserved.