ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

音程と響き - ヴァイオリン掲示板

[スレッド一覧に戻る] 並び順 [ 日付の新しい順 | 日付の古い順 ]

このスレッド内のレス一覧

[46663]

Re: 音程と響き

[雑談・その他]
 nao [2013/02/23 9:42:23]

pochiさま ありがとうございました。


新しいタイトルで質問しょうとおもったのですが、便乗になってしまいました。すみませんでした。

[46662]

Re: 音程と響き

[雑談・その他]
 pochi [2013/02/23 3:10:44]

nao氏、

基本は移弦してからシフトです。逆はハイポジションだと完全五度が合っていない事があるので、避けた方が良いのです。

>直角三角形の(a+b)>cの原理で距離も短いし手間も1回ですみます。
----シフトは手の形で行うもので、三角形の斜辺の考え方だと手の形が崩れ勝ちになるので避けます。

[46655]

Re: 音程と響き

[雑談・その他]
 Xin [2013/02/22 17:33:57]

響く音とそうでない音をビジュアルで表現すると
こうなります。
ttp://www.youtube.com/watch?v=BhZpvGSPx6w&list=PLgU8Hp3-eHmzPjhKD6VNxlA5cjTiT50SV

[46654]

移弦のposition移動について

[演奏技術]
 nao [2013/02/22 16:58:32]

先生はらは「移弦のposition移動は先に移動してからposition移動するように」といわれました。
質問ですが斜めにいきなり移動するのは良くないのですか?
直角三角形の(a+b)>cの原理で距離も短いし手間も1回ですみます。

[46647]

Re: 音程と響き

[雑談・その他]
 るま [2013/02/20 22:37:37]

明日の練習のとき,早速やってみます。
練習するのがますます楽しみになりました。
pochi先生,どうもありがとうございました!

[46646]

Re: 音程と響き

[雑談・その他]
 pochi [2013/02/20 22:24:21]

ヴァイオリンが上手になるコツの1つとして、そんな「響く音」を自分で探すのがよいのです。

開放弦と同音及び、そのオクターブは必ず響きますので、取り敢えず、1st.positionでそんな音を探して下さい。

例えば、4の指のG線D、D線A、A線Eは、開放弦と同音なので、独特の響きがあるのが、すぐに解ると思います。

[46645]

Re: 音程と響き

[雑談・その他]
 るま [2013/02/20 21:55:34]

pochi先生,早速にありがとうございます。よく分かりました。倍音の共鳴なのですね。
音程がぴたりと合っているときでも,「ああ,倍音が共鳴しているな」という自覚はなかったのですが(私の耳には,共鳴している側の音は聞き取れないのですが,耳のいい方には聞こえるのでしょうか),美しく響いていると感じるということ自体が,共鳴を感じているということだったのだと思い至りました。
ヴァイオリンは素晴らしい楽器ですね。
これかでも美しい音階を楽しみたいと思います。

[46644]

Re: 音程と響き

[雑談・その他]
 pochi [2013/02/20 21:28:44]

倍音が共鳴し合うからです。

ピアノと違って、ヴァイオリンの音程は、単純な振動数比になっています。

ヴァイオリンの音程は、同音・完全四度(3/4)・完全五度(2/3)・オクターブ(1/2)と、完全四度と完全五度の差である、長二度(8/9)で成り立っています。ピタゴラス音階と呼ばれ、旋律を弾くのに美しい音階です。

ヴァイオリンは、五度調弦の楽器なので、ピタゴラス音階で弾くと、響くようになっています。

ヴァイオリニストは、その音程を1つ1つ正確に響きで覚えています。だから、音楽を音楽として弾けます。

例えば、D線1st.position3の指Gは、Gの開放弦と共鳴し合って響きます。A線の3rd.positionの4の指Gも同じく響きます。E線の1st.position2の指Gも同じく響きます。この響きを上手く利用して弾くのが、ヴァイオリンを弾く基本です。中級までは、この音程の取り方で大丈夫です。

[46642]

音程と響き

[雑談・その他]
 るま [2013/02/20 21:00:53]

いつも皆様の投稿を拝見して勉強しております。
ヴァイオリンの音程と響きについて質問があるのですが,正しい音程で弾くと,なぜヴァイオリンはあのように独特の美しい響きをするのでしょうか。
曲が正しい音程で弾かれた場合に「曲として」又は「演奏として」美しく聞こえるというのは当然ですが,一音だけであっても,音程がぴたりとはまる場合には特別の響きが感じられます。
あまりに常識的なことでお聞きするのが心苦しいのですが,論理的な理由のようなものがあるのかどうか,教えていただきたくて投稿させていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

Copyright © 1995-1998, 2001-2022 violin@web all rights reserved.