ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか - ヴァイオリン掲示板

[スレッド一覧に戻る] 並び順 [ 日付の新しい順 | 日付の古い順 ]

このスレッド内のレス一覧

[33168]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 父娘でVn始めました [07/04/22 1:31:58]

KMGさま、
[31928] Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか [07/03/08 18:08:16]上手な人が弾けば、よほどひどい作りのひどいバイオリンでなければ、きれいな音、しますよ。弓だってそうです。結局は、弾く人のレベルなんじゃないですかね。>
ご指摘はいたく納得納得です。

すっごい上手い人が弾いたら、たとえば杉*の数万円の弓でたとえば鈴*の数万円の楽器で、すっごくいい音で弾かれるのでしょうね。ところが、そういう方は普通はもっと良い楽器と弓を(もっとずうっと良いものを)お使いになっておられるでしょうし、そのレベルの楽器の持ち主は普通そんな腕は持たないと言うのが悲しい現実なのか。
この楽器はこういうふうに弾き込んであげればこういう感じで鳴ってくれるだろうとか、こういうことが判別できるにはそれなりの腕と言うものが必要なのは言うまでもないのでしょう。そういう腕と判断力を身に付けるのが精進だと肝に銘じて、精進したいと思います。

[31928]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 KMG [07/03/08 18:08:16]

上手な人が弾けば、よほどひどい作りのひどいバイオリンでなければ、きれいな音、しますよ。弓だってそうです。結局は、弾く人のレベルなんじゃないですかね。

[31925]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 JAMES [07/03/08 15:48:46]

クリスチャンテツラフが日本の某交響楽団でベートーベンのコンチェルトを弾いたときの楽器がドイツの新作だったと先日、偶然耳にしました。
いつもはストラドを持って来るらしいのですが、そのときはドイツ新作だったらしいです。楽器の響きが足りなかったといっていましたが1ヶ月前に作られた楽器だと話していました。
本人に確かめたわけではありませんので信憑性はわかりませんが、是が本当なら新作の楽器(ドイツものでも)弾く人が弾けばしっかり演奏できるものだと思いました。

*先日九州のとある有名温泉に外来入浴に行ったところ偶然プロの方に会って話を聞きました。

Bowはフレンチがいいとおっしゃっていましたがヴァイオリンはドイツでも最近はいいものが多いみたいです。イタリアの弓も最近はいいものがおおいと話していました(余談ですが) 

私自身生産国にはこだわりませんが、安くてよいものがあったらほしいですし、何もヴァイオリンはイタリー、Bowはフレンチにこだわる必要はないと改めて実感しました。

主題の質問にもありますが、新作楽器でも十分コンサートで弾ける楽器は存在するみたいです。参考になれば嬉しく思います。

[31860]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 北風 [07/03/05 12:48:25]

チェロおじさん 様

石井さんの楽器、ヴァイオリンですが東京の某楽器店に置いてあったものを弾いたことがあります。
新作ながら非常にこなれた感のある、こちらの要求に敏感に反応してくれる弾き易い楽器でした。POGGIの弟子筋の方らしいですが、レスポンスのよさや音色の豊かさは頷かされるものがあり、これからが楽しみな作家と思いました。
自分の未熟な腕ではどうもGBMやFB等の楽器は箱の振動を感じることができないでいたので、新作とはそういうものかと思っていましたが、石井さんの楽器に限らず、まれに新作でもはじめから楽器らしい豊かな音色を鳴らしてくれる楽器はあるようです。

[31843]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 セイジ [07/03/04 23:12:09]

新作ヴァイオリンでも、オールド弓で弾いてやると、古っぽい枯れた雰囲気の音が出ることがありますよ。楽器だけで音色が作られるわけではないので、念のため。

[31807]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 森象 [07/03/03 17:04:51]

一流ヴァイオリニストが新作ヴァイオリンを即実戦に使用している例が見つかりましたので、お知らせします。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1199346

ヴァイオリンは2006年製の新作Christian Bayon、弓は19世紀のPersoit(ペルソア)を使用しているとのことです。2006年6月の録音とのことですので、出来立てホヤホヤの新作だったわけですが、あまりの演奏の素晴らしさに、楽器が新作ヴァイオリンだとは全然わかりませんでした。というか、音色も深みがありますし、音量も豊かで、表現力も優れていると思います。
テディ・パパヴラミは、以前の録音ではトリノで作られたGBガダニーニの名器を使用してましたが、この新作ヴァイオリンでも、オールドイタリアンの名器に引けを取らない素晴らしい音を出しています。
このCDを聞いていると、新作ヴァイオリンでも優れたものであれば、出来たてホヤホヤでもすぐに実戦で使用できるということが言えるのではないかと思います。
演奏そのものも超絶的で凄いですし、編曲(アレンジ)も大変面白いので、聞いてみて下さい。

[31801]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 チェロおじさん [07/03/03 11:47:57]

pochi様、皆様

いいたかったことはほとんどいってしまったので、しばらくお休みするつもりでしたが、pochiさんの書き込みにつられてまたふらふらと出てきてしまいました。

pochiさんの2つ前のコメントでご教示があった過去のスレッドからたどっていくうちに、石井さんという若い製作家の方のHPにたどり着きました。そのコラムに、古い楽器と新しい楽器の違い、調整の意味、楽器の選び方、楽器の全体の雰囲気など非常に興味深いお考えが載っております。私には、非常に参考になりました。こういう方が製作される楽器の音を是非一度聞いてみたいものだ思いましたが、私の居住地とは遠いので難しそうです。

ttp://www.geocities.jp/katakoto_02/html/index.html

>仮に30年先に鳴るように成っても実践的な道具として意味が有りませ
>ん。その他、「販促営業用演奏」もありますから、気をつけて下さいね。

私の楽器は、1982年生まれですので、かれこれ25年弾きつづけてきました。特性が変わったのは確実だとは思いますが、変化の何%(何10%)が楽器自体の経年変化によるものかは解りません。いずれにせよ、ステージで出す音に生活がかかっている奏者は、25年は待てませんよね。幸か不幸か私は自分(達)の楽しみのためだけに弾ける特権を享受しているので、もうしばらくこの楽器と付き合ってみようと思います。

資金の当てが無いものですから、楽器巡りは目標の音を探すのが主目的です。でも、何かの間違いで資金のめどがたったら、別の楽器を購入することもあるかもしれません。そのときでも、負け惜しみでなく、今の楽器は手放さないだろうと思います。今後どう変化していくかに非常に興味があるからです。年齢を考えると、私自身の奏者としての寿命もそれほど長そうにもありませんが。

なお、私の楽器は、他の楽器に比べて相当駒の近くで弾かないと、どんよりした感じが抜けないのですが、駒そばで大きな音で鳴らすようにしてから、楽器自体の共鳴特性が向上してきたように思います。数年かかりましたが・・。自分では、以前よりジーンをのせて「かりっ」とした音にしたつもりですが、柔らかい音になったねといわれることが多くちょっと不思議に思っています。尤も、悪くなったとは言われないのでこれでいいのだろうと思っています。録音では、演奏時に自分が感じるよりシルキーに聞こえます。マイクなどの特性も介在するので、本当のところは良く解りません。

いろいろ考えてきましたが、結局経年変化はあるとは思いますが、実態は良く解らないというところに落ち着きました。調整はその楽器の能力の範囲で大きく特性を向上させますから、まだの方はお試しになる価値はあると思います。当初のスレの趣旨とは違った発言を続けてすみませんでした。

それでは。

チェロおじさん


[31800]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 pochi [07/03/03 10:29:13]

チェロのフラジオは、ヨーヨー・マの得意技ですね。アンコールで神業を披露してくれます。彼の楽器は上等なのでしょうね。チェロ弾きに依ると、あんな技は普通の楽器では非常に難しいのだそうです。ヴァイオリンだと5度の強制フラジオまで可能なのですが、チェロだと4度までしかできませんね。低いポジションだと手の柔軟性が要求されますね。

ニスが乾ききった全く弾かれていない新作では1時間ほど弾けば変りますし、一週間ほど弾けば大体傾向は掴めます。私にとっては半年以上の弾き込みに意味を見出せません。「弾き込めばそのうち鳴る」というのは、営業トークそのものです。10年単位なら変化はありますが、仮に30年先に鳴るように成っても実践的な道具として意味が有りません。その他、「販促営業用演奏」もありますから、気をつけて下さいね。

[31781]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 チェロおじさん [07/03/01 18:30:52]

pochi 様

>チェロの事はよくわかりません。ヴァイオリンに関しては既に投稿していま>す。 ttp://fstrings.com/board/index.asp?id=8878&t=2004

pochi様 ご足労をおかけしました。お示しの過去の議論を拝見しましたら、とても勉強になるコメントが満載されておりました。不勉強を棚に上げて、青臭い講釈をたれて恥ずかしく思います。

ここ数年、楽器巡りの道場破りを続けてきましたが、フラジオは使ってこなかった技です。これを機にぜひとも習得し、秘技として駆使することに致します。もっと早く知っていればと悔やまれます。

理想の音を求めて、また、さすらいの旅に出かけます。どこかのフェアで下手なフラジオで頑張っているチェロのおじさんがいたら、それは私です。

チェロおじさん

[31775]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 pochi [07/03/01 6:27:14]

チェロおじさん様

御指名なので、、、
チェロの事はよくわかりません。ヴァイオリンに関しては既に投稿しています。
ttp://fstrings.com/board/index.asp?id=8878&t=2004
熟達の士ではありません。囲碁将棋は嗜みますが、5手先ほどしか読めません。「自称アマ2段」の人とチョボチョボですから、即ちヘボ碁、ヘボ将棋です。今はヴァイオリンの腕も同じかもしれません。

pochi 敬

[31768]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 魚丸 [07/02/28 21:03:25]

チェロおじさん様、ご丁寧にありがとうございます。お店のサイトも見つかりました。思うところが色々あり、一通り書いてみたのですが、全略することにしました。あ、ひとつだけ。量産の自分の楽器に最も欠けるのは推進力だと思います。

pochiさんがお返事がくださると良いですね。
ややこしいタイミングで投稿することをお許しください。

[31766]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 チェロおじさん [07/02/28 18:46:02]

pochi 様

奥義を極められたpochi様にいつかお聞きしたいと思っていたことがあり、反応についても関連質問が提示されたのを機に、お尋ねさせていただきます。

私は、あまり深く考えないで、響く、鳴る、レスポンスが良い、音色が良いなどと表現してきましたが、道を極められた方が楽器について特徴や良否を判断されるときの判断項目はどのようなものなのでしょうか? お教えを賜ると幸甚です。

何を伺いたいかのご参考に、演奏歴だけは長い、中級手前の若輩者ですが、これまで個人所有や楽器店やフェアで弾かせて頂いてきた楽器についての判断基準を恥ずかしいですが、リストアップさせていただきます。

@響く:箱の振動特性が良く、pizzの残響が長い、裏板の振動が胸に伝わる、ハーモニクスで調弦するときに音程感がよく合せやすい
A鳴る:IV弦の下の低音がかりっとした音で十分出る。膨らんだ包み込むような音も十分出る(芯は失わない)。I弦II弦の高音部で伸びやかに歌える。駒との距離を替えるとスムーズに音色が変化する。こちらの指や運弓が負けるまで何処までも応えてくれる
B音色が良い:ジーンという成分が多い、かりっとした音が出る、合奏の録音時に弱音でも聞き取れる、
Cレスポンスが良い:立ち上がりの良い音を出しやすい、弓の引っかかりが良い、弓を跳ばしやすい
などの要素が元になっているように思います。当然重なり合う部分も多いですが・・。

練達の士がどのような観点から、楽器をご覧になっているのか、非常に興味があります。将棋名人にどのようにして、次の手を考えているのかと問うようなものかもしれませんが、ご無礼をお許しください。

また、上質の古い楽器は、全体として箱を構成する木が柔らかい感じがして、羽が落ちてきて弦に触れても、たえなる音がしそうな印象を受けるのです。運動選手の関節の可動範囲が広いということも聞きますが、楽器としてもしなやかな柔軟性が潜在的にあり振動の可動範囲が広いのではないかと、ほとんど何の根拠も無くspeculateするのですが、妄想でしょうか?

感覚的な話で申し訳ないのですが、これも一度お尋ねしたかったので、質問だけはさせていただきます。

チェロおじさん 拝


[31765]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 phthalocyanine [07/02/28 14:39:23]

音量、音質等の議論はなされていますが、楽器の反応についてはいかがでしょうか?
経年によって、一般的に楽器の反応は良くなるのでしょうか?

[31758]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 pochi [07/02/28 5:35:34]

新作は、白木の状態で90点とすると、ニスを塗ったばかりの状態が70点、ニスの乾き掛けは、30点、ニスが完全に乾いたら90点、100年くらい弾くと100点。

引き込みに関しては短期的弾き込みは効果があります。初心者の方の楽器を思い切って弾いたら直後は弾き易くなったと悦んで貰えます。次の日には元に戻ります。

楽器屋が売りたい楽器が有ったら、私に暫く貸して呉れいました。一カ月程弾き込めば、売れやすくなるんだそうです。不思議なことに弓も同じ事が言えるんだそうです。

現状で鳴らない楽器は買わないのが鉄則ですが、少しだけ鳴り難い楽器を買うのが技術向上の観点からも大切なんだそうです。この「少しだけ」が難しいんです。

[31754]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 チェロおじさん [07/02/28 0:08:24]

魚丸 様

思わせぶりな表現で申し訳ありませんでした。

昨年の弦楽器フェアのスレッドでも実は書き込んだのですが、そんなに数を弾いたわけではありませんが、私なりに手ごたえを感じることが出来た楽器は、順不同で、園田さん、松本さん、松下さんの作品です。松下さんは、わざわざ笹野さんの弓を借りてきてくださり、組み合わせで試奏させてくださいました。それぞれに楽器のポテンシャル、調整の追い込みの完成度の高さが強く印象に残っています。古い楽器の音色とは違っていたと思いますが、どの楽器も、なんともいえない上品な色気があったように感じました。それは、自分の楽器で最も欠けているとあきらめている部分でもあるので余計に魅力を感じたのかもしれません。でも、音の凄み、音量もそれぞれ若干の得手不得手はあったと思いますが、十分にあったと思います。私のほうは、自分の楽器の艶と色気をなんとか経年変化で補えないかと夢想しているわけです。

参考にしたエッセイについてですが、Cで始まる名古屋に本店があるお店のHPの「ナチュラル」 - 本来の響きを求めて- というコラムの最新号を拝読しました。

ご参考になれば幸いです。

[31753]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 セロ轢きのGosh [07/02/27 22:37:43]

 はは、言いたかったこと殆ど書かれてしまった ^_^;

> ひょっとするとかすかな効果はあるかもしれないと信じてやっていますが、ダメもとの覚悟はあります。

 その態度が上達に繋がり、結果的に楽器から出る音も良くなるのだと思います。 小生もそうありたいといつも思っています。 後付で恐縮ですが、「ブドウ畑」とはそういう意味です。

[31752]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 魚丸 [07/02/27 22:32:00]

チェロおじさん さんに、質問というかお願いというか…よろしければ、是非。

>最近では、2006年の弦楽器フェアでも、触っただけで鳴り始めそうなくらいにまで追い込んだ楽器を何本か触らせていただきました。

おーそれはスゴイ。どなたの出品でしょうか。ジャストで教えてもらえれば、あの広大な会場内で莫大な数にまみれて疲れ果て時間切れになる前に内容のある試奏ができて嬉しいです。あ、チェロか、とも思いましたが、まぁ参考にはなると思いますし、チェロの方もこちら多いようですし。実名ってのはどうよ?という空気が昨年の弦楽器フェアの報告スレッドに流れて沙汰止みになっており残念に思っていました。例年実名で報告されていましたし、そもそも名前を出されて困るような方がご自分の名を付して出品されているとは思いません。褒めるも貶すも固定HN持ちならば、ご自分の名にかけてなさるでしょうし…。今回は激賞モノみたいですから、(製作者側としては)一層問題はないと思います。もしよろしければ是非教えて下さい。

>他店のことを出して恐縮ですが、名古屋や吉祥寺にお店のある弦楽器店のHPにも調整の効果について参考になるエッセイが掲載されており、勉強になりました。

それは具体的にはどのお店ですか?ネット上だから、探せばなんとか見つかるはずで、教えてもらおうってのはずうずうしいでしょうか。他店の宣伝をその店自身がこの掲示板上で行うのはアリエナイと思いますが、無関係な個人ならいいじゃないかと思っています。ま、これも気が向いたらお願いします。

その他、主張なさっている内容に関しては概ね賛成です。ヴァイオリンだと「ブーン」と表現したほうがぴったりくる気がします。概ね、というのは自分の技術を大幅に超える楽器は到底弾きこなせないので私ならいくらお金があっても買わないな、くらいの差異です。これは想定が絵空事ですから、大差ありません。


まったく上記に関係ない蛇足。
個人的には、市井のアマ1さんの[31731]の発言にニヤニヤしていたのですが、あのスレッドは怖い感じが漂ってるので、とりあえずこんなところにこそっと書かせてください。

[31746]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 チェロおじさん [07/02/27 21:29:29]

セロ轢きのGosh  様

調整を過小評価される趣旨ではなかったとのこと、早とちりして失礼しました。

私のほうでも、調整の効果を強調する余り、「弾き込み」伝説を助長する恐れのある論調になっていたかもしれません。それは真意ではありません。

弾き込み効果はあると根拠無く信じていますが、少なくとも、継続性や与える振動の大きさなど、素人が手慰みに弾く程度の”弾き込み”は、おそらく100年かけて自然に進行する変化以上の効果は、ほとんど無いだろうと思います。私も、ひょっとするとかすかな効果はあるかもしれないと信じてやっていますが、ダメもとの覚悟はあります。

楽器屋の中には、「弾きこむと今よりもっとよくなる」と二言目には言う店も現に知っております。異を唱えて関係が険悪になると、気軽に試奏に応じてくれなくなることが怖くて、聞き流すことにしています。

しかし、真に受けて直ぐに変化が起こることを期待して購入するととあとでがっかりする可能性が高いだろうなと思います。警鐘を鳴らす意味でのご発言、貴重と思います。

良い楽器とは何か、自分が満足できる楽器とは何かについて探る議論の一端になったとすれば嬉しく思います。

[31744]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 セロ轢きのGosh [07/02/27 20:54:09]

チェロおじさん様、

 御説ごもっともです。 小生が言いたいのは、「弾きこみ」の一言ですべてを括らないで、ということです。 チェロおじさんさんのように要因を分析して語ってもらえば有益な議論ができようかと。
 最初[31522]にも書きましたが、仰るとおり調整の効果は大きいと思います。

[31742]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 チェロおじさん [07/02/27 20:14:46]

自己レスです。

前回発言を修正する必要は無いと思いますが、読み返してみると、少々わかりにくい表現だったように思いますので、補足します。

このスレッドの本来の趣旨は、楽器の経年変化はあるかということだったかと思います。それについての私の考えは「あるとおもう」です。根拠は、@古い楽器がきわめて高価であるにもかかわらず、現に多くのプロ演奏家に演奏されていること、A自分で弾かせてもらっても、古い楽器の多くのレスポンス、音量(録音機のレベルメータの振れが、古い楽器は軽く弾いても大きいです、サンプル数は少ないですが)、音色が多くの場合優れていることを実感した経験があるからです。

それが達成されるのにどれくらい時間がかかるのかは良くわかりませんし、材質変化などに根ざす原理もわかりませんが、楽器としての特性の経年変化は実在すると思っています。

また、その一方で、新作でも同様に良く響き、よく鳴る楽器もたくさん有ります。よく鳴る楽器同士で比べた場合、古い楽器の特徴は、独特の音色感でしょうか。チェロの場合は古い楽器は「ジーン」という成分を出しやすいことが特長と私には感じられます。

少数派かもしれませんが、新作を使用しているプロ奏者もいらっしゃるわけで、古い楽器の音色は多くの人に好まれるといえそうですが、万能でもなさそうです。個人としては、ジーンという成分の多く出る楽器は好きですし憧れです。

しかし、その差は、ある人には決定的かもしれませんが、それほど大きいものではなく、私が強調したかったのは、むしろ調整によって響きや鳴りに大きな差が生じている場合が多いということです。新作と古い楽器の微妙な差は、両者ともその楽器の持てる能力いっぱいの効果を発揮できるよう調整してあることが前提として意味のあることと思います。調整が悪ければ、どんな名器も情けない音しかしないのだろうと想像します。

楽器の変化がそれほど期待できないということを強調する余り、調整による改善の可能性まで過小評価されることが残念だったので、前回のコメントを上げさせていただきました。他店のことを出して恐縮ですが、名古屋や吉祥寺にお店のある弦楽器店のHPにも調整の効果について参考になるエッセイが掲載されており、勉強になりました。調整も万能ではなく、楽器固有の限界もあるという趣旨だったと思います。そのとおりなのだろうと思いますが、友人所有など何本かの通常クラスの楽器の調整後の変貌ぶりを実感してみますと、普通にきちんと作られた楽器をきちんと調整すれば、大抵のアマチュア奏者には実用上十分のようにも思います。

私個人の考えを正直に言えば、私の楽器は分類としては、半手工クラスですが、職人の方の調整によって私には十分な程度によく鳴りよく響くようになってくれたので、この状態を保って、楽器を良く震わす弾き込みを続ければ、通常の経年変化より速いペースで、古い楽器独特の音を出してくれるようになるのではないかと期待して、気長に自分の楽器を扱っています。万一、宝くじにでもあたれば、高価な楽器がほしくなるでしょうが・・。

わかりにくい表現で申し訳ありませんでした。また、少ない経験とサンプルから一般論に広げすぎている点もご勘弁ください。

[31619]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 チェロおじさん [07/02/23 21:35:42]

皆様

> この辺り、上級者の皆様におかれましては、庶民を惑わす発言には少
>し気をつけて頂きたいものです ^_^;

興味深い話題です。

私は、上級者ではありませんが、同じチェロを20年以上弾き続けています。最近自分の楽器の音が変わったことは確実だと思います。自分でもそう思いますし、合奏の相手をしてくださる、楽器の異なる複数の奏者も別々の機会に、そういってくださいますので、ある程度客観性があると思っています。

購入してこれまでの間に、

@勿論、経験とともに弾き方が変化しています
A弓を替えました
B職人さんに調整(駒、魂柱交換)を追い込んでもらいました
Cテールピース、テールガット、エンドピンなどを替えました

要因としては、これらが複合的に作用している可能性が高いと考えます。

それに加えて、

D共鳴箱の特性が向上して、共鳴のポイントが鋭くなり、
響きが豊かになったのですが、
これがいわゆる経年変化と弾き込みの効果ではないかと思うのです。

あくまで、再現性、客観性に欠ける単なる自己満足とたわいの無い印象ですが。

ただ、鳴らない楽器は何時までもならないとは限らず、私の楽器のように、本当にどうしようもなく鈍重だった楽器が、軽く音が出るのとは違いますが、十分レスポンスも切れが良く、響き豊かな楽器に変貌することもあると思います。

少なくとも、鳴るポテンシャルを秘めた楽器を調整もしないであきらめるのは大変勿体無いことと思います。

いろいろな方の楽器を触らせていただくのですが、調整をちょっとすれば、もっとよくなる(長所が伸びて、短所がへっこむ)ような気がすることがあります。びんびんに調整が追い込まれているなと思う楽器にお目にかかることは、楽器屋ですらめったにありません。最近では、2006年の弦楽器フェアでも、触っただけで鳴り始めそうなくらいにまで追い込んだ楽器を何本か触らせていただきました。

運がよければ、最初から鳴る楽器にめぐり合うし、最初、鳴らなくても調整などで、鳴るようになる場合もあることは事実だと思います。しかし最初鳴る楽器でも、その状態を続けるためには、調整をある頻度で継続することも重要だと思います。

ご参考になれば幸いです。

[31605]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 魚丸 [07/02/22 23:05:20]


私の場合、肩当てをマッハワンに替えたら、音が激変しましたよw
(どの楽器にもこの肩当てが良いと薦めているわけではありません。)

また、同一奏者・同日でも、時間的な変化があると思います。
個人的感覚としては58点(惜しくも不合格)から80点(優)くらいは差をつけたい。流石にどんなに低くても、30点以下はありませんが、たまに200点くらいつけたいときもあります。
鳴らないときは全然ナリマセンが、鳴る時はガンガンに鳴ります。
原因は、自分のウォーミングアップ不足のみでしょうか。

ところで、同じ楽器でも奏者によって全然違う音が出るのはノーカウントですか?そして、コンサート最初の曲は後の曲に比べてイマイチになりがち、というのも聴く立場場からはよく知られていると思いますけど、これも全部奏者の都合(楽器のせいではない)と解釈するのでしょうか。別にこの場で白黒つけなくては、ということではなく、どっちでも良いとは思いますが。

どちらにしろ、スレ主さんの意図からはズレズレですね、ごめんなさい。
経験上、新作でも、鳴る楽器は鳴ります(と書くと万民の意見みたいですが、異論は当然あるでしょう。また、そちらが正しいのかもしれません)。

[31598]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 ぽか〜ん [07/02/22 11:17:31]

まだ中級入り口くらいで老後の暮らしが大いに不安だけれども
「楽器屋の陰謀だ!そうだ!そうだ!」と決め付けるより
2点分でも音が変わる理由を知りたいと思う私は何なんでしょうか?

愚民?

[31567]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 ギター弾き [07/02/18 21:18:38]

セロ轢きのGosh 様

 [31561]が人を惑わせる発言だったこと、お詫びいたします。
 大変申し訳ありませんでした。
 (購入した楽器はわざとならないものを選んで購入したのではありません。)
 

 

[31565]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 セロ轢きのGosh [07/02/18 19:44:53]

ギター弾き様、

 それは、敢えて最初は鳴らない(音の良くない)楽器を選んで買われた、ということですか?

 楽器自体の変化が皆無であると言うつもりはありません。 ただ、「鳴らない」vs「鳴る」みたいな劇的な変化はちょっと考えにくいように思います。
 例えばの話、優等生にとって96点と98点の2点差は天と地ほどに大きいでしょうが、普通の子にとって60点と62点は、まぁ誤差の範囲内ですよね。 上級者(例えば千住さん、多分ギター弾きさんも)にとって96→98点の変化は「鳴るようになった」ということかもしれませんが、庶民の持つ60点の楽器が80点に化けることは先ず無いと思います。

 この辺り、上級者の皆様におかれましては、庶民を惑わす発言には少し気をつけて頂きたいものです ^_^;

[31561]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 ギター弾き [07/02/18 13:58:23]

アコースティックギターは新品を購入して引き始めてから数ヶ月で音が良くなりましたが
これもテクニックが多少でも上達したせいでしょうか?
その後、2度、新品のギターを購入しましたが、どちらの場合も数ヶ月で音が良くなったと
感じました。この経験から、引き込むとギター自体に変化が起きたように思いますが、
どうでしょうか?
(バイオリンとギターではちがうのかもしれませんが?)

[31558]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 そうだよねぇ [07/02/18 0:37:18]

セロ轢きのGoshさん、 Amatさんに賛同!

「そのうちに鳴りはじめるから・・云々」とか言って楽器購入を勧めるようなお店や職人さんは信用しません。「だったら、鳴るようにしてから売れよ!」と言いたい。経験上、鳴らない楽器が見違えるように鳴りはじめることはないです。

[31548]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 メロン [07/02/17 6:56:32]

> いちごさん、
新作楽器は、弾いてみて明らかに新作楽器とわかるものが多いですよ。何台も何台も弾いてみると、新作楽器に独特の特徴がわかるようになります。なんというか、その特徴をうまく表現できませんけど。新作楽器独特の特徴は作られてから30年から50年くらい経っても残っているように思います。
もちろん新作楽器で非常にすばらしいものはたくさんありますし、(あまり新作らしくない音色のものもたまにありますし)、新作楽器の否定をするつもりは全くありませんが、私自身はその新作楽器に独特の音色があまり好きではありません。これはあくまで個人的な好みの問題だと思います。

[31546]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 pochi [07/02/17 3:49:42]

ニスが乾いていない新作楽器は鳴りません。

[31542]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 いちご [07/02/17 0:37:54]

なるほど…そういう事だったんですね。何となく分かってきました。
皆さんありがとうございます。
私もメンタル面が大きく関係していると思います。
ただ、先日知人がオールドバイオリン仕上げの新品の楽器を
持って教室に行き先生に弾いてもらったところ、何も言ってないのに一発で
「これはオールドじゃないね、新品だよね。まあそのうち鳴り出すでしょう」
みたいな事を言われたらしいのです。私も現物を見たのですが、よくもここまで枯れた風合いを出したもんだと関心したほどでした。(あくまでもぱっと見の外見上)
先生は何でその楽器が本当のオールド楽器じゃないと見抜いたのでしょう?ほんの数秒しか楽器も見てなかったし穴の中を覗かれた感じもなかったので外見上新しそうな部分を発見でもされた感じもなかったらしいんです。

[31538]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 セイジ [07/02/16 21:58:17]

>ストラドが鳴ってくれるまで2年かかったとおっしゃっていましたが、これは本人の弾き方の変化だと理解しています。

ご明察です。要するに弾き方を会得するのに2年かかったというだけですよね。

新作でも鳴る楽器は鳴るものです。板が薄いとかというレベルの話ではなくて。

[31533]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 Amat [07/02/16 19:25:53]

なんか、過去に何度もこの掲示板で議論されているように思いますが。。。

五分から数十分の弾き込みによる楽器の変化は経験している人からすれば議論する以前の明らかな現象だと思います。

良く鳴るようになる場合もあれば、逆に楽器が声枯れしてしまう場合もあります。あまり変化しない楽器もあります。例え随分しっかりと弾き込んだとしても、元の人が弾いていると(あるいは弾いていないと)数日で元通りになります。

このような、音質の時間スケールの短い変化は、駒や魂柱、弦とサドルの接触面などの可動部の「当たり」の変化ではないかと思っていますが、よくわかりませんね。管楽器でも同じような現象はみられます。

新作楽器が 「これからどんどん弾き込んで鳴り始める」 は売るためのはったりです。材質自体の変化による音質の変化は100年単位の時間がかかります。

以前テレビで千住さんが、ストラドが鳴ってくれるまで2年かかったとおっしゃっていましたが、これは本人の弾き方の変化だと理解しています。

[31531]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 セロ轢きのGosh [07/02/16 13:52:26]

アマチュアチェロ弾き 様、

 袋叩き覚悟で書いてみたのですが賛同して頂けて先ずは良かったです。

 楽器かメンタルか、の検証については別の掲示板で実験方法を提案したことはあるのですが、実行するような暇人はなかなかいないでしょうね。
小生自身もわざわざやってみようとは思いませんし・・・・ ^_^;

[31530]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 アマチュアチェロ弾き [07/02/16 12:59:26]

ちょっと覗いてみました。

セロ轢きのGoshさん、すばらしいです。私の思っていることをすべてきれいにまとめていただきました。私の分も少し残しておいてほしかった(^^;

要は、楽器の物理的変化よりもメンタルな要素のほうが遥かに大きいということでしょうね。検証は難しいですが。

[31522]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 セロ轢きのGosh [07/02/15 22:04:32]

 子供の分数楽器を含めて6丁の新品を身近に見てきましたが、最初は鳴らなくて弾き込むと鳴る楽器になった、という感覚は全くありません。

 「原理」以前に、そもそも弾き込みでホントに音は変わるのでしょうか?
 楽器自体の変化として、「セルロースの結晶化」はよく聞きますがこれは百年単位の現象ですよね。 ニスは確かに数ヶ月〜数年で変わりますが、音への影響はよく判りません。 その他のミクロな変化については話としては面白いのですが反論も検証も難しそうですね。
 小生は、殆どは弾く側の問題(分〜時間単位ではウォーミングアップ・楽器への慣れ・音への慣れ、月〜年単位では技量の変化、など)だと思っています。
 「上手い人に弾いてもらうと鳴るようになった」という経験談もよく聞きますが、実態は「自分の楽器のポテンシャルに気付かされた」、「『いい音』の具体的なイメージが持てた」といったところではないでしょうか。 上手い人にちょっと弾いて貰って「結構鳴るじゃん」なんて言われた日には楽器が生まれ変わったように鳴りますよね。(大抵、翌日には元に戻っている T_T)

「新品の楽器は弾きこんでいくことによって鳴り始める」というのは、好意的に解釈すれば「ブドウ畑の兄弟」に向けた親父の遺言みたいなもんでしょう。


 ちなみに上記は庶民の持つ安い楽器での話です。 本気で高級な楽器は触ったことがないので判りません。
 想像ですが、高い楽器と意識を持った方はこまめにメンテして、その度に職人さんにフィードバックしてセッティングを煮詰めていくのでしょうから、新品に手探りでセッティングしたときよりは数ヶ月・数年後の方がいい状態になっていても驚くには当たらないと思います。 こういうのも「弾き込み」に含めるのでしょうか?

[31520]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 通りすがり [07/02/15 20:08:52]

眉唾ものとして聞いてください。

確かライアルワトソンの著書のどれかだったと記憶していますが、
@木材が経年変化する際に、微細な結晶が形成される。
A結晶が形成される際に一定の振動を与えると結晶の方向性や大きさがそろう。
B故に弾き続けることで良く鳴る様になる。

という趣旨のことが書かれていました。

尤も、
@経年変化による結晶構造とは何か
A振動が結晶構造に本当に影響を与えるのか
B振動の強度は?
C結晶が形成される際に加わる振動は24時間365日連続したものでなくても良いのか。
D上記が全て真実であったとして、「理想的な」結晶構造が音に影響するのか
Eそれは「良い」音なのか

といった突っ込みどころが満載の説ですが、興味深い説でもあります。

[31518]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 mink [07/02/15 0:29:18]

生まれたばかり、だからではないでしょうか?
振動することも初めて。弦の張力を掛けられることも初めて。
木もまだ乾く余地がある。
楽器にとっては、楽器らしい扱い(弾かれる)を受けるのが初めてですもの。
よく弾きこまれた先輩楽器とは、当然差があるのではないでしょうか?

[31514]

Re: どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 檸檬 [07/02/14 21:59:38]

弾きこむことによって繊維が整列する→音の通りが良くなる、といった意味のことをどっかで読んだ気がしました。

経年だけではなく弾きこまなければ駄目とか、
練習始めて数分〜数時間経つと音が良くなった気がするとか、
上記の理由なら納得できるかも、と認識していますが実際どうなんでしょう。

[31511]

どうして楽器が新しいと鳴らないのでしょうか

[楽器・付属品]
 いちご [07/02/14 13:35:44]

新品の楽器は音が鳴らない、これからどんどん弾きこんでいくことによって
鳴り始めるとのことをよく聞きますが、どういった原理に基づいているのでしょうか?
またどれぐらいの期間、頻度で引き込むと新品状態が改善されていくのでしょうか?

Copyright © 1995-1998, 2001-2019 violin@web all rights reserved.