ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

鈴木メソードに限界を感じています。 - ヴァイオリン掲示板

[スレッド一覧に戻る] 並び順 [ 日付の新しい順 | 日付の古い順 ]

このスレッド内のレス一覧

[10849]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 yam [04/03/07 1:44:22]

>江藤氏や小林氏らのような『立派に育った』人間の数と落伍者を比べ
>れば、どう考えても挫折組が多い。

江藤氏や小林氏を基準にして、彼らのようになれなかった人間を「落伍者」と定義するなら、そりゃあ「落伍者」のほうが圧倒的に多くなるのは当たり前です。

>『優等生』はスズキメソッドの膨大な会員数から考えるとほんの少数
>派であることこそが紛れもない事実です。

スズキメソードにおける「優等生」と「落伍者」の割合がスズキ以外の一般ヴァイオリン教師とくらべてどうなのかをきちんと定量的に調査して、比較検討しないかぎり、上の文章からスズキメソードが劣っているという結論を出すことはできません。スズキメソードを批判するにしても、感情的な非難よりも、論理的で冷静な批判をしてほしいものです。

[10848]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 yam [04/03/07 1:21:43]

c0a774bb氏はスズキで習った人で豊田耕児氏や江藤俊哉氏のように大成した人は「もともと才能があった」のだとおっしゃる。そして「みかんの種はどんなに肥料をやったところでみかんですし、カボチャはカボチャです。」と言っているところを見ると、ヴァイオリンにおいて重要なのは才能の有無であって、メソッドではないと主張しているわけです。

さてその主張を認めるとすると、皮肉にも、c0a774bb氏が「未だに読譜に苦しめられています。」とか「そして私の今も残る欠点はスズキの後遺症です。 」などと言っているのは実はc0a774bb氏自身の才能の問題であって、スズキメソードの責任ではないということになるわけです。だってスズキ出身者でも読譜が苦手でない人や、スズキの欠点(そんなものがあるとして)を克服した人はいくらでもいるんですから。

[10819]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 組織の実態 [04/03/05 18:47:35]

母国語の教育法で『どの子も育つ』はずのスズキメソッドですが、
その実態は中途退会者や挫折組が非常に多く、『落伍する子を出さな
い運動』とする鈴木氏の理想論と大きく違うようです。
江藤氏や小林氏らのような『立派に育った』人間の数と落伍者を比べ
れば、どう考えても挫折組が多い。
『優等生』はスズキメソッドの膨大な会員数から考えるとほんの少数
派であることこそが紛れもない事実です。

組織の広告と、会員のモチベーション維持において重要な優等生「ス
ズキチルドレン」の獲得には、本部もかなり力を入れていたようです。
私の友人は松本までご招待され、料亭でずいぶんと熱心にご馳走になっ
たそうですが、利用される臭いを感じて脱会したそうです。在籍は2年
だったので傷は浅くすみましたが、やはり全てやり直し。その後コン
クールで入賞したりもしましたが、スズキ出身と言われるのは迷惑、
と苦笑します。
また同じレコードを何度も聞かせ、家で三味線式のお稽古するのに疲
れ果てたお母様が、先生の教えを破り、内緒で読譜を教えてしまった
ところ上手く行ったのだが、文盲の振りをするのが辛かったという元
スズキチルドレンもいます。

全国会員2万を誇る組織としては、最近の優等生のヒット率は著しく低
いようです。

[10818]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 『スズキの優等生』の名を連呼する人々 [04/03/05 18:46:52]

ところで鈴木氏の著書を読むと俊哉くんや耕児くんを始めとする『ス
ズキの優等生達』は、鈴木氏の論理の正しさを証明する道具として、
しつこく何度も登場します。
彼らは本当に最初無かった音楽の才能を、鈴木氏の指導で出現させた
のでしょうか?

鈴木氏が教え始めた頃はヴァイオリンの教師が少なく、自分の子供に
ヴァイオリンを教えて欲しいと思う親は教師の選択肢は限られたでしょ
うし、その時代に親にそこまでの行動を起させた子供は、注目すべき
資質を持っていたと思われます。
確かに鈴木氏の初期の生徒にはよく出来た弟子もおり、鈴木氏はそこ
で満足するべきでした。

しかし、彼は自分の思い付いたやり方を絶対化し万人に当てはめよう、
という恐ろしい野望に目覚めてしまいます。「才能教室」の看板を掲
げ、ヴァイオリンを弾く子供を大量生産しようとします。
この辺りが田舎の善良な名教師が独善的な偽善者へ変貌した別れ道だっ
たのかも知れません。
「誰でも非凡になれる」と親を煽り、「非凡になれなかったら、それ
は育て方(親)が悪い」。その証拠と言わんばかりに優等生の名前を
連呼します。母子達のの苦しい堂々巡りが始まりました。

多くの子供達にヴァイオリンを弾かせたい、という鈴木氏の念願は音
楽というオブラートに包まれて、当時に崇高に見えたでしょうが、
振り返って考えれば傲慢な手法だったと言えましょう。

もともと才能があった一部の非凡な人を挙げて『この優等生を見なさ
い。だからスズキメソッドは正しい』と結論付けるのは明らかな間違
いなのです。
ちなみに、鈴木氏の初期の『優等生』らは海外で勉強しなおした後、
鈴木氏の教えに疑問を持ち鈴木氏と距離を置くに至った者が殆どでし
た。  著著には良い事しか書いていませんが。

[10817]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 モーツァルトすら凡人だと言った鈴木氏 [04/03/05 18:46:01]

鈴木氏によれば生まれつきの才能の持ち主はおらず、皆、訓練によっ
て非凡になるのだそうです。「才能は生まれつきではない、作るもの」
なので誰でも正しく育てれば豊田耕児君や江藤俊哉君のようになれる
のだそうです。 親にとってはなかなか夢のある話です。

しかし、それは事実でしょうか。
音楽の才能がないものに幾ら繰り返し訓練を強要しても訓練の成果程
度は認められるでしょうが、「才能」と呼べる程のものや「天才」が
出現することはないでしょう。
努力することの素晴らしさは否定しませんが、みかんの種はどんなに
肥料をやったところでみかんですし、カボチャはカボチャです。
ミカンはより良いミカンに、カボチャはより良いカボチャになれば良
いのに全員がヴァイオリンという難しい楽器で同じCDに合せて弾く
ことを強いられている姿は実に異様な光景です。

鈴木先生はクライスラーやグリューミオーに心酔し、彼らになりたかっ
たのでしょうが、だからCDに合わせて弾く、というのは演奏の意味
を全くわかっていない素人の発想です。
ソリストが伴奏に合わせる、という頓珍漢は、カラオケと同じです。
このような音楽的に恐ろしいことを、卒業テープの録音でも行ってき
ました。ピアノ伴奏のカラオケに併せてヴァイオリンパートを弾いた
ものを録音するという愚行を数十年も続けていました。
呼吸もリズム感も曲作りもあったものではありません。
だから、スズキの子はアンサンブルの意味が判らないのです。

[10816]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 本日18:55よりTBSで [04/03/05 18:33:50]

報道特別番組 「告白・・・−オウム10年目の真実」
という番組があります。
私はエリート志向の強いなど、オウムにはスズキメソード似通った精
神構造があると書きましたが、予告編で、慶応医学部出のエリート、
林郁夫受刑者に対して刑事が「先生、林郁夫の自分の頭で考えられな
いかなぁ」と呟くシーンを見て驚嘆しました。
私がスズキで悩んでおられる方に言って差し上げたいことも
下の方で書いたように奇しくも「自分の頭で考えられるように」とい
うことだったので。

今までスズキ出身の生徒さんを受け入れる度に、スズキを知る私です
ら矯正に非常な苦労をしてきました。
信じていた過去を否定されるのは誰にとっても辛い事なのです。
その中で私が得た答えは「とにかく、良かった事も悪かった事も、ス
ズキでの事は全て忘れる覚悟が出来てから来て下さい」という事でし
た。もっと良い答えを導くヒントが得られたら…との思いで見ます。

[10812]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 sanagi [04/03/05 10:29:41]

そうですね。共鳴して入ってくる人はそれでいいと思っているのですから。
宗教のようだと言っても、人に危害を加えているわけではないし
仮に害だと思う人がいても、無理に勧誘するわけでも
やめようとする人を止めるわけでもないので。
私は、18年くらい続けていますが、あと10年は通う予定です・・・

変わった宗教でも傍から見て変だと思っても、当人が救われているなら
それで良いのでは・・・・他者に害を及ぼさなければ。
自分の考えと違うからといって、徹底的に批判しないといけない、
という考え方は戦争の根源にもあるような気がします。

[10801]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Mr z [04/03/05 1:23:42]

鈴木メソードの宗教的な雰囲気というのは別にどうということもないのでは?そもそも学校法人とか宗教法人というのはある理念に共鳴した人達の集まりですからそういう雰囲気が漂うのはある意味あたりまえなのではないでしょうか?それをとりたてて騒ぎ立てる人の方がどうかと思いますが。もちろんそれが違法性を帯びていたりすれば問題です。

竹澤さんのエッセイからすると彼女はどっぷりと信者だったことになりますが、その後に特にそれがマイナスになったわけでもない。それをもって第三者がどうのこうの言うのもいかがなものかと思います。

[10788]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 組織の精神構造 [04/03/04 15:08:24]

 >素人の方にもスズキメソードが音楽教育ばかりか情操教育としてすら怪しいこと、組織の精神構造を感じ取れるはずです。
 と「超人志向の教祖達さん」が書かれていましたね。

 鈴木の中にいた経験があったからこそ「微妙に」感じ取れるものだと思います。6年間鈴木にいましたが、グランド・コンサートで最後に3000人で御題目を唱えるのはもちろん、教室の真中の壁に、大きな額の中に飾られた鈴木氏の写真にはどうしても最後まで私達親子はなじめませんでした。
 合奏会でも比較的古株の先生方は、ご自身のカリスマっぽいにおいを漂わせながら、創始者である鈴木先生のお話をよくされていました。本当に鈴木氏を尊敬されているんだなあと感じました。
 若い先生方も小さい頃から鈴木で始められた方が多く、娘が御世話になっていた先生も、グランドコンサートには生徒の立場として、先生の立場として、母親の立場として、30年以上参加なさっていることを伺ったときは驚いたものでした。
 
 鈴木の中にある独特の雰囲気・・・・・、鈴木をよりどころにしている精神構造・・・・・・、普通の人であれば長い間いれば、宗教とまでは言わなくても、気づくはずです。

[10757]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Mr. Z [04/03/03 21:52:39]

続きですが、下記も参考資料になります。

http://www.ongakunotomo.co.jp/ex/takezawa/index2-1.html
http://www.ongakunotomo.co.jp/ex/takezawa/index2-2.html

yamさん、海外公演のため学校を40日も休んでいたというのは事実のようです。ただ、竹澤さんはそれをポジティブな体験として書いています。

「さて、その演奏旅行、いざ始まってみると毎日が楽しくてしょうがない。」
「いま思えば、この体験は学校で勉強しているよりよっぽど刺激的で、学ぶことも多かった。」
「まさにこのとき大舞台で演奏する醍醐味を、たくさんのお客様の前で弾く快感を、そして自分の演奏を通して人びととコミュニケーションできる喜びを、私は強烈に心に刻み込んだ。その後4年連続で参加することになったのだが、私はこのツアーの虜になり、当時の目標はまさにこのツアーに選ばれることだった」

ここのプロの方が書いている「鈴木慎一の無謀な野望に利用された」というのと大分違いますね。

[10748]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Mr Z [04/03/03 19:44:12]

音楽の友のHPで竹澤恭子さんがスズキメソッドについて書いています。
なかなか面白いです。

http://www.ongakunotomo.co.jp/ex/takezawa/index1-1.html
http://www.ongakunotomo.co.jp/ex/takezawa/index1-2.html

[10696]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [04/03/03 7:46:29]

サマナとメソッドは、印度欧羅巴語族で語源は同じだと思います。

サンスクリットで、サマナ。メソッドは、ラテン語系だったと思います。

最近勉強不足で忘れてしまいました。

[10694]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Mr. Z [04/03/03 7:35:42]

かみねさん

>>小林武・健次兄弟、浦川宜也氏、豊田耕二氏などの奏法もみんな荒唐無稽なんでしょうか。
>彼らがスズキの奏法をそのまま引きずっていると思うのはかなり素人の考えですね

奏法を引きずっているというよりも、彼らが鈴木氏に育てられて海外の
学校に留学できたこと自体が「当時としては」驚異的なことだったの
ではないでしょうか?全く頓珍漢な音楽教育を受けている人間が
エネスコやグリュミオーに入門を許可されたのですか?
また、幼少から二十歳前後まで滅茶苦茶な教育を受けた人間が
2−3年の留学でベルリン放響のコンマスになれるとも思えません。

[10688]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [04/03/03 6:16:38]

ホームページを見ると、主催者やその取り巻き達の感性が解ります。
公文:http://www.kumon.ne.jp/
鈴木:http://www.suzukimethod.or.jp/
これらは共通している様に思います。

オウム:http://info.aleph.to/
此は、寧ろ新左翼に近い。

f Strings社:http://www.fstrings.com/
は、綺麗です。曼荼羅にも見えます。

c0a774bb氏の論文に期待します。

[10679]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 かみね [04/03/03 1:43:17]

>小林武・健次兄弟、浦川宜也氏、豊田耕二氏などの奏法もみんな荒唐無稽なんでしょうか。
彼らがスズキの奏法をそのまま引きずっていると思うのはかなり素人の考えですね。どんな先生につこうともどんな奏法を習おうとも結局は自分の体格や出したい音によって奏法は変化するもの。ましてやあのぐらいの方々がとてもスズキでならったことをそのまま引きずっているとは思いません。ちなみに私はスズキで育ったのですが、スズキの奏法ってイマイチわかりません。というか何も教わっていません。そういえば、「腕を下げる」ということjは言われましたね(爆)
そうそう「スズキの人って手首が下がっているよね」とも言われましたっけ。もしかしたら腕を下げて手首を下げるのがスズキの奏法なのかもしれませんね。なんて恐ろしいこと。。。。

[10675]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 yam [04/03/02 21:24:42]

Pochiさん

>鈴木批判をするのなら、失敗をどの様に生かすのか研究する方が建設的>だと思います。

私もそう思います。
人間は失敗から学ばないと進歩しません。

[10673]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 yam [04/03/02 21:08:31]

>全国のスズキを信じた親子も、鈴木鎮一の野望を具現化させるため
>に荒唐無稽な奏法で無駄に頑張らされて来たのではないでしょうか。

「荒唐無稽な奏法で無駄に頑張らされてきた」それは大変ですねえ。[10646]のMr.Zさんの発言にある江藤俊哉氏、小林武・健次兄弟、浦川宜也氏、豊田耕二氏などの奏法もみんな荒唐無稽なんでしょうか。スズキのどのような「奏法」がどのように荒唐無稽であるのか、ぜひ具体的に教えてくださいよ。そうすれば、ここにいるみんなも勉強になるし。
私はスズキとはなんの利害関係もないし、スズキのことはよく知らない部外者なんですが、どうもc0a774bbさんの発言はただただ感情的なばかりで具体的内容に乏しいのであまり説得力ないんですよ。

[10671]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 yam [04/03/02 20:25:30]

c0a774bb様

>そんな彼がヴァイオリンの教育者としての野望を膨らませ、頓珍漢
>な指導法を発信し暴走します。

もう少し具体的に、スズキメソードにおけるどのような指導法がどのような観点から見てどのように「頓珍漢」であるのか、それがどのような具体的弊害をもたらすのか、ご説明いただければあなたの発言にも少しは説得力が生じると思います。

>一つ嘘をつくと、段々大きな嘘をつくことになるように、もはや看
>板は下ろせません。

鈴木慎一氏が嘘つきであるとは大変なことですね。参考のために詳細を知りたいので、彼が具体的にどのような虚偽をどこで述べたのか、ソースを教えてください。

>スズキチルドレンは鈴木氏の宣伝と理論の具現
>者の役目を負い、学校も行かずに全国を行脚しました。

これが本当なら確かに大問題だと思います。スズキチルドレンは本当に学校に行かなかったのですか?また全く学校に行かずに全国を行脚していたとスズキチルドレンは何人くらいいたのか、具体的根拠とともに教えてください。これが本当なら、たしかに「被害者の会」を結成して裁判に訴えてもいいくらいの人権侵害だと思います。c0a774bbさんも学校にも行かずに全国を行脚していたのですか?

[10661]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [04/03/02 8:40:31]

帰納的練習法と演繹的練習法があると思います。

鈴木は、帰納的でしたが、機能的ではなく、演繹性に欠けていた。とも考えられます。だから、自己矛盾に耐えられなくなって、公文(苦悶と同義語)と同じく、鸚鵡(オウムと同義語)の様に同じ事を繰り返す事に成って仕舞ったのでしょう。

私は、鈴木擁護派ですから、導入部分で音から入り、他人の真似をするのは良い事だと思います。しかし、私が聴いていたレコードだけは赦せません。

今でも、ピアノ学習の他に、手書きの写譜は、有効な練習法の一つだと思います。

御参考になれば、、、

[10654]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 超人志向の教祖達 [04/03/02 2:41:17]

ところでTVを見ていたら、元オウム信者の岡崎氏が
『私達は何を成就させるために修行してきたのでしょう・・・。
 結局、麻原の野望を成就させるために利用されていた・・・。』
ということを言っていました。
彼も元々は人一倍真面目で良い人間だったと思います。
しかしデタラメな教義を信じてしまったのです。
全国のスズキを信じた親子も、鈴木鎮一の野望を具現化させるため
に荒唐無稽な奏法で無駄に頑張らされて来たのではないでしょうか。

ヒドイことを言っているようですが、私は全国大会も夏季学校も参
加してたホンマモンの『信者』だったのでバッシングではありませ
ん。生の体験です。
私も今は職業音楽家となったので専門家同士でスズキの欠点を検討
する環境と情報に恵まれていますが、周りに専門家のいない方々に
は私の体験談が役に立つこともあろうと思って書いています。

最近はオウム報道が多いので、例えば尊師を鈴木氏に、サマナをス
ズキ生に、教義→メソッドに…ぜひ置き換えて聞いて見てください。
素人の方もスズキメソードが音楽教育ばかりか情操教育としてすら
怪しいこと、組織の精神構造を感じ取れるはずです。

ちなみに私の親はまだ「マインドコントロール」が解けていません。
我が子をとんでもない所に入れたと認めるのは苦痛なようです。
音楽的に何か良かった事があったと信じていたいようです。
良かれと思ってした事なのは判りますが、私としては『性質の悪い
のに引っかかってしまったね』としか言いようがありません。

[10653]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 裸の王様 [04/03/02 2:40:23]

鈴木氏は自身の晩学コンプレックスの裏返しからか『早期教育』に
固執するようになり、自らのソルフェージュ・技術の無さが読譜の
軽視や奇妙な数字唱にを産みました。
自らの腕前が怪しかった鈴木氏は、時折大家のレコードを子供に聞
かせました。「今日はハイフェッツ先生に習いましょう…しっかり
聞いて同じくらい立派に弾きなさい。」これが行き詰まった彼のレッ
スンでした。
しかしこれを今だに踏襲してる先生がいるとは驚くべき事です。
バッハのブーレを教えてくれるのはカザルス先生ですか。
大変結構ですね。笑えない話ですが、笑ってしまいました。

『どの子も育つ、親次第…』このスローガンは余りに有名ですが、
これは『創始者の無能』を母親の無能に摩り替える常套句です。
特に音楽に自信のない世間知らずの若い母親には実によく効きます。
新興宗教も人をコントロールする時にこの手を使いますが鈴木氏は
自分のメソッドの荒唐無稽さを揶揄されぬ為に指導者にも『どの子
も育つ、先生次第』、最終的に『どの子も育つ、私次第』と連呼さ
せる念の入れようです。

[10652]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 鈴木が専門家に宗教と言われてしまう理由 [04/03/02 2:39:19]

鈴木先生は、そもそも「母国語教育」を「思い付いた」時点で将来
的展望も学術的裏付けも、音楽的論理もなかったようです。
「子供が皆日本語を話している!」それを即ヴァイオリンに結びつ
けてしまったのは余りにも安直でした。
「母国語教育法本当にが正しいのなら、日本の子供は皆日本語を読み
書き出来るのに、なぜスズキの子は音の読み書きが出来ないのでしょ
う?」とスズキの先生に突っ込んでみてください。

「音楽はどこまでも耳の世界です。センスも耳から、テクニックも
耳からです。」という鈴木先生のお言葉は含蓄のあるように響きま
すが、音楽はそんな単純なものではありません。
しかし18歳からヴァイオリンを始め、改定前の教本付属CDでお馴染
みの通り、素人程度にしか弾けなかった鈴木鎮一氏は、そのように
のたまって超然としたポーズをとるしかなかったのでしょう。
そんな彼がヴァイオリンの教育者としての野望を膨らませ、頓珍漢
な指導法を発信し暴走します。
しかし幸か不幸か周りに止める人はいませんでした。
一つ嘘をつくと、段々大きな嘘をつくことになるように、もはや看
板は下ろせません。スズキチルドレンは鈴木氏の宣伝と理論の具現
者の役目を負い、学校も行かずに全国を行脚しました。

[10647]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 yam [04/03/02 0:14:01]

まあヴァイオリンに限ったことではないのですが、弦楽器、管楽器の何をやるにしても、ピアノは一応習っておくのが良いと思いますね。アマチュアであっても音楽的教養の幅は広いほうが良い。

[10646]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Mr. Z [04/03/02 0:11:33]

鈴木メソードの最大の悲劇は後継者が出なかったことでしょうね。適切なアドバイスを与える後進もいなかったので、組織の膨張とともに負の側面ばかりが膨張してしまった、とも言えるでしょう。

鈴木慎一氏は芸大の前身の先生で、当時としては日本でも有数の教師であったと推察されます。江藤俊哉氏、小林武・健次兄弟、浦川宜也氏、豊田耕二氏など、日本のヴァイオリン界の重鎮が育ったことも事実です(最終的な経歴では海外で学んでいますが、そこに至るまで育てたことはすごいと思います)

楽器の教育に音声を採り入れ、子供が楽しく学べるように合奏会や合宿、全国大会などを考案した。ここまでは画期的でよかったのですが、その後極端に走りすぎたのは残念です。また、組織の中核をなす先生方のレベルが時代とともに相対的に低くなってしまい、その層が保守的になってしまったのがこの状況を招いたと思われます。

私も才能教育出身ですが、メソードや理念に特に不満は無かったです。ただ、後から振り返るともうちょっと技術指導に力を入れてほしかったと思います。ただ、自分自身もほとんど努力していなかったのであまり大きなことは言えませんが。

[10645]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 yam [04/03/02 0:03:26]

本当に楽譜に強くなりたい、あるいは読譜力をつけたいと思うのであれば、やはりピアノを勉強すべきと思います。
まず第一に音符の数自体がピアノ譜とヴァイオリン譜では全然違うということがあります。ピアノの複雑な譜面を読めるようになれば、ヴァイオリンの譜面を読むのは遥かに楽です。ピアノの演奏能力のかなりの部分は読譜力だと言っても過言ではありません。
また、本当に楽譜に強くなるには和声進行など和声学の知識が不可欠なんですが、これを勉強するにはピアノがもっとも適しています。

[10644]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [04/03/01 23:55:12]

井口夫妻の事を口を極めて批判しているのが「カレーの女王」です。今度は彼女が批判される側に立ちます。此れを何世代も繰り返して錬磨され、文化に受容されて行くのです。

江藤俊也氏の若かりし頃の演奏は素晴らしかった。私は未だ勝てない。多分、永遠に勝てない。今なら爺さんに勝てて当たり前。

海野義雄氏も上手だった。「才気」のある演奏家だった。今はシラナイ。

鈴木批判をするのなら、失敗をどの様に生かすのか研究する方が建設的だと思います。

失礼致しました。

[10642]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 yam [04/03/01 23:47:27]

ピアノの世界でも、かつて一世を風靡した井口基成(桐朋)氏のメソッドが今では時代遅れの奏法として批判されることが多いのと同じようなものでしょうか。

[10639]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [04/03/01 23:43:32]

面倒なので、私なりの結論を書きます。

「西洋音楽の伝統に、録音という科学技術で挑戦し、やり方が今一つで失敗した」と評価出来るでしょう。録音という科学技術の使い方が間違っていたのです。再生だけではなく、録音も行わないと意味が無いのです。1種類の録音を聴いても意味が有りません。少なくとも10種類は聴く必要が有るでしょう。

師曰く、本来、西洋音楽は、指が転びそうに成り乍弾くものなんだそうです。「録音機材が発達して、何度も聴き直す事が出来る様になって、西洋音楽は堕落した」と云い切って居ました。私は此れを裏読みしました。

皆様の御見解を賜りたい。

失礼致しました。

[10637]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 天音のパパ [04/03/01 23:34:30]

しかも、、、、、、
今年は、洋服に色指定があるんです。
奏者で、虹色にするとかで、、、、怖すぎる、、、、
だいたい、黄色の服なんざ持ってねーつうの。
うちは、車でちょいって行けるから、いいけど、あんなののために、全国からはるばる来てる人もいるんだと思うと、さらに怖い、、、、、



[10634]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 sanagi [04/03/01 23:22:34]

お題目
子供でさえ、やっていて恥ずかしくてたまらないと言います。
近くてもあまり行っていませんが。
パフォーマンスとしてももう少し 別のやり方があって
いいのではないかと思います。今の時代にあったものを考えて欲しい。
3000人の合奏・・・・意味があるのかな。
隣の子とぶつかって弦が緩んだまま弾いたり。

確かに全国大会とか松本=本山とか、宗教っぽいかもしれません。

[10632]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 天音のパパ [04/03/01 23:09:39]

しかし、お題目全員で唱える時は、いくら客観視してても怖いよ。
今月末です、グランドコンサート、、、、、、ああぁ

[10628]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 yam [04/03/01 22:27:47]

鈴木メソッドバッシングが盛んなようですね。

私の知人にも鈴木メソッド出身者は沢山いますが、鈴木メソッド出身者の技量が個人の先生に習った人より一般に劣っている傾向があるとも思いません。むしろ上手い人が多いように思います。
また彼らの読譜力が特に劣っていると感じたことはありません。ただ一般に、鈴木メソッドに限らずヴァイオリンだけやっていてピアノを習っていなかった人は、ピアノを習っていた人に較べて読譜力が劣る傾向があります。読譜力をつけたければ、やはりピアノを習うのがよいと思います。

[10627]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Mr Z [04/03/01 22:25:09]

>hozhoz [04/03/01 10:53:08]

>どうして、日本だとスズキが良くも悪くも語られるのでしょうか?
>こちらでは、単に1つのメソッドとして認識されていると言う感じです。。

前にも書きましたが、他の組織や個人の先生がほとんど情報発信していないので唯一の選択肢になってしまうからだと思います。

それにしても、楽器のことなど何も知らず、コネもない親にとっては先生選びはほとんど博打ですね。先日見に行った発表会(鈴木ではないですが)でも関係者は楽しそうにやっていましたが、生徒の一人として綺麗な音を出している人はいなかったし、様式がメチャクチャで音楽として成立していませんでした。まるで歌っていないし。普段どんな指導がなされているのか、生徒の責任なのか分かりませんが、あれでは可哀想だなぁと思ってしまったのでした。。。

同じところで鈴木の合奏会をやっていたことがありましたが、生徒の方はまだマシでした。ただ、そこで浚っていた男の先生の腕が???でしたが。こちらもうーん、と考えさせられる体験でした。

[10625]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Mr Z [04/03/01 22:09:17]

>専門家としては [04/03/01 9:58:04]

感情的、意味不明の部分が多いですね。これもスズキのせいですか?

>世の中に正しくないことを浮流させて(しかも謝礼を取って)、仕方がなかった、では済みません。謝罪、公な情報の訂正は欠かせません。

「被害者の会」でも作って訴訟でも起こされてはいかがでしょうか?裁判所に相手にされないでしょうけど(笑 オウムだ北朝鮮だ、公的謝罪だ、詐欺だと、何の根拠も無いことを叫ばない方がいいでしょう。社会認識が欠如していることを暴露するだけです。これもスズキのせいですか?

>実際指番号使用は少し複雑になればむしろ簡単ではありません。

これって本当にメンコン等を弾くところまでそれでやっているのですか?私の昔の楽譜を見返すと、指番号は途中からあまり書いていないようです。ときどき先生がボーイングやフィンガリングを直しています。フレージングをあらわす//なども書いてあって、楽譜を普通に使用していたことが分かります。(私は後に音大の先生につきましたが特にこの点で変わったことはありません)

私の先生が例外的な存在だったのかもしれませんが。(音大を出た後松本で研修を受けたようです)

[10624]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 hozhoz [04/03/01 10:53:08]

どうして、日本だとスズキが良くも悪くも語られるのでしょうか?
こちらでは、単に1つのメソッドとして認識されていると言う感じです。。皆さん、そんな感情的にとらえていないように思います。長所も短所もあり、良いところを、自分でピックして利用すれば良いわけですよね。
ただ、日本だとそんなに合理的にわりきれないから、宗教?みたいな話になってしまうのかもしれませんね。
我が家も導入はスズキですが、素人の親にとっては確かに居心地良かったです。知らない土地での子育ての中で、目的が同じ親が身近にいて、お友達もできるし・・・疑問も感じつつ、出にくかったのも事実です。
私自身はあれはあれで良かったと、思っています。
(親の責任逃れですか?)
でも、現在、プロとして活躍なさっている方々のお話を読んでちょっと、悲しくなりました。皆さんの親御さんも良かれと思ってスズキでお稽古させてきたのだと、思います。子供のためにならないことを、させようなんて思う親はいませんもの・・・・
そのときの状況とか環境で許される最大限の努力してらしたと、思います。
もし、うちの子が成人して同じようなことを考えるのであれば、ちょっとショックですね。
確かに、最初からやり直しの苦労は並大抵のことでは、ありません。でも、我が子にとっては、スズキの期間(7年)がモチベーションで、その後からがスタートと考えるのは、親の勝手でしょうか??



[10623]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [04/03/01 10:39:48]

[10618]専門家としては氏[04/03/01 9:58:04]投稿、

「魂からの叫び」と感じました。

私の投稿を既に全て御読みと思いますが、
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[10377] Re: よい先生の見つけ方、私[04/02/25 11:12:03]投稿、
御母様方の御子様への愛情を犇々と感じます。
亦、巷で噂されて居る様々な事柄に就いて、疑問・不安を持っていらっしゃる事も良く解ります。
http://fstrings.com/board/board.asp?id=2557
http://fstrings.com/board/board.asp?id=3447
http://fstrings.com/board/board.asp?id=7189
お母様方は、此れら3つを良く御読み下さい。
さすれば、様々な疑問・不安が氷解する也も知れません。

鈴木メソッドに関して、経験則で申し上げます。
全く無駄に成るとは云い切れません。
1)私は今でもバッハのドッペルなら、1st.と2nd.を楽譜を見ず  
  に全部弾けます。1st.が落ちれば、2nd.を弾いていても1st.
  を弾いて復活して貰う事も出来ます。逆も可能です。
2)トナリゼーションは、後年迄役に立ちました。音程の取り方
  の勉強になりました。

お子様が楽しくヴァイオリンのお稽古に通い得る環境を作る事、
御自宅で練習に勤しむ事が出来得る環境を作る事、この2点が、何依りも大切な事では無いでしょうか?
メソッド然り、先生然り。楽器然り。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この投稿に対する御感想を御披露下さい。

既にどこかに書き込み済みですが、私は譜読みが下手です。初見が出来ません。譜面を音に変換して頭に叩き込みます。指に音がくっ付いて居ます。この変換作業が難しいのです。文字言語で云えば、「黙読してからで無いと音読出来ない」欠陥を持っています。多分、鈴木の副作用だと思います。

音量・音色の幅・音の通り・音程・楽曲分析等は、そこそこのプロに劣る事は、まず無い位の腕はありました。有名所のコンチェルトのソロ及、有名所の曲のコンサートマスターは、略全て経験済みです。コンマス弾き・ソロ弾き・オケ弾き・室内楽弾き・先生弾き・生徒弾き、等々弾き分ける事も可能です。アンサンブル能力には、些かの自信があります。これら全ては鈴木では無い所で学んだものです。

同じ鈴木メソッドを勉強した者として、御意見を賜りたい。

宜しくお願い致します。

失礼致しました。

[10618]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 専門家としては [04/03/01 9:58:04]

>音符ではなくてA線の1、2,3という指番号使用する、というのも
>イロハの音譜しか知らない人たちでも 簡単に家で
>お稽古できるように、ということで 仕方なかったのでは。

世の中に正しくないことを浮流させて(しかも謝礼を取って)、仕方がなかった、では済みません。謝罪、公な情報の訂正は欠かせません。
実際指番号使用は少し複雑になればむしろ簡単ではありません。
これで何でも弾かせよう西洋音楽の基礎を全く無視した愚かな素人考えです。これに賛同できる人は最終的にプロを目指す事もなく、素人で終わった幸せな人でしょう。
詐欺にあっても気が付かなければ幸せです。しかし、詐欺は犯罪、間違いは間違いです。
ヴァイオリン10年習ったけど、指番号で習ったからドレミに変換できない、
スズキCDの曲が何とか弾けるだけで、ピアノや他の楽器に広げることもできません。それこそ音楽的に全く何も残りません。

私がもし、スズキのせいで挫折していたら、このような事は言わないでしょう。スズキ出身の私がプロオケで弾くようになるまでの努力は、
正にスズキが間違っている、という事実を立証する道程でした。
マインドコントロールが解けていない学生の頃は「スズキにも良い所がある」と思っていました。しかし最終的に弾けるようになった時、正しいことは何も習っていなかった、ということが判りました。
私の話が愚かな指導者達によってひどい苦労に苛まれている方々、疑問が芽生えた方々が自分の頭で考える切っ掛けになれば、と思います。

[10614]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 いくら耳重視といっても・・・・ [04/03/01 9:06:19]

 鈴木の教本1巻に「音楽の上達は耳から」と題してこのようなことが書いてあります。「音楽はどこまでも耳の世界です。センスも耳から、テクニックも耳からです。教育法も耳から中心に、耳から感覚、行動のすべてが生まれてくるのです。良い音楽を聴いて育った人は高い音楽的センスが育ちます。曲を御稽古するにしても、充分頭の中にあるものを、つまり知っているものを練習する人は、最も上達が早いのです。良い演奏を聞いた耳が、良い音楽的表現を作っていくのです。」と・・・・・。
 
 確かに鈴木では大家の演奏のCDや教本のCDを聴かせることを推奨して
います。耳はかなり鍛えられることもあるかもしれません。

 ただ、こどもがまだ幼稚園で3巻のバッハのブーレを卒業録音しようとした時に、チェロでのカザルスの演奏の同じ曲のCDを渡され、「これに合わせてみてください。」といわれました。カザルスの演奏はかなり個性的です。ましてやチェロとバイオリンとでは音の高さも違います。こどもは泣きながら合わせていましたが、かなり無理がありました。先生に「音の高さも
違うので無理です。」と申し上げると「ではG線とD線で合わせてみて下さい。」と言われ親子で閉口した苦い思い出があります。
 6巻のラ・フォリアでも最後に出てくる重音もひたすら先生のご指示通り耳で聞き取り、発表会で弾かされました。本当に大変でした。しかし、バイオリンの響きがとても悪くなってしまったので楽器屋に調整のために持っていったところ、「なぜこんなに楽器の扱いが乱暴なんだ。もっと楽器の響きを大切に聴いて丁寧に弾いて下さい。」と怒られてしまいました。
 重音のスケールの練習ができる教本があったなんて知ったのは、それから何年も後のことでした。
 今は鈴木を退会して個人の先生についていますが、今振り返るとやはり
やり方があまりにも大雑把で乱暴だったように思います。だからとても苦しかったんだと・・・・・。
 もっと基礎基本の練習を踏まえて体系的に練習を進めていってほしかった・・・・・・。

[10602]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [04/03/01 5:23:46]

[10596]R氏[04/02/29 22:48:19]投稿、
宗教呼ばわり、申し訳有りませんでした。
公文は最近、将棋を導入したそうです。
「公文と同じ」と云うのなら、御立腹されませんか?

思考するという行為を無視する点で同じでしたよね。

[10600]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 かみね [04/03/01 0:40:42]

>先生も音大受験には向かないことを認めていたのにかみねさんの親が勝手にはまり込んだ。自己責任でしかないのでは?

そうですね。自己責任です。でも子供の私にはいったい何ができたのでしょう?私がいいたいのはそういうことではなく,無理なのでしたらとっとときちんとした先生を紹介して欲しかったということです。親としては先生を代えるといのはとても心苦しかったでしょうし、良い顔をみせたかったようですから,そういうことの逃げからスズキという宗教にはまったのかもしれません。はまらないといられない。そう北朝鮮に住む人民のように。
良い医者は自分に手に終えない患者は信頼できる医者にまかせるのだそうです。
私も自分の手に終えない生徒は生徒持っている能力を引出してくれそうな先生、相性の会う先生を紹介するようにしています。
生徒からしてみれば、やめたいとは中々いえないもの。だからこそこちらの方から手をさしのべるのも大切なのでは?私がスズキにいて1つだけ学んだことは「生徒をかかえこまない!」それにつきます。

追伸
私も競争の中で結局何もスズキでは残らなかった。

[10599]

ごめんなさい

[その他]
 R [04/02/29 22:55:31]

↓の私の投稿、
アメリカ・Siziki⇒アメリカ・Suzuki
に訂正いたします。タイプミスでした。すみません。

[10597]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 sanagi [04/02/29 22:48:48]

P.S

才能教育が誕生した頃の状況と今の世の中との違いを
全く考慮せずに 論じるのはちょっと無理があるかとも思います。

戦後の混乱期、貧しい日本、身分制度の名残りの多い社会の中で
どんな家の子供でも、教育を受ければ平等に
高い能力を身につけられる、という考え方は画期的だったのでは・・・
今となっては大きな間違いでしょうが
音符ではなくてA線の1、2,3という指番号使用する、というのも
イロハの音譜しか知らない人たちでも 簡単に家で
お稽古できるように、ということで 仕方なかったのでは。

[10596]

宗教なら宗教ってことで…(鈴木批判をなさる方へ)

[その他]
 R [04/02/29 22:48:19]

擁護も反対もしてない立場の、鈴木会員です。

現代の親達は、自分自身高い音楽教育を受けてきていたり、物事の考えに固執しない柔軟な考えを持つ人々が多いです。情報も手軽に入手できるので、鈴木へ入会以前・以後に、いい事もそうではない事も、いちおう耳に入れてる。つまり、あまり会の信条にはコミットしていない現在の会の状況があります。 

まともな現代人なら、会がかかげる鈴木先生礼賛の態度に、いかな会員でもやれやれ…という様な感情を持っています。そう、まさに、多くの人間をお手軽に纏め上げる、よくある宗教的手法ともいえるでしょう。

でも、宗教とお考えなら宗教って事で、どうか放っておいて頂きたい。

信仰にはまり込みたい人ははまり込むし、一応信者だが信条と距離を置きたい人はその様にするし、教会側からは全く信仰心を疑われているけど、賑やかな教会活動が楽しいので籍だけは置いてるという人もいるし。そして、会を辞めたい人はいつでもやめればよいし。

小さい時に「幼児洗礼」を受けさせられたからといって、いつまでも「親の過失」を恨みに思ったり、社会に対して教団批判に躍起になったりとか、生産的ではないです。

鈴木は確かに「鈴木先生」の強烈なキャラクターに頼りすぎるところはあるけど、確実に外部からの風が入ってきて変化しつつあるし、大学でのSuzuki研究が大変進んでいる、アメリカ・Sizikiのフレキシブルな状況を多いに見習って、過去に固執せず変化していく勇気を身に付けつつあります。

今後の鈴木の変化に御期待を頂くわけにはいきませんか。私は、なんとなく期待しつつ、何となく期待もせず、教義からは結構距離を置きつつ(そういう人多いですよ)会費払って会員やっています。

子供も私も、先生には大変満足しています。それで十分だと思っています。 これでも一応会員ですので、会へ対する感情的(感情的に思えます)な批判はとても不愉快だし悲しいです。

ご期待頂けないのなら、「宗教」って事で諦めて頂き、どうか感情的で過激な批判をこの様な場でするのは堪えて頂けませんでしょうか。

くれぐれも宜しくお願い致します。

[10595]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 sanagi [04/02/29 22:42:37]

進度を物差しにした 無用な競争に嵌ってしまって
日々、親子で戦いを続けて二時間、三時間と弾いて
子供らしい時間や暖かい家庭の団欒を奪われ
10年後に、「音楽的には」何も残らなかった・・・という人には
カルト宗教と同じような弊害があるかもしれませんね。

音楽を楽しむきっかけ、親子の関わりを深めるツール、
家族共通の話題づくりなど、楽しさを利用する分には
良い面もあると思います。
子育てって本当に、保護者次第という部分が大きいのは事実なので
狂信的にならなければ、育児、教育の指針となりえる部分もあります。

趣味で ちょっと弾くだけで一生を終わる人にとっての読譜は、
普通の公立の学校の小学校から高校の音楽の授業だけでも
読めるようになるヒトもいれば、そうじゃないヒトもいる、
くらいに考えてみれば その程度の知識なら
どこでも身につくので、スズキのせいで譜が読めない
と目くじら立てなくてもいいかな、なんて思います。

[10593]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Mr. Z [04/02/29 21:11:54]

オウムは教祖が死刑判決を受けた宗教団体です。鈴木メソードは特に違法な行為を行っているわけでもなく、極端に営利に走っているわけでもない。それを同一にとらえて被害者だ被害者だというのはどうかしてますね。先生も音大受験には向かないことを認めていたのにかみねさんの親が勝手にはまり込んだ。自己責任でしかないのでは?鈴木メソードの問題点と自己の怨嗟をごちゃまぜにすることは問題点をかえってぼやかすだけだと思いますが。

世の中、鈴木メソード以外の教室は数多くあるかと思いますが、社会に向けて情報発信しているところが極端に少ないですね。HPを持っているところも非常に少ない。そうすると結局社会に向けて情報発信している鈴木メソードが相対的に目立つことになりますね。常々思うのですが、なぜ鈴木以外の個人の先生はほとんどHPを作らないのでしょうか?作らずとも繁盛しているからかな?HPを作った上で自分の演奏をアップしておけば教室を選ぶ方も助かるでしょう。

[10592]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 かみね [04/02/29 20:42:00]

Mr.Zさんへ
私は!さんのこととっても理解できます。というのは私もスズキはオウムと同じだと考える一人ですから。そして私も被害者の一人です。スズキから芸大に入った人はたくさんいます。文句も言わないでしょう。それはいい時期にやめた人がほとんどだからです。親に知識があるとか周囲にだれかアドバイスする人がいるとかそういった子供の能力以外に親を取り巻く環境も必要なのです。今のように情報もなかった時代ですから。私の場合親にアドバイスをする人がいたようですが、結局親がスズキにはまりこみ、音大受験をするような人を冷ややかに見ていました。私はというとバイオリンを習い始めた時からバイオリニストになることを夢見ていました。先生も「スズキは音大受験にはむかないわ。」というだけで何もしてくれませんでした。結局三流音大にはいりましたが、あの時もっと自分を取り巻く環境が違ったらどうなっていたのだろうと考えることがあります。
スズキはカイザーをはじめたようですが、カイザーなどやったことのない人がどうやっておしえるのでしょう。。。?ものすごく不思議です。

[10591]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Mr. Z [04/02/29 19:44:31]

! さん、かなりヒステリックになってますね。プロとして恥ずかしくないですか?私の友人で鈴木メソードから芸大に進んでプロとしてやっている人はそんな泣き言は一言も発しませんが。プロ野球の選手が「リトルリーグ時代にあんなチームに入っていなければ。。。」なんて言っていたら一笑に付されるでしょう。

楽譜を読み始めたら鈴木メソードが死ぬというのも短絡的かと思います。確かに鈴木メソードは鈴木先生が超高齢になってからかなり迷走したようですが、そもそもは楽譜もエチュードも否定していないのです。以前に全集を読みましたが、豊田氏と小林氏の少年時代に、ラジオ局出演のための楽譜を当日渡したにもかかわらず立派に弾きこなしたというものがありました。エチュードにしても、最初はバロック等で学習し、進んできたらクロイツェル等をやるのがいいと書いています。

そもそもは「楽譜無視」ではなく、「音重視」だったんですね。レコードもまだほとんど出回っていない時代に、これは画期的だったと思います。それがいきすぎて楽譜無視になったとしてら悲劇ですが。

[10589]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 つづき [04/02/29 19:22:46]

ところで新会長・豊田耕治は鈴木鎮一の養子です。
孤児で才能のあった豊田氏を鈴木氏が拾ったのです。
豊田氏は鈴木氏に恩義を感じている反面、彼自身は欧米に出て勉強し
たのでスズキメソッドの誤りにも限界にも充分気付いています。
従って鈴木鎮一の死を待って「改革」を試みたのですが、古くからの
楽譜の読めない先生や音大を出てない先生たちの大反対が巻き起こっ
ているそうです。
鈴木鎮一が死ぬまでは教義の変更も教本の改定もご法度だったようで
すが、最も酷かった鈴木氏自らの模範演奏CDを改め、教本も頑張っ
て3巻までは新しくしました。(が、4巻以降は遅々として進まず…。)

しかし自ら読譜を奨励するようになったスズキは、もはや存在意義を
失ってしまいました。スズキは豊田会長がマトモになろうとした事で、
自らに死を宣告してしまったのです。
読譜を教え、音階やカイザーをやるなら他と変わりませんからね。
私としては「読譜を導入せざるを得ない」との結論を新会長が下した
時点で「スズキメソッド」は誤りだった事を認め、才能教育研究会は
解散とするべきだったと思っています。

(まぁ、演奏家としても教育者としても潰しの利かないスズキの先生
達の生活を支えるために存続せざるを得ないのでしょう…。)

[10588]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
  [04/02/29 19:14:00]

ところで最近スズキは「読譜をするようにしよう」と方針転換したそうです。
50年以上も楽譜を無視したインチキ教育を撒き散らして、何万人もの「文盲」を
排出してやっとメソッドの限界に気が付いたのです。
所詮、私のような過去の会員達は「才能教育」の名の元に潰された鈴木鎮一の実
験モルモットに過ぎなかったのです。(子供心に胡散臭く感じていましたが。)

もっともらしい精神論を垂れる一教祖の思い付きに一般人が躍らされた、という
点だけをとれば「スズキメソッド」も「オウム真理教」も似たようなものです。
私の親も私も、ある時期までまんまと乗せられていた訳です。
そしてマントラのように何千回もテープを繰り返し聞き、「修行するぞ!」と唱
える如く武道館で「どの子も育つ、親次第!」と何度も声をあげていたのです。
誰にも言えない私達一家の恥ずかしい過去です。

[10585]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Mr. Z [04/02/29 18:58:32]

鈴木メソードも問題含みのようですが、先生の個人差が大きいように
思います。

逆に、スズキメソードでなければ安心、というわけでもないのでその点は
これから習う人は注意した方がいいでしょう。発表会を見て判断するしか
ない。先日スズキでは無い先生の発表会が家の近くでやっていたので
ちょっとのぞいてきましたが、暗澹たる思いになりました。。。

[10584]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
  [04/02/29 18:39:51]

>パガニーニが弾いていた曲の殆どは、楽譜として残って居ません。
   中略
>鈴木の教育が間違っていると云い切るのは早計ではないでしょうか?

パガニーニは全てを楽譜に残していなくても、音楽を譜面にする能力はありましたし譜面は読めました。
当たり前ですがテクニックもありました。
スズキの楽譜軽視にパガニーニを引き合いに出しても訳が違いすぎます。

[10578]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [04/02/29 13:45:07]

7674 の xxx 氏以外に鈴木の指導者の発言がない。
反論する気がないのか。
いずれにしても指導者は譜が読めなけりゃ失格でしょう。

[10576]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [04/02/29 12:33:20]

!氏、初めまして。

新しい方の投稿の様なので、自己紹介のリンクをいれます。
http://fstrings.com/board/board.asp?id=4952
[7157]を御読み下さい。
http://fstrings.com/board/board.asp?id=6581
を御読み下さい。

音楽とは少し違いますが、古事記・日本書紀は、基本的には口伝を源にして纏められたものです。人間の声という音を、当時の権力にとって都合の良い様に文字言語に変換したものです。

西洋伝統音楽の場合、矢張り、共通点があります。パガニーニが弾いていた曲の殆どは、楽譜として残って居ません。

鈴木の教育が間違っていると云い切るのは早計ではないでしょうか?

私の体験的な評価は、既に書き込んで有ります。

宜しくお願い致します。

[10574]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 付け足し [04/02/29 12:16:51]

以下のHPではスズキの実態を知り、かつプロとして演奏活動・講師活動に携わっている私が常々感じてきたことが的確に表現されておりました。
スズキを信奉されている方には辛らつな意地悪にしか受け止められない恐れもありますが、残念ながら非常に正しい見解だと思います。

http://www.avis.ne.jp/~natsume/study/talent_education/talent_edu_top.htm

[10568]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
  [04/02/29 11:52:31]

奥の方にこんなスレが潜っていたので一応引っ張りあげておきますね。
最近、スズキを辞めることを考えていらっしゃる方もいるようなので。
経験者でないと解らないスズキの欠点、問題点など炙り出されていると思います。
かくいう私もスズキで習っていました。
小学生の頃には既に「こんな所で習っていても上手くならない」「スズキはマヤカシ?」「楽譜読めるようになりたい」と子供心に思っていたのですが、しがらみで中学まで習い続ける羽目になりました。最後は親に頼んで「部活」ということでやっとのことで円満脱会しました。(ほとんど宗教でした)
その後全く違う先生に一から習い直して苦労した無駄な労力、無駄な時間を思うと「親には早く辞める判断をして欲しかった」「最初からスズキでないところに入門したかった」と思うのです。
「最後は本人次第」は正論ですが3歳児や経済力のない子供は自分で通う教室は選べません。ですから親御さんには「趣味なら良いじゃない」とか「スズキでも良い所はある」などと流されず(害の方が余程深刻です)スズキの掲げる綺麗ゴトでは趣味で楽しむことすら叶わない事を知って下さい。
私は苦労の末音大を出てプロオケで弾くまでになりましたが、未だに読譜に苦しめられています。スズキの教室では「ウチの教室からプロになった人もいる」と私の存在が広告のように使われているようですが、私はスズキは今でも許せませんね。
私の今の能力は全てスズキ以後の先生に習ったものです。
そして私の今も残る欠点はスズキの後遺症です。

[7704]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
  [03/12/06 15:48:41]

うりゅさんへ

>指導歴は35年で、肩書きとして「日本弦楽指導者協会正会員」ってなっているんですが、この肩書きって権威あるのでしょうか?

日弦協ってこれのことですよね⇒http://www.jasta.gr.jp/index.html
その肩書きに権威があるかどうかは知りませんが、私が習っていた先生も習っている先生も正会員みたいですので、そう言う方はまずまず多いんじゃないでしょうか。
一応入ろうと思ったら割と簡単に入れますよ。正会員は指導者が入れて、準会員は私達でも入れたと思います、確か…。

[7684]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 音屋(在欧州) [03/12/05 22:28:15]

海外のsuzukiのはなしが遂にでました。
ISAの目が行き届かないところで、自称Suzuki Teacherを名乗り、レッスンを生徒につけている人が山といます。 その山の中においても、トップの先生とそうじゃない先生との間にある「実力」の差は、、、もう、天文学的なものです。 Suzukiのネームは海外では、現実的にいって「野放し」状態と考えてよいと感じます。 Suzukiメソッド そのものに期待して、子供に楽器を習わせようとお考えの親御さん、くれぐれもお気を付け下さい。  

[7680]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 hozhoz [03/12/05 17:55:38]

私の知っている限りですが・・・・
最近の先生は音大を出ているか否かに関わらず、松本の国際スズキメソード音楽院(旧称松本音楽学校かな?)の卒業生でなければ、先生にはなれないと、聞いています。
とてもとても、昔、故鈴木先生が、才能教育研究会を立ち上げた時は、オーディションをしたと、聞いています。現在も、当時オーディションで選ばれた先生もご指導されていると思います。音大卒の方もいれば、他の先生からのご推薦などで、オーディションを受けたそうです。
海外のスズキは、ISAの基準に従い、きちんとやっているところもありますが、多分、目の行き届かないところもあるようです。
豊田先生が会長になられてから、基準は厳しくなったと聞いています。
卒業テープも、随分差し戻しがあるそうですが・・・

[7674]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 xxx [03/12/05 16:33:45]

私47歳、スズキで教えてます。長野県出身、高卒です。
経験がたくさんありますから教える事には自信があり情熱もあります。
ただソルフェージュ、聴音、ピアノはまったく出来ませんし、極論になるかもしれませんが、必要ないと思っています。
まず弾けるところからはじめれば、みんなが楽しくバイオリンに親しめればと言う理念の元日々頑張っています。

[7666]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 うりゅ [03/12/05 13:25:00]

うちの子どもの先生は子どもの頃故鈴木慎一先生に指導を受けてたそうです。音大卒ではありません。指導歴は35年で、肩書きとして「日本弦楽指導者協会正会員」ってなっているんですが、この肩書きって権威あるのでしょうか?
この「日本弦楽指導者協会」とやらに詳しい方コメントください。
ふと、何じゃろ・・・って思ったのでズレズレに投稿してみました。

[7649]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 天音のパパ [03/12/05 0:03:51]

つうか、一人ぐらいスズキの先生このスレ見てるだろうに、、、、、
秘密にしないで、教えてくれたっていいじゃん。
(すんません、こんな会員で、、、、)

たぶんうちの先生は
>指導歴の長い先生は、所謂「鈴木先生直結」でいらして、そこから指導者への道に???
と思われます。

[7648]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 suiren [03/12/04 23:59:49]

ほんとによくわかりませんが、(なのに書き込んだりしてすみません) 最近の先生は大概卒業生でいらっしゃるのではないでしょうか???
指導歴の長い先生は、所謂「鈴木先生直結」でいらして、そこから指導者への道に???
いずれにしても、「鈴木メソードは幼児教育です。」とうかがいましたので、音楽的なバックボーンにプラスアルファの基準があるのではないでしょうか。

[7638]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 天音のパパ [03/12/04 23:15:52]

じゃあ、音大出じゃない先生(実際は先生もどき)がごろごろいるけど、ああいう人たちは、みんなこの学校に行ってるんすか?
行ってないとしても、ほんと、どういう基準で指導者になってんだろ、、、、

[7636]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 suiren [03/12/04 23:09:51]

よくわかりませんが、この学校を卒業したら、才能教育の指導者になれるというレールが敷かれている学校、指導者になるためには行かなければならない学校、ということではないかと思うのですが。
学校のかたが、「音大出てから来るかたもいます。」と仰っていたそうですし。

[7629]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 天音のパパ [03/12/04 22:15:26]

指導者になるには、この学校出ないと駄目なんすか?
つうか、スズキの指導者の採用基準誰か教えてください。

[7605]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 天音のパパ [03/12/04 15:35:31]

スズキに限らず、弾けなきゃ教えらんないと思う。
音大出(友人)でも、パガニーニのカプリースは、2、3曲しかやったことないって人もいますよ。入試の時だけ仕方なく弾いただけとか言って(笑)

[7602]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 suiren [03/12/04 15:27:25]

どういう音楽教育を受けてこられたかによるかと思います。

[7586]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 さち [03/12/04 12:05:00]

スズキの先生で、ヴィエニャフスキやパガニーニのカプリースなどを
練習された方はどのくらい いらっしゃるでしょうか。
弾いた事がなければ 教える事も出来ないものですか?

[7072]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/11/22 12:00:45]

才能教育(私はこの名称に慣れているので)の先生は昔存じ上げていました。立派な方たちで謙虚でした。今の方については何も言えません。
ただ、このスレを拝見していて感じたことがひとつ……
才能教育に限らず「夜郎自大」な指導者には子供を預けないことです。
往年の名教師:鷲見三郎さんは、大演奏家が来日すると自分の弟子にレッスンを付けて貰い大いに参考にしたということです。これはインタビューでそうおっしゃっているのですが、中々出来ないことです。

[7066]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ぱぱ [03/11/22 0:33:21]

自分の教えやすい子を見本(この表現がいいかわかりませんが・・・)にしたい、というか音楽よりも、絵に描いたような理想の子を見本にしたいのがあるのかもしれません。
うちの子も理想とは反する子どもで、決して扱いやすいタイプではありません。
先生は大変そうでした。。。。

[7063]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 hozuhozu [03/11/21 23:56:22]

>どんな子にも同じ教え方、後から入ってきた子には追い抜かせない

>でも本当にそうなのです。

そういうお教室もあるのでしょうか?
うちも日本では、スズキでしたが、そんなことはなかったですねー
どちらかと言うと、追い抜かした親子が抜かされた親子にねたまれる?みたいな光景を、よく見ましたが・・・
先生は、素晴らしい先生でしたが、その辺はちょっと・・・でした。




[7055]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 らら [03/11/21 19:54:01]

>どんな子にも同じ教え方、後から入ってきた子には追い抜かせない

でも本当にそうなのです。

また、たまたま私が見てた同じ3歳で言葉は悪いですが一人の子は扱いやすい子(何もわかっていない)で、もう一人の子は音楽センスはいいけど、その分扱いが難しく思い通りにいかないと・・・・
だけど先生は自分の言いなりになる子(うまく表現できないのですが)を見本にしたいようなんですが、もう一人の子はそれがおもしろくないらしく、人を育てるどころか、何か間違ってるーとおもいみていました。


 




だけど、外から見ていると、まったく同じ教え方、もしくは30分まもで、曲を弾いておわり〜です

[7039]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ぱぱ [03/11/21 10:28:47]

>ま、でも、スズキに限らず先生はピンキリです。
これはホントそう思います。どんな教室でもそうだと思います。
天音のぱぱさんの先生はとても良さそうだし。。。
うちもそういう先生のところで習わせたかったです。

>どんな子にも同じ教え方、後から入ってきた子には追い抜かせない
同じ教え方は、そうかもしれません。。。というかその先生が気になるところは一緒だからだと思います。ただ追い抜かせないことはないと思います。スローペースの子は抜かされていましたよ。そういう先生もいるかもしれませんが・・・・。

もう少し大きな視野で、それぞれの先生が見て下さると、
素晴らしいと思うのですが。
どうしても、その関係者の中からは出られないし、その中でしか交流がないのも事実だと思います。
大きな視野をもてと言っても、よほどの問題意識、改革意識、向上意識がないと持ちようがないのは、どんな世界でも一緒ですよね。

[7038]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 天音のパパ [03/11/21 10:15:22]

>どんな子にも同じ教え方、後から入ってきた子には追い抜かせない。

これは、さすがにないんじゃない。

[7028]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 らら [03/11/20 23:33:25]

私は先生に何かおすすめのCD等をお尋ねしたところ、鈴木から出しているものをすすめられ、こんなことならよっぽどネットのほうがいい情報を得られると思いました!
なんだかばかばかしくなって苦笑してしまいました。
また、

鈴木は音楽の専門を育てるところではありません、すばらしい人間を育てるところなのです・・・・・。

・・・ほんとにこれってどーゆーことなんですかねぇー

どんな子にも同じ教え方、後から入ってきた子には追い抜かせない、そのくせ親は闘志を内に秘めているので、とってもやりにくいのです。
たまたまうちの教室だけなのかしら・・・

[7009]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 天音のパパ [03/11/20 18:40:59]

奇麗事ぐらいならまだ許せる。そのセリフ吐いたおばさん(先生とは私は呼ばない)の無責任な感じとか、開き直ってる感じが許せない。他にも上部にあんな先生(先生まがい)がいるのと思うとぞっとする。
ま、でも、スズキに限らず先生はピンキリです。

[7002]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ないものねだり [03/11/20 17:34:44]

だって、音程違っていても気づかない先生に何を言っても無駄ですよ。

[7001]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 さくらさくら [03/11/20 17:32:42]

鈴木は音楽の専門を育てるところではありません、すばらしい人間を育てるところなのです・・・・・。

すばらしい人間を育てるところの先生が、どうして音程が悪いまま難しい曲をどんどん進めさせていくのでしょうか・・・・。矛盾してます。
本当に心ある先生ならば、その後どんな苦しみがその生徒に待っているか
必然的にわかるはずです。

所詮きれいごとです。

[6992]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 天音のパパ [03/11/20 15:55:04]

>クラスの発表会で「どうして高校生の・・・・チャンはあんなに音程が悪いのに難しい曲ばかりを弾いて、直さないんだろう。1巻2巻にもどってきちんと復習すればよいのに。」と小学生の娘が言っておりました。
小さなこどもでも疑問に感じ、不思議に思うことを、大人の先生が平然と生徒に続けさせる・・・その神経が耐えられない。

同じくそう思う。で、同じ教室でもコンクールに出てる子とかいるんです。(謎)

>私がいたところではやはり優等生ちゃんばかりかわいがられていました。
ということなんでしょうか?(かなり疑問)

>何より親の職業で随分と分けてみられていたようです
分けてるかどうかわかんないけど、そういうば、入会する時、親の職業書くところがあったなぁ。あと所有してる楽器とか音楽機材も書くところが合って、書ききれず困った。

うちの娘は保育園ッ子だから、幼稚園っ子ばっかしの中、ほんとは、ちょっと恥ずかしいことなんかな。

あと3891を再度、意見。

[6983]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 さくらさくら [03/11/20 13:02:56]

・・・・・・・・落伍者を出さないのが本来の目的である、と言っています。

これは本当に疑問です。
クラスの発表会で「どうして高校生の・・・・チャンはあんなに音程が悪いのに難しい曲ばかりを弾いて、直さないんだろう。1巻2巻にもどってきちんと復習すればよいのに。」と小学生の娘が言っておりました。
小さなこどもでも疑問に感じ、不思議に思うことを、大人の先生が平然と生徒に続けさせる・・・その神経が耐えられない。

虚構の上塗りを続ければ、苦しさが増すだけです。
でも最後は音楽を通じて音、音を通じて人間を育てる・・・・と
一番きれいなところへ逃げてしまう。ずるい。

[6943]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 じゅん [03/11/19 15:34:43]

ららさんに1票!その通り!私がいたところではやはり優等生ちゃんばかりかわいがられていました。そのことよりも何より親の職業で随分と分けてみられていたようです。それは家だけではなく前にいたお教室もそうでした。親もそんな感じでしたし。まあ時代も時代でしたからそうだったのかもしれません。

今先生と話をしていても素人以下の知識でびっくりしてしまいます。。。。

[6941]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 らら [03/11/19 15:02:27]

音楽を通じて音 音を通じて人間を育てる・だれにでも楽器ができる環境をつくり、落伍者を出さないのが本来の目的である、と言っています。

・・・といいますが、鈴木の教室ではみんな表はそういう顔をしているかもしれませんが、競争です。
なんとなく嫌な雰囲気です。
建前と本音はまったく違い、きれいごとをいっているだけです。
また、落伍者ださない・・・といっても、指導者がそこまで達成していません

[6643]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 けんけん [03/11/14 18:12:50]

 ばばさん、さとさん貴重なご意見、そして体験談有難うございます。
 壁にぶち当たって苦しいとき、一人で考えていると、どうしてもついつい
一辺倒で無知なものになってしまったようです。
 音楽が楽しくてバイオリンが好きな娘たちが長く楽しく続けられるよう 
親として子供の気持ちも大切にして考えていきたいと思います。 
 有難うございました。

[6628]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 さと [03/11/14 13:12:41]

ぱぱさん、すみません、一度削除してしまいました。

私は大人から鈴木本部出身の先生に6年間習いました。
8巻まで弾いて、モーツァルトの3番を弾いていましたが、
全く進歩せず、苦しくなる一方で、結局辞めてしまいました。

それからヴァイオリンを触らない日々が続いたのですが、
もう一度弾きたくなった時、新しくテクニックを矯正してくれる先生を
探しました。何故、苦しくなったのか、自分でよく分かってたんです。
ヴァイオリンを楽しむにしても、楽しめるだけ弾けるようになるには、
私には土台がありませんでした。基礎をきちんとやらないと、
仲間と合奏するのにも自分が辛いだけだったんです。

新しい先生のレッスンは、最初の1か月はひたすらボウイングでした。
鈴木の先生からは、アップの時に右肘を体の内側に入れる(押す?)
ようにと習いました。ところが、新しい先生はまったく逆で、右手の甲、
右手首、右肘が水平になるようにと教わりました。
(右手首は少し曲がるかもしれません)
鈴木の先生とは決定的に右肘の高さが違います。
新しいボウイングに慣れてくると、ヴァイオリンの音色が全く変わりました。
脱力ってこういうことか!と始めて気付きました。

ボウイングにも色々と流派があるんですね。
どちらも間違いではありません、と先生が言っていました。

1か月たった頃、今度はセヴシックの1−1と小野アンナ、シュラディック
を使ってひたすら指の訓練を始めました。曲はしばらくお休みでした。
1年たった今、ブラームスのソナタを弾いています。
以前はあんなに苦しかったのに、指が安定してきて、指板をたたく力
もついてタッチが良くなりましたし、ポジション移動をしても音を外す確率が
格段に低くなりました。
何より、楽譜に対して恐怖心がなくなりました。
今でも勿論、セヴシックと小野アンナ、カイザーを続けています。
やっぱり、基礎が大事ですね。
地味な基礎練が今ではとても楽しいです。

私は、鈴木は決して悪いとは思いません。
事実、私の先生も、鈴木も使っています。
ただ、鈴木オンリーではない、ということです。
小さい子供にヴァイオリンを構えさせ、弓を持たせてじっと動かずに
初めからテクニックの勉強をさせても、ヴァイオリンを好きになれない
んじゃないかと思うんです。
鈴木で最初はキラキラ星やちょうちょなど、楽しくヴァイオリンを弾く
ことを覚えて、少し成長した頃にテクニックの勉強も平行してレッスン
してもらえるようになれば、一番いいのに、と思います。

[6620]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ぱぱ [03/11/14 11:43:26]

このスレッドには参加しまいと思ってましたが・・・。

別のスレッドで少し書きましたが、息子が鈴木で初めて2年経ちました。
3巻まで進んでいますが、いろいろ悩んだ結果、
このままではダメだと思い、他の先生をあたりました。
(実のところ、今移行中で微妙な位置あります・・・。)

はじめはけんけんさんがおっしゃるようにテクニック的な部分を補充してくれる先生でもと思いましたが、他の教室を見学に行ったりすると、変わるならすべて変わらないとダメだと確信するようになりました。

例えばさとさんが言われるようにボーイングでも今の鈴木はアップの時に肘を内側に持ってこさそうとします。(昔は違ったようです・・・?)そうすると他の先生のところでは違うように指示をされ混乱を招く結果になってしまうことになってしまいます。

あとは、ご本人さんが、今後どうしたいかだと思います。
今のままで良いのか、(この言い方にもいろいろ意見が分かれますが、趣味程度いいのか・・・)もっと更に本格的にバイオリンをしたいのか。
その選択権は、小学高学年であれば本人に任せてもいいんじゃないでしょうか?もしバイオリンを本格的にやりたいのであれば、受験でお休みするということは出来ないし。。。そのことに関しては私も専門は別でしたが、よく、中学・高校時代など定期試験になると先生から、時間があって一杯練習できるからしっかり練習しなさい!という指導をされました。勉強も練習も両方おろそかにしないでやるということは、かなりの負担であることは間違いありませんが・・・。

すこし本題からはずれましたが、
個人的には鈴木自体が悪いとは思いません。
良いところも沢山あります。
でも、どんなやり方でも完璧はありません。
そこを知った上(承知した上)での進め方が必要で大切であると思います。
これで完璧、ここが最高と思う(思いこむ)のは危険です。
そのあたりを今の会長の豊田先生なんかは改善しようとされているようには思いますが・・・。(譜読みの問題や、テクニック的なことも・・・)

[6615]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 けんけん [03/11/14 10:28:33]

 冷静なご助言、ありがとうございます。
 確かに子供の状況や気持ちを考えると先生を変えるということはとても
難しいことかもしれません。親の安易な感情だけで子供を潰さないよう
もう一度落ち着いてじっくり考えてみたいと思います。
 たとえば、現状のままで音階やカイザー、鈴木教本の曲でのボーイングなど音大卒の先生に御願いしたい場合、どこからどうやってその先生をさがせばよいのか・・・・、金額的なこともありますが・・・・。 
 悩みは尽きませんが、子供と相談してじっくり考えてみます。

[4805]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 snow [03/08/07 19:17:15]

私は、19才からバイオリンを始めて、鈴木メソッドの先生から
7年間習いました。
確かに、鈴木メソッドでは読譜やテクニックのレッスンはありません。
ですが、私の先生は篠崎や小野アンナなど他の教本も合わせて
レッスンをしていました。

大人から始めた訳ですから、もちろんプロになれるわけもなく、
本当にバイオリンが好きで趣味で弾いているのです。
鈴木の先生から6年、その後結婚と転勤があって先生がかわり、
10年間バイオリンを弾いていますが、
始めてバイオリンを習い始めた10年前は、
大人の生徒をとらない先生が多かったです。
バイオリンは大人から始めたって、弾けるようにならない、と。

最初に私にバイオリンを弾かせてくれた鈴木の先生は、
音楽を楽しみましょう、というスタンスで丁寧に教えて下さいました。
小さなお子さんもそうで、みんな楽しくバイオリンを弾いていました。
そんな中で、転勤で新しく来た生徒さんは、母親がとても熱心で、
子供が発表会でミスをしたのを「ピアノ伴奏の先生がへたくそだからだ」
と先生に抗議したり(そのピアノ伴奏の先生は、有名なコンクールの
伴奏を依頼される程の名手です)、自分の息子の演奏が気に入らないと、
先生に詰め寄ったり、他の子を攻撃したり。
あまりにもひどいので、先生も嫌になって教室を辞めてもらってました。

レッスン、というのは生徒と先生の信頼関係があってこそ、
なりたつものだと思います。
もし、ご自分のお子さんの先生の教え方に少しでも疑問が
あるようでしたら、違う先生を考えてみたらいかがですか?

今は、鈴木に会員登録をして卒業テープを送る、という本当の(?)
鈴木の教室と、それ以外で鈴木、白本、セヴシック、小野アンナ、
カイザー、クロイツェルなどいろいろな教本を使って教えている
など一つの枠ではまらない教室があるのではないでしょうか?

[4713]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 まな [03/07/31 14:07:30]

耳コピ自体は悪くなくて、偏ったのがいけないのですね!安心しましたです・・・。
プロオケでMIDI音源がひそかに使われているなんて、、知りませんでした・・・(汗)それは困りますね・・・・。
皆様の発言を読ませて頂いて、ソルフェージュは大事だなぁとつくづく思いましたです。m(__)m

[4700]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 こぴりん [03/07/30 23:54:57]

耳コピーができるのはすばらしい能力です。しかし、CDがでていない曲は
(模範演奏がないと)弾けない、というのはとても困りものです。弾いてみたい曲にかぎってCDがでていない、なんてのは練習曲にはありがちなことですから。

[4697]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 smile [03/07/30 23:42:18]

確かに、両方できることがベストだと思います。
しかし耳コピしかできないのは、楽譜が読めて耳コピができないより、良くないと思いますが・・・

[4687]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 まな [03/07/30 20:55:34]

こんにちは。私は鈴木メソッドとは無縁で、鈴木メソッドって何だろな?と思ってスレを拝見させて頂きました。
素朴な疑問なんですけど・・・・。耳コピー出来る事ってそんなにダメなことなんですか??
確かに、譜面読めないで耳コピだけ出来るのはダメだし、Geiger1951さんの挙げている例も良くない事ですし、譜面見てフレーズ分かるのが一番いいと思いますし、私もなるべくそうしようと努力してきました。
でも、譜面読めても耳コピーが出来ないのは問題あると思うんですけど・・・・。私がソルフェージュを習っていた教室では、「譜面を読むためのソルフェージュ」も良くしましたが、記憶聴音は小学校1年生とかから普通にやっていたし、ピアノで何回か弾かれた16小節程度の曲をその通り弾くって言うのもしました。そのお陰で私は両方出来るんですけど、でもここのスレを見ていると「耳コピ出来る人はダメ」みたいな感じで、少し不安になってしまいました。
音楽は耳で感じる物だから、両方出来た方が良いように思われるのですが、違うんでしょうか???
くだらない質問ですみませんがどなたかご意見下さい(−−;

[4486]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 polonaise1842a [03/07/15 21:44:01]

鈴木メソードへ入っては絶対にだめですよ。
詳しくは6/30投稿子供、”大人のバイオリンどこで習えばよいか”を参照してください。

[4439]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/07/12 8:28:18]

「指が回って、複雑な曲でも落ちな」いんだったら、譜は読めている。
って思うんですが、その指アクロさんたち譜読めないんですか。

[4435]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ふよみ [03/07/11 23:53:43]

>スコアを自分で読んだほうが25倍楽しいですよ

 個人的には、まったくもって賛成なのです。
 しかし、現状のアマオケでは、アナリーゼをすることは、
なぜだかむしろ、いやがられることのほうが多いです。
 理屈より感性、理論の勉強よりメカニックの練習 
っていう意見をよくききます。 
 (個人的には、「より」ってことはなくて、どんなレベルでも
 両方必要だと思いますが。)

 「指がまわって、複雑な曲でも落ちなくて、メロディを
とりあえずそれらしく感情こめたように弾ける。」このあたりが、
現状の多くのアマオケで評価されるポイントのような気がします。
 (個人的には、もうちょっと違う点を追及してみたいのですが。)

[4433]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/07/11 23:19:58]

たしかに色々なレヴェルの楽しみ方が許されるのがアマチュアの特権ですよね。「おめー譜面よめねーのかよ」と貶すのも大人気ない。
ただし私はこれからの日本のクラシックはアマチュアの時代だと感じています。プロになったものの、弟子が集まらないとか、オケの空席が皆無という苦しみを味わう若い人を見るに付け、無理して音大に行かずとも、まじめにアマチュアで音楽を楽しみつつ向上心を持って学んでゆくことは充分出来るよ、と言ってあげたい。
基礎のしっかりしたアマチュアを大勢育てれば日本の音楽文化は栄えると確信しますので。。。。ま、余計なおせっかいかなー?
スコアを自分で読んだほうが25倍楽しいですよ。自主性こそ音楽の基本だしね。

[4432]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ふよみ [03/07/11 23:00:50]

「問われない」 であって、「必要ではない」でありません。
実態において、問われていないということです。
多くのアマオケにおいて、「ここのビオラは、何調の第何音ですか?」ときいて、答えられない人が多勢をしめています。
 アマチュアの場合色々な楽しみ方があるので、そのこと自体の是非を
問う気はないのですが。
 

[4431]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/07/11 22:38:36]

コンマスでなくても「アナリーゼ」能力は必要ですよ。音程を取るときアナリーゼなしには正しい調性感がつかめません。この音は導音か装飾音か繋留音か、アルペジョなのかスケールなのか、どこで転調しているか。
知らなければ、正しい音で弾くことも覚束ない。
さらに、コンマスでなくとも仲間でクァルテットはやるでしょう。指番号のないスコアを読むことができますか。スコアを読んで頭の中で和音が響きますか。

[4430]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ふよみ [03/07/11 22:03:50]

鈴木バイオリンについては詳しくないので、鈴木で育った人が実際どうかは、全然わからないのですが。。

一般的に耳コピー中心で、指番号を覚えるなどして、バイオリンを習ってきた場合に想定される「譜読みができない」ことの問題は、(いわゆるソルフェージュができないということもそうかもしれませんが、それ以上に)アナリーゼができないってことではないでしょうか。 あたりまえですが、譜面から読み取らなければいけないことは、音程、リズム、強弱/表情記号といったことだけではないので。
ただ、アナリーゼができないからといって、アマオケで「使えない」といわれることは、ほとんどないと思います。アナリーゼ能力が問われることは、(コンマスやる場合でも)多くのアマオケにおいてないですから。 
 一流のプロを目指す場合や、「将来はともかく、とにかく本格的に」という希望があり、鈴木でそういう「譜読み」能力が育たないのであれば、補うものを考えた方がいいんでしょうね。幼児の頃から必要かどうかは、ともかくとして。

[4385]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ぼん [03/07/10 1:04:49]

こんにちは!
ワタシは以前、スズキの教室に限界を感じた方々が多く集まる教室で教えていました。小さな方から大人までです。
沢山の賛否両論の意見が出ているようで、どれもそうだなあと思って読ませて頂きました。しかしその教室でワタシが強く残念に感じたのは、楽譜が読めない生徒さんがあまりにも多かったコトです。耳がとてもよかったりするのだけれど。。素晴らしい詩の朗読を素晴らしくすてきに出来ても、その詩そのものが読めないで聞きかじりなら、あまりにもさびしい。
momoさんのお子さんも楽器が大好きなようですし、自分でしっかりと楽譜が読めれば今のトコロ決して悪くないのです!ただ、これから、自分でいろいろな音楽への扉を自分で開いていく為に読譜は出来なければなりません!あと音階は必要ですね・・楽器に自分が関わる際の物差しですから。
簡単な譜を読む努力と、自分で工夫するコトを失わないように!
あと少し大きくなられたら、集中力も増すと思うので、個人レッスンの方がよいと思います。(以前、スズキで教える友人の代講に行ったのですが、あまりに短い2、30分のレッスン。信じられませんでした!)
がんばって(^ー^)

[4383]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 suiren [03/07/09 23:06:16]

やはり、「鈴木メソードのみ」で育成された、指導者の資質の良し悪しが、諸問題の根源なのではないでしょうか。
鈴木哲学に期待して入会しましたが、理想と現実にはギャップあり、と驚くばかりでした。
現在は退会し、同じレッスン時間(一回30分)にて、音大ご出身の先生にご指導いただいておりますが、その密度の濃さに、来し方を振り返り、親子で「どの子も育つ、先生次第」を何よりも強く実感させられる今日この頃でございます。

[4372]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 P [03/07/09 17:46:47]

私はスズキとは全く関係なく育った者なんで発言するのもなんですが、1つ強く思ったことがあるので・・・・。
スズキだけで育ったならそれは絶対に上手いはずありません。だけどそれはスズキだからどうのこうのって言うのじゃなくって、その人がスズキ1つの世界しか見ていないからだと思います。スズキじゃなくっても、始めた時からずっとずっと同じ先生だったらプロにはなれないのも当たり前なんだと思います。
色んな経験をすることって大切なんじゃないでしょうか?私だって今まで何人かの先生を経験した事がありますが、色々な先生に習うことによって色々な経験が出来たし、そこに上達できた原因があるんじゃないかなぁと感じています。
スズキ出身でプロになられてる方って、絶対スズキだけで育っていないですし。
それに、スズキと並行でソルフェージュ習わせたら譜読みは出来るようになるし、全部スズキが悪いことないと思います。(もちろん、スズキ自体悪い所いっぱいあるのも事実ですが。。。)

[4364]

腕前について

[その他]
 じゅん [03/07/09 0:50:41]

よく上手だとか下手だとか弾けているとかそうではないとか譜読みが早いとかそうではないとかってあくまでも個人的な主観でしかないですよね。
残念ながらプロの世界ではスズキだけで育った人はそういったことは平均的に見て下ではあるということです。というよりスズキだけで育った人はまずいない。運よく三流音楽大学に入れたとしてもそのあととても苦労しながら訓練をします。アマチュアレベルで考えるとするとアマチュアは年をとってから始める人も多いのもちろんスズキで子供の頃からやっている人の方が器用に弾けるし、音も出ると思われます。そしてプロであるPocciさんが求めている「正確にきちんと弾ける」というレベルと「中級以上で弾ける」と言うレベルにはギャップがあるので、ここで論議するのはあまり意味がないと思います。
私が思うに先生のスズキも個人的レベルとも言いますが、レッスン時間の問題はとても大きいでしょう。何よりエチュードもろくに勉強していない先生がどんなに指導力があったとしてもやはりエチュードを指導するのはかなり困難。というのは私自身スズキの育ちで
大学に入って何人かの先生につき、その度にエチュードなどくり返しやり直しです。そして、ソロの演奏活動をしていた時とそうでない時ではまったく指導法も変わりました。話がずれましたが、結論として、やはり経験がなければ、だめだということです。いくら指導が上手とはいえ、指導だけで生きて来た人には周りをみてもかなり限界を感じます。それはスズキにかぎりませんが。

[4363]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 CTB [03/07/08 22:53:26]

いえ、気に障ったわけではありません。
ただ、一言で鈴木といっても、上手いやつも下手なやつもいます。もちろん音のきれいな人も汚い人もいます。なんせ人口多いですから。気になったのは、十把一絡げにして「楽譜読めない」「きれいなはずの音もだめ」といった批評です。
楽譜を読む訓練をほどこさないのですから、一般論として楽譜を読めない人が多い、という言い方ならまだわかりますが、どうも身近な一例から全体を語る方が多いようなかんじですね。
あたりまえのことですが、楽器の腕前は教え方や先生だけできまるわけではなく、まずは本人がどれだけまじめに取り組み、努力をするかでしょう。ある程度の年齢になったときに、鈴木の欠点を自覚して練習に励む必要はありますが、楽器に親しむとか、素直な音が出せるとか、美点も多いことは知っておいていただきたいと思います。
鈴木出身者はアマオケで“使えない”と書いておられる方もいらっしゃいましたが、ぼくはコンマスをまかせてもらっていて(そんな下手なオケじゃないですよ)、ぼくから見ればぼくよりはるかに“正統派”で“本格的”なヴァイオリン教育を受けていながら使えないやつもたくさんいます。初見は利くけどまったく歌えない、ヴァイオリンをヴァイオリンらしく鳴らせない人を、すくなくともぼくは買いませんので。

[4362]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/07/08 21:17:22]

pochiさん、思い出しました。その当時、K.136はセカンドが難しいので、高校生の子たち数名にセカンドをやらせ、私もセカンドを(OBの立場で)手伝いました。鈴木の教室のK.136はそれより以前の話です。

[4361]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/07/08 20:46:07]

再燃ですか。
Pochiさん、Divertimento K.136は中級以上の生徒なら難しくない曲です。
スケールとアルペッジョを練習している生徒なら、初見でゆっくり正確にやって一発で正確な音程で弾けなくてはなりません。反対に初見で音程が怪しい生徒はいくらさらっても上手になりません。鈴木でない別教室では小中学校生徒の半数が参加して30人規模の合奏でK.136 137 138 の三部作を1年半掛けて発表会で連続演奏していましたよ。

[4360]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [03/07/08 18:47:12]

文盲という言葉に気が触ったらごめんなさい。

実は私も初見が利きません。そのかわり、楽譜をしばらく眺めたら弾けます。だから、弾く前には楽譜をじっくり読むことにしています。これも幼少の頃の鈴木の副作用かもしれません。

[4014]Geigr1951さん、
少し気になったことですが、モーツァルトのDivertimentoは、In Tempoで正確に弾くのはかなりの腕前が必要になります。私も、いきなり弾いても無理だと思います。

[4359]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 CTB [03/07/08 17:40:02]

ぼく鈴木で習いました。
楽譜が読めないことはよくいわれますし事実ですが、まるで文盲のような言い方をされるとそれはちょっと違うなぁと思います。耳コピーは得意ですが、それしかできないわけではありません。
一言でいって初見が利かないんです。まあプロでやっていくならこれは致命的な欠陥だと思いますが、アマチュアにとってはどうでしょう。調性のよくわからない現代曲とかならともかく、ふつうにアマオケでやる曲なら、ぼくはじゅうぶん楽しんでますよ。アマチュアでは上手いほうだと思います。
同じ環境で育った妹は音大に進みました。もちろん一流のソリストになったわけではありませんが、もちろん彼女は初見も利きます。ベルギーのコンセルヴァトワールに留学して、そこでもそこそこの評価は得ていたようですし、いまも日本でプロとして生活しています。その妹が、自分の子供は鈴木の先生に見てもらってもいます。
先生にもよるでしょうけど(ぼくの先生は生徒に室内楽なども熱心にやらせていました)、少なくとも全否定されるほど鈴木が悪いとは思いませんが。

[4031]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 中2の母 [03/06/20 9:47:09]

10歳まで鈴木メソードでお世話になりました。短所も多々あるかと思いますが、幼児期のVn導入の部分では、優れたメソードであると思います。だからこそ、限界があるものだと思います。うちがお世話になった先生は、鈴木の先生の中では、優秀だったと思いますし、今でも、親子共、尊敬しております。音大卒で、教本と並行してエチュードや音階もやっていました。最近はこのような先生が増えていると思います。また、合奏会では、第2Vnもいました。斉奏だけでなく、弦楽合奏もしていました。(チェロの教室と合同で・・・)この、弦楽合奏は、結構他の地域でもやっていたと思います。
夏季学校では、幾つかのグループが演奏しますよね。多分、鈴木メソードのなかでは、恵まれた環境であったと思われます。皆さん、おっしゃている譜読みに関しても、現在までその件に関して、問題はないように思います。それでも、もし子供が本格的にやりたいと希望した時、鈴木のお教室だけでは、無理でしょう?皆さん、結局どの時点で、どのように移るのがベストなのか?を、考えていらっしゃるのではないでしょうか?
私的な考えですが、もし本人やご両親に本格的に勉強したい希望があるのなら、先のことはわからないにしても、先生にその旨早い段階でお伝えするべきではないでしょうか?心ある先生ならば、考えて下さるのではないでしょうか?その時点で、とんでもないことおっしゃる先生はちょっと考えた方が良いかも?ご自分の限界も良くわかっている先生が宜しいかと思います。先生のご紹介で、上の先生に付ければ、わりと問題ないですよね。(上の先生が良いかどうかは、その時点で判断しなければなりませんけれど・・・優秀な先生なら、紹介先もいくつかお持ちの場合があります。)OB,OGで、そういう例がある先生なら、多分大丈夫なんじゃないでしょうか?
ただ、変わり時期は、毎日見ている、親の方が感じることもありますよね。先生との意見がずれることもあるかと思います。この、変わり時期は結構重要な気がします。早すぎても、遅すぎてもうまくいかないようです。
それは、その子それぞれですから、ご両親がしっかり見てあげるのが良いかと思います。鈴木の先生方の中には、うまい子を手元に置いておきたがる先生もいらっしゃいます。鈴木の先生方は、テープ取りや夏季学校などで、いつも組織の中で評価されています。あまり熱心でない先生の場合関係ないかもしれませんが、熱心な先生は、例えば、夏季学校のコンサートでソロで弾く子を計画的に育てている気がします。(言い方が悪かったらすみません。)ですから、そろそろステップアップする必要のある子でも、引きとめられたりすることもあるようです。
でも、鈴木出身で現在ソリストとして活躍している方たちの多くは、小さい頃から誰がみても才能があり、親がどうこうするまでもなく、先生の方からステップアップを用意していったと、聞いています。
私が、先程書いた変わり時というのは、そんな才能はなくても、音楽を勉強したいなー?と、思っている方々たちの場合です。

[4025]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ヘンデルおばさん [03/06/20 8:16:41]

娘も最初はスズキでした。素晴らしい先生方が実際たくさんいらっしゃる
のも聞いております。私的な推論で恐縮ですが、スズキの場合、多くは
エチュードをなさらないから「読譜」ができないのではないでしょうか?
実際、子供の場合、スズキをやめて、カイザーをやりだして読譜力は急に
のびました。エチュードはあの無味乾燥な音符の羅列を読まなければ
弾けないのですから、読譜のいい練習にもなると思います。スズキで
読譜に不安に感じるかたは、独学でも、エチュードを弾いてみてはいかが
でしょうか?

[4014]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geigr1951 [03/06/19 23:09:17]

第2パート弾かせる。それ、大賛成
ちなみに、全員同じ音は「斉奏」です。合奏じゃありません。
三味線はみな「斉奏」です。
鈴木を少し弁護すると、私の知る指導者の方は合宿でちゃんとモーツァルトのDivertimento弾かせていましたよ。私も助っ人したから確かです。
1985から93年頃まで某大学オケとつきあいがありましたが、鈴木派は少しいました。確かに譜が読めず、いいはずの音も駄目でした。耳で知っている曲は器用に弾けたりするからびっくりする。
根気と意志の強さがあったひとりは卒業まで続き、譜読みの力も伸びました。
あと、メソドにかかわらず、稽古と平行して子供のとき「合奏」(斉奏じゃいけません)している学生は使えます。
実は一番使える大学オケメンバーはピアノが弾ける初心者で猛烈根性で練習した女子だったりするから、この世界は面白い。

[4008]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 天音のパパ [03/06/19 22:41:05]

>このメソッドはいわゆる専門家養成を目標とはしていないのだという事は、入門時にご存知のはずですし

いやいや、それを知らない親御さんがたくさんいるのです。ですので、知らないでスズキオンリーでがんばっちゃった人は、他に意見がありますように、後で大変だと思います。って娘は今スズキなんですけどね(笑)

しかし、私の見る限り、最近のスズキの生徒さんも普通に楽譜読んでますよ。一世代?二世代?前の出身の人が読譜力のない人が多かったりするんじゃないかなぁ〜

個人的に思うのは、あのスズキの合奏会、お経とまでどなたかに言われてるあの合奏、、、、全員が同じ旋律を弾くんじゃなくて、ちゃんと、第2ヴァイオリンと分けてやればいいのにと思います。んで、第2の方は、読譜のお勉強しがてら、演奏をCDで聴くことなしで練習して仕上げるのです。
まあ、読譜でしあげるは別にして、ちゃんと第2バイオリンのある合奏にしてくんないかなぁ〜
あはは、こんなん駄目かな、、、いい提案だと思うんだけどな、、、、、(笑)

[4005]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 セグウェイ [03/06/19 21:59:47]

木戸 真理子さんのご意見、ごもっとも「鈴木メソッドに限界を感じています」への解答としては、議論が広がりすぎていますね。

しかし、鈴木メソードに疑問を感じる方は良いのですが、疑問を感じぬままに続けていた方の場合、プロに進みたい時は勿論、アマチュアを続けるにしろ、かなり辛い現実を味わうことは確かです。

スレッドの趣旨が当初とずれていることは確かですが、疑問をもたずに続けている方に、みなさん一生懸命、情報発信して下さっているのだと思います。

[4002]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 木戸 真理子 [03/06/19 20:43:59]

ちょっと 「?」なのです。
皆さんの「子供のお稽古事」に求めるレベルが何だか高すぎるような気がするのです。 子供をぜひプロに…とお考えの皆様方は別として、レベルはまちまちであっても、一生「アマチュア」として弾いてくれたらこの上無い幸せ、小学校の間だけでもレッスンに通ってくれたら御の字...という風な非常に一般的な価値観で子供に楽器をやらせている場合、「鈴木メソッド」は子供にとって、とても魅力的なアイデアに満ちたメソッドだと私は感じています。 苦しい・しんどい事は何事にもつきもの、でも 生徒である子供の様子を上手く観察・コントロールしながらのレッスンは流石のものがあるように思います。 行事・催し物もいっぱいあって(付き合わされる親は大変ですが)子供の関心を親ぐるみで音楽・バイオリンに向けてしまう...というやり方は、とてもユニークだと思います。  たいていの子供達(別にそれはピアノなど他の楽器でも同じ事だろうと思います)は、子供のとき習った楽器を大人になってから見向きしないでしょう。 楽器をやる友人と出会って、即その場で「じゃ、あわせましょう!」と、楽しく室内楽できるのは、これ相当の修行が必要です。 Vn.を習っている子供達、皆が皆、このレヴェルに達しないといけない、という事はないと思います。 実際、多くの子は達する事無く稽古を辞めていくのです。 でも「鈴木」の生徒には、音楽する事に対する非常に肯定的な感情(合奏は楽しかった、とか 合宿は面白かった、とか)が幾分残るのではと思います。 親は鬼の様に稽古をつけて、Vn.は壊してしまいたい程憎たらしかったとしても...

「鈴木」では物足りない、という感触があるならば、他の先生の門下へ入り直す。 これで結構だろうと思うのです。 「鈴木」の事を恨みに感じられたり、とりたてて悪く仰る事も無いのではと思います。 このメソッドはいわゆる専門家養成を目標とはしていないのだという事は、入門時にご存知のはずですし。

 

[3979]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/06/18 22:02:19]

ううっと、老眼が進行して。
ご指摘感謝します。囲碁気をつけますが、じゃなくて以後気をつけますが、またやるだろうなー。
そしたらまた直してくださいね。
こんな書き込みしてないで、私も初見の勉強もっとやらないとね。

[3973]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [03/06/18 21:04:30]

[3953] Geiger1951 さん
>(あっと知らない人が聴いたら驚きますがきらきら星変奏曲の、ララララララッラ、ミミミミミッミ、をスズキではこう言います)
本当にどうでも良いことなのですが、悪意は全く無いので怒らないで下さい。ラが一つ多いと思います。

[3966]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 KS [03/06/18 18:45:20]

話題が少し逸れて済みません。
自分の音が良い音かどうかは頭の中に理想の音(良い音)が有るかどうかだと思います。(低い次元ではテクニックの有無ですが。)そういう意味で小さい頃に如何に良い音(演奏)を聴かせられるか、音に集中出来るかが大切なのではないかと思います。有名なソリストでも音の汚い人がほとんどと感じてます(御免なさい)。子供の頃音が綺麗でなくとも、理想の音が仕舞い込まれていればフィードバックが掛り、何時しか綺麗な音に成ります。逆に此の音がない人は幾ら練習しても汚い音です。
来日されていたワルター・バリリさんの公開レッスンを以前受けた事が在ります。別日程の受講者の一人が真似上手で「グリュミオー、ハイフェッツ、フランチェスカッティ、オイストラフ、、、はこう弾く」と音真似(弾き真似)をして行ったそうです。それっぽくそれなりに綺麗で一同感心していたそうですが、バリリさんが「君の弾き方で弾いてごらん」と言ったとたん汚く成ったそうです。一寸有名な話です。
付録?CDは確かに感心しませんけど一生懸命聴く習慣が付くのでスズキは良さそうに感じますし(個人的には好きな OB が多いし)、日本人として応援してしまいます。私的には下の娘(チェロ)はスズキで初めましたが Pf も習っていたので譜読みは影響なし。上の娘(ヴァイオリン)は御友達に頼んだのでスズキに入りませんでした。因みに私もスズキの経験が在りません(でも子供の頃、楽器と教則本はスズキだった)。
コンクール優勝者(音が綺麗な訳じゃない。テクニックと話題性、将来性等が在る。)がスズキだヤマハ出身だと云っても、途中、最後はほとんど同じ先生に習ってるんですよね。
正直言っちゃうと、スズキ擁護と一寸矛盾しますが、先生個人の資質?次第(先生の選択が決定的に重要)で、スズキもヤマハも桐朋の音楽教室も何処も先生の所属に其れ程の決定的な影響力はないと思う。

[3952]

音がきれい

[その他]
 じゅん [03/06/18 13:10:35]

スズキの出身は音がきれい。それはとてもめずらしいですねえ。みんながりがりぎこぎこ。発表会に行ってもやはり同じで、こんなのそばで練習されたらwたまらないと思いました。でもスズキにいる人は「スズキの子は音がきれいといわれているのよね」と言っていました。きれいか「どうかというのは個人的な見解の差があるのでしょうきっと。。。。

[3949]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 天音のパパ [03/06/18 12:49:40]

@の耳がいいというのがどういうことを言うのかがわかりませんが、pochi様の言葉を拝借するなら、耳コピーが上手な人は、他と比べると多いかもしれません。
ただ、前に書き込みがあった、あの教本のCDを聴かせるのは(うまくないと思うので、、、改訂の前の演奏はさらにひどいと思う)、私もなるべく子供に聴かせることは避けさせたい、さらに下手な私の演奏模範で拍車をかけますし(笑)
それに、仮に耳コピー?の能力を高めるのにスズキの模範演奏を聴く必要ありません。他の数多くのすばらしい演奏をたくさん聴けばコピーする能力は勝手に育ってしまうように思います。聴いた歌を覚えて歌うように。
なので、娘などはこの先CDで聴いてるようなメジャーな曲を練習する時どうするのかと考えてしまいます。譜がなくてもすでに曲を覚えてしまっているのですから、、、読譜の問題はきちんと克服しないといけない大事な問題です。

話ずれました、
Aの音がきれいは、スズキでやってたからとは全く関係ないと思います。
きわめて初歩の段階で、仮に素人親のスズキの子とスズキではない子をある程度の人数で比較することができるなら、音を聴いて弾いてるぶんだけスズキの子の方がよい発音をするかもしれません。その程度の差かと思います。
以下のKS様の意見は、私もほぼ同じです。

話変わって、篠崎も教則本のCDがありますが、あの演奏はどうですか?
やはり下手ですか?(笑)

[3948]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/06/18 12:46:07]

友人がお子さんにチェロをさせたいので、某音大の子供対象講座を打診したら、楽器の前にソルフェージュ科で勉強して、余力があれば楽器のレッ
スンを行なってもよいというものでした。今の傾向なのでしょう。
譜面がよく読めるなら楽器はたやすく出来る、というのは確かです。
既に鈴木で始めているお子さんのためは、どんな手を使っても、譜面をよく読めるようにしてあげて下さい。
「暗譜で弾けるからウチの子は凄い」は間違いです。
「暗譜でなければ弾けない」だけの話で、耳コピー能力だけでは音楽は出来ないのです。スズキの親御さんはそこのところを解ってもらいたい。
たしかに鈴木で楽器が好きになり、音楽の喜びを得たという例は多いのでしょう。私もそうだったかも知れません。幸い母親が近所のお子さんたちの(全員スズキ)のピアノ伴奏を沢山引き受けていて、全教本の伴奏を覚えていたので。耳から覚えるなら是非伴奏も覚えるといいと痛感します。
またスズキメソド以外の先生でも、優れた曲集としてスズキ教本を使用する例は多いです。あれは曲の選択自体は良いものです。

[3947]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [03/06/18 12:17:02]

@スズキ出身は耳が良い人が多い
A音が綺麗な人が多い
とは、言いきれません。

スズキ出身の人は耳コピーが上手な人が多い。
なら本当でしょう。

[3946]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 KS [03/06/18 11:36:56]

皆さん、出来ましたら彼方此方見ている pochi さんの御意見を伺わせて下さい。

@スズキ出身は耳が良い人が多い?
A音が綺麗な人が多い?
は誤りでしょうか?

私の所属するオケのソロコンマスは小学校迄スズキ(才能教育)。
友人(アメリカ人)でノースウエスタンで Vn 教えてるのも子供の頃スズキ。
室内楽仲間のビオラも子供の頃スズキ。
上の3人は私の友人・先輩中で最も音が綺麗な人です(勿論譜を読める)。
偶然か3人とも入り口がスズキです。
彼等は「子供の頃、よく聞いたのが良かった」と言います。
「初めはスズキ。 → 小学校入ったら(遅くとも中ー高学年に成ったら)音大の先生か其の御弟子(本気レベル)。」
が可能ならばベストのスタートと思ってます。
子供が Vn のトレーニング嫌がったら其の儘スズキで(ペースダウンして)趣味にしてあげても良い?

私のイメージは偏見?

[3942]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/06/17 23:31:57]

二つの問題がごっちゃなので整理します
(1)プロ予備教育 勝負あり。初見の大曲を毎週一曲弾かなくては演奏家にはなれません。
(2)情操教育 ここがきわどいところですね。
(あ)(い)のどちらが正しい情操教育ですか。
(あ)音楽を自分でやる喜びを一生持てるのが正しい情操教育
(い)幼児のころ一芸に専心させるのが情操教育
スズキでそだった方たちは一生音楽を趣味にして、同好の友人を増やし、外国へいってもパーティで即席のクァルテットを結成してハイドンくらい弾けますか。
それとも、小さいころのまじめなお稽古の経験が、楽器をやめても人としてのバックボーンになるのでしょうか。

[3939]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 物言い [03/06/17 22:57:06]

オケをすることが問題なのです。
ここで言う【趣味】とは一人でやることです。
それか、ロックミュージックの様に耳コピでやる人たちでオケをするかです。
決して鈴木以外の人と交わっては駄目です。
それだけは経験上言えます。

[3935]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [03/06/17 21:53:47]

盲人向きかも知れませんね。

全員がユニゾンで斉奏するのは、お経だからです。文盲は新しいお経を耳で聞いて覚えます。先生は鈴木のお経は全部そらで覚えています。先生が弾けなくてもお経のレコードが付いています。これがまた下手です。鈴木のお経以外の経典を知るには改宗の必要があります。

[3932]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/06/17 21:12:26]

趣味で一生やるなら、譜面くらい読んでください。
ってことになると、スズキ一本やりでは「趣味」にもならないのでは?
大学オケでスズキ出身の人の屈辱は大変らしいですよ。
だって、セカンドパートの耳コピーレコードなんてありません。
合宿していて夜になると初見大会で、拷問のような目にあいます。
大学なら練習回数で誤魔化せても、社会人オケだと譜読みは基本です。

[3928]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 物言い [03/06/17 20:07:56]

暗譜というのは譜面を覚えるということです。
鈴木のそれは暗譜ではなく、耳コピーです。
鈴木の主旨はは【情操教育】です。
決して音楽家を育てるのではありません。

従って結論ですが鈴木は【趣味としてのバイオリン】です。
その線を越えてそれ以外の方とオケなりなんなりしたいのであれば
それは双方共に苦しむことになります。

同じクラシックの畑で違う方法を取るので問題が出るのです。
ジプシーやジャズバイオリンをやっているのであれば衝突はないはずです。

[3926]

多分。。。

[その他]
 じゅん [03/06/17 17:29:21]

スズキの出身で上手な人とかスズキの先生でもプロにさせた人がいるとかよくいいますけれど、私が思うにスズキで受験指導をされたというわけではないと思います。子供のころスズキだったけれど、ある時先生をlかえて、音大に受験をしたとかそういう話なのではないでしょうか?そういう話でしたら、スズキは大きい組織ですから、たくさんいるでしょう。例えば、ヤマハの場合、今回チャイコフスキーコンクールで優勝した方のように、特別なマスタークラスのようなものがあると聞きます。そこからプロになった場合、確かに「ヤマハ出身」でしょう。スズキに最後のさいごまでいてソリストになった方ってどのくらいいるのでしょうね。経歴によくスズキメソード出身とは書きますけれど、まさか高校を卒業するまでいたわけではないでしょう。今の30才越えるぐらいの年代はバイオリンといえばスズキというように音大を出られた方が特に地方にはいなかった時代です。多くにしてスズキの出身が多いはず。「ここここの教室でプロになった人は何人もいるのよ」と先生が言ってもどの程度までいたのかはわからないし、プロになった人がどの程度「スズキでバイオリンを教わった」と思っているかはわかりません。スズキ出身ということとスズキでバイオリンをきちんと教わったということはかなり意味が違います。ちなみに私はスズキでバイオリンを教わったために(高校を卒業するまで)大変がことになりました。何しろカイザーをやったことがあるとか音階をやったことがあるというだけで、何も教わりませんでしたから。そのよういなものをやったということが重要なのではなくどのようにやったかが重要なのです。

[3917]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[お稽古]
 鈴木 珍事 [03/06/17 12:15:27]

私は大人になって鈴木メソードを始めました。幸いすばらしい先生で、ほめじょうず、他人(他の先生、他の生徒、父兄など)の悪口を言わない、生徒を否定しない、上達するまで根気よく待ってくれる方で、気持よく長く続けられています。多くの生徒が、音大に合格し、一流オケ、アマチュアオケでコンマスしている卒業生もたくさんいます。コンクール入賞者もかなりいます。すすみ具合により、初級、中級、上級と別れ(レッスン料も上がる)、上級から音階など別教材を混ぜています。私はフリマリー音階教本をやってます。譜読みもこの頃からのようです。レッスン時間は今は30分。60分でもやって下さいますがレッスン料が上がるので30分で我慢してます。Vnがうまくなれるかどうかは楽しさ次第、本人のやる気次第だと思います。鈴木メソードのよいところは繰返し練習の大切さを認識することです。また、あまり才能がなくても相当なところまで(たとえば、モーツアルトのコンチェルト)弾けるようになることでしょうか。しかも暗譜で。1年に4回の発表会でソロと合奏をやります。そのたびにそれまで練習してきた曲をほぼすべてさらいなおすのですからかなりの練習量になります。外部のかたから見たらコンチェルトの大合奏など音楽性がないように感じられるでしょうが、これはさらった曲の復習なのです。音大に行きたいと思われて鈴木メソードでいいのだろうかと思われている方は先生に相談されて先生を変るなりされたらよいと思います。こんな相談で立腹されるような先生でしたら早速替ったらよいと思います。

[3911]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ももちゃん [03/06/17 8:59:07]

息子ですが、3歳前より6歳前まで鈴木で年配の先生にお世話になり、
違う角度からのレッスンを望んだ私の考えでやめ、
その後現在小2ですが個人の先生に習っています。
鈴木をやめるとき、1ヶ月、先生と電話やレッスンの後など話し合いが続きました。
「親として間違っている」「この子は鈴木が合っている」「楽しく弾いているこの子に今後苦しみを与えるつもりか!」
とたくさんのお叱りを受けました。
それでも私の考えは変わらず、合奏の終了後、今日で最後になります・・・
と先生に親子で挨拶したところ、先生は子供の手をぎゅっと握り
「いつでもかえってらっしゃい」と言われました。
鈴木ではいい勉強をさせてもらったと思います。
音感もさることながらなにより一番感じるのは、暗譜の早いことです。
今の先生では、最初まったく曲を弾くことを中止され
開放弦のボーイングの練習からでした
読譜については鈴木にいても、自分で補強していくことは可能だと思います。
私がちょっと困ったなと思った点はテンポ感かな〜・・・
いいとこも悪いとこもやっぱりありますよね・・・

[3909]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/06/16 23:41:33]

1日何時間もさらうような、熱心な人なら、スズキだろうとタヌキだろうと、本人次第であることは、それはその通りでしょう。
のんべんだらりと続ける大多数の人。サッカーやって女の子とデートして、その彼女を自分がタイスの瞑想曲弾く発表会によび、週の半分はロックバンドやって、それでもViolinやめない茶髪の高校生がいましたが、彼はスズキでなくて幸いしていると思います。そういう「その他大勢の善良な生徒たち」を私は大切に思います。

[3907]

一部の例外

[その他]
 天音のパパ [03/06/16 22:57:55]

ヒラリーハーンも、導入部ではアメリカのスズキでしたよね?
こないだのロン・ティボーの山田晃子さんは、お母様がスズキの指導者と聞いています。渡辺玲子さんも、導入部はスズキだったような。
スズキでがんばってやってる人がこのスレ見たらパニック起こすかもしれないんで(笑)、いいことも書いときましょう。(一部の例外ですが)

スズキは、人数多いですから、技術レベルの人口ピラミッドをつくったして、最下部に当たる技術レベルの人の輩出量の絶対数が多い。
前の私の書き込みの、専門に進んだ1〜2人がスズキの中では、まぁ上位レベルとしても他の498人は、どういうこっちゃってことですよね。最下層レベルの絶対数が多いから、アンチスズキ意見も非常に多いわけです。

僕は、某オケの団員だった方に、幼少から高校まで手ほどきを受けましたが、腕はろくすっぽ駄目で、ドロップでした。スズキで何年もやってる人の方が全然うまいし、譜も読めるはず(笑)

スズキでも出るやつは出るし、個人のいい先生についても出ない奴はでないんです。

我が子も”今はまだ”スズキでがんばってますので、こういう場所で、スズキの弱点を情報吸収させていただいて、指導の補完に役立てたいです。

スズキの皆さんがんばりましょう!(笑)


[3906]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [03/06/16 22:51:30]

それがアメリカでは例外ではないのです。子供に対するヴァイオリンの導入には肯定的に受け入れられています。但し、鈴木だけやっていれば良いかというとそれではダメです。子供がやる気になったら、鈴木教から改宗する必要があります。「鈴木メソードに限界を感じています。」というのは正しい認識だと思います。

[3905]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/06/16 20:25:35]

一部の例外の話題だったら、どんなすごいことでも言えますね。
普通のありふれた、一応音楽が好きな生徒とその親にとってスズキは得策でないと思います。
アマオケでは楽譜の読めない人間はやっていけません。楽譜を読んで自分で音を作れないアマチュアくらいに始末の悪いものはありません。
楽譜読めない人は、まァ、スズキの先生になればいいのかな。

[3896]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [03/06/16 16:56:57]

アメリカでも鈴木メソッドは有名です。LA Symphonyのオウディションを受けたとき、最終選考で一緒に受けた凄く上手な人が鈴木メソッドで手ほどきを受けたと言っていました。あんなものは3年で全部終わったとか生意気な事を言っていましたが、彼を含めて全員不合格でした。ジュリアードに特待生で入ったものの先生と喧嘩して辞めて違う学校に入り直して卒業直前にオウディションを受けたんだそうです。鈴木で手ほどきを受けたからといって上手になれないとは限りません。ちなみに私が一番下手でした。

[3895]

スズキの先生

[その他]
 じゅん [03/06/16 16:46:54]

スズキの先生は多かれ少なかれ天音のパパさんが言っているような考え方でしょうね。だってそれがスズキの神髄ですから。音大にいかなくても音楽はできる。確かにそうです。でもスズキにいたんじゃ音楽はできない。(笑)
だってテクニックはつきませんから。テクニックがなくても音楽ができるとおもえれば、それでいいのかもしれませんけれど、やはりテクニックがなければ、自分が思う様な音楽もできないのも事実。できたつもりでいいのはアマチュアです。私の知る限り、スズキの先生でも真面目に勉強をした方はやめていってますね。逆に音大を出ても、スズキのやりかたに共感をして入っていく人もいるのも事実。それととりあえずスズキに入れば、生徒も紹介してもらえるし。

ずうっと昔スズキにはまりこんだ親子がいました。スズキでもとっても有名で演奏旅行までいきました。でも今はスズキの先生です。その人曰く「あの方は音大にしか行けなかったのよね。」スズキにいることが一番だと思っていらっしゃるようです。
でもスズキってそういうところよね。。。。

[3891]

合奏会

[その他]
 天音のパパ [03/06/16 12:09:04]

先日、スズキの合奏会の席で、あるベテランの先生が言ってました。
”私は音大出たわけでもない、、、音大行かなくても音楽は出来るのです、、、、(中略)、今まで500人近い生徒を指導してきましたが、専門の未知に進んだ方は、一人か二人です。スズキは、音楽の専門家を育てるところではありません。すばらしい人間を育てるところなのです。”と、、、、、、
ようは、そういう所なのです。
私から言わせれば500人も指導して専門の道に進めさせることが2人しかできなかったちゅう事だろと思います。そういう先生もいるのです。
娘の先生が仮にこの先生だったら、私はすぐに別に移ります。(笑)
今の先生は、スズキでもそういう先生じゃないみたいなんで、、、、


[3865]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [03/06/14 23:06:13]

3歳や4歳の子供に楽譜を読めというのは酷なので、レコードの真似をさせるのも一つの手ですが、近くに一緒に弾いてあげる人がいるのなら、その方が良いでしょう。親がピアノを弾けるのなら、鈴木は伴奏譜が付いていますから便利です。

鈴木以外の先生はいくらでも居るでしょうから、鈴木を敢えて選ぶ必要はないと思います。鈴木で手ほどきを受けたせいか、私は今でも譜読みが下手です。現代曲などでは苦労します。

私が中学生の時、メンコンを6ケ月で仕上げました。とにかく多くのレコードを聴きまくれと言われたことを思い出します。当時現代の様な録音機器があれば、自分の演奏を録音して問題点を楽譜に書き込んでいたことでしょう。使い方にもよりますが、レコードを聴いて真似をすることは現代でも良い練習の一つです。

パールマンがソロで、オケのメンバーとして共演したことがありますが、音程が悪いと思います。別のスレッドで話題になっているピタゴラスがキチンと取れていません。テクニックは物凄いと思います。チョン・キョンファは共演したことがないのでわかりませんが、聴きに行ったコンサートでは上手でした。

[3863]

私の場合。。。

[その他]
 じゅん [03/06/14 22:50:42]

レコードが上手かどうかということより教えていた先生がとにかく下手だった。幼少のころより「先生も音程悪いし音も汚い」と思ってきました。でもそれを言ってしまったら、「自分のことを棚に上げて」と親に怒鳴なれ、無理矢理上手だと思い込んで来ました。「こう弾くのよ」と弾いてくれてもなんか下手。どうすればいいの?という疑問でいっぱい。あるときバイオリンの先生とバイオリン奏者とは違うんだと思うことで、自分に決着をつけました。でも本当はバイオリンが弾けなくちゃ教えてはいけないような気がします。ヨーロッパでは演奏者の資格より指導者の資格の方が難しいとか。日本はなんだか逆ですね。。。。
スズキのように「まあバイオリンでもやっていたしスズキで教えようかなあ」とお気楽に教えている人が多すぎます。そうそうちなみにスズキではないですけれど、私の近所に大学オケからバイオリンを始め、今バイオリンを教えている人がいます。生徒の出来はスズキとかわりませんでした。

[3861]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/06/14 22:31:11]

当意即妙なPochiさん。西洋音楽の諸法則、とはまた物凄い崇高なテーマにワープしてしまった。チョンキョンファやパールマンならいいのですか。きっと失格なんでしょうね。私は大昔の志田さんや豊田会長の時代を間接的に知っています。あの時代、スズキの指導者の水準については、言うもおろかなものでしたよ。音階ひとつ満足に弾けない先生が教えるより、せめて豊田さんのレコードでもあったら、いくらかましだった。
でも、レコードを聴いて真似する時代はもう過去のものだ、って思うんですか、如何ですか。

[3859]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [03/06/14 22:16:18]

40年前にCDがあろうはずも有りません。昔はレコードです。あの演奏は、西洋音楽の持つ諸法則を全く無視しています。

[3858]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ともりん [03/06/14 21:57:00]

補足です・・・
3巻までは鈴木先生、4巻からは豊田先生の演奏が録音されてるようですよ。アップデートされたものかはわからないですけど・・・
以前はレコードだったのでしょうか?現在はCDになってます。

[3857]

鈴木メソードの限界

[その他]
 pochi [03/06/14 21:37:31]

>手本が下手とか上手ということが「本質的な批判」ではないのです。譜面を読むようにさせない指導方法には致命的な欠陥がある

私の鈴木批判の論点は少し違います。譜面を読まなくてもヴァイオリンが弾けるようになるという(門前の小僧が習わぬ経を読む)指導法が前提なら、聴かせる模範演奏(和尚さんのお経)は上手でなければならないというものです。譜面を読むための練習は鈴木以外に付加すれば問題ないのですが、下手な模範演奏を真似するのはダメです。

模範演奏が国際音楽コンクール優勝者の演奏と大きな違いはないのなら、私の時代から模範演奏のレコードはアップデイトされているみたいですね。

幼少の頃、鈴木でヴァイオリンの手ほどきを受けるのは問題ないが、10歳位で他のエチュードを真剣に始めないと後悔することになると思います。鈴木の先生も千差万別ですから、10歳までの練習が全く無駄になるとは限りません。

[3854]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 Geiger1951 [03/06/14 20:27:46]

手本が下手とか上手ということが「本質的な批判」ではないのです。
譜面を読むようにさせない指導方法には致命的な欠陥がある。
戦後の日本で急速にViolinを弾く少年少女が増大した功績は評価するに吝かでありません。小生もスズキのおかげで最初の手ほどきを3歳で受けたことは、今となっては感謝している。スズキメソドから志田とみ子さんと豊田現会長以外演奏家が育たなかったのも、日本のクラシック業界の後進性からしてやむをえない。でも今の時代にはもっと優れた教育を得られるチャンスもある、ということでしょう。

[3852]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ともりん [03/06/14 19:40:23]

スズキの曲教本に付属しているあの演奏、私は下手とは思いません。
もっとも、4巻の曲しか聴いておりませんが・・・
素人が目標とするには充分すぎるほどの出来と思いますが
いかがでしょうか?
昨今の自称天才少女達や何々国際音楽コンクール優勝者の演奏と
大きな違いはないと思いますよ。

[3839]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 jugemu [03/06/14 13:02:10]

鈴木の批判はしたくないのですが、やはりその子がある年齢に達して今までやっていたことを否定されるのはかわいそうだと思います。(譜面が読めない・ボーイングが下手等)
いつ気づくかにもよるのですが、中学生以降にそういった事態が起こるとこれはその子の人格にも左右してくる問題かも知れませんね!
大抵の方は小学校の3〜4年ごろに親が何らかの情報を入れてくるので気づかれるようですが、例えば4歳から10歳までを鈴木で習われた方は今までの6年間を否定され、一からやり直しをさせられるわけです。たまったものではないですよね!

[3836]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ヴィオリーネ [03/06/14 10:13:38]

あ、あのついてるCDってやっぱり下手なんですね!私は鈴木には全く縁の無い部外者なのですが、鈴木の4巻と5巻と8巻だけ何故か使いました。それらを使った小学生の時、「このCD下手くそ!」と思っていたので、もっと違う演奏家が弾いている他のCDを買って聞いたりしたような気がします。今高校1年生なので申し訳ないですが、あれよりはマシに弾ける。。
私の学校のお友達にも鈴木出身の子が僅かにいますが、私から見ると譜読みとかソルフェージュとか全くダメです。オーケストラの授業があって、良く大初見大会があるのですが、全然弾けてません。本人も「譜読み出来ない・・・・」とか落ち込んでいるみたいで、とても辛そうです。又、その子は鈴木を中学校に入る頃には辞めていて、今学校で習っている先生に変わったそうなのですが、持ち方とかそう言うことも全部含めて基礎からたたきなおされたみたいです。先輩にも同じような人がもう1人います。その人たちは先生変わってから伸びたみたいです。だから、鈴木が合わないと思ったら先生変わるべきみたいですね。
でも、譜読みが出来ないのはどうにもならないので、前の書き込みにもありましたがソルフェージュのお教室にも通わせるのが正解かも知れません。
それから、先生によってもちろん違うと思うけど、その「才能教育研究会」って言うのがあってマニュアルみたいなのがあるんだったら、根本的にはみんな一緒って感じになっているのでは?と想像しています。
部外者の勝手な発言お許しください。。

[3833]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [03/06/14 4:30:47]

最も本質的な批判を加えておきます。付属しているレコードの演奏を聴くと下手です。あれを耳で覚えて弾いても上手になるわけが無いと思います。こんな上手に弾けたらなあと思っていた昔が懐かしい。門前の小僧が習わぬ経を読むのなら、和尚さんのお経は上手でないといけません。私はあれを聴いて育ったから上手になれなかったのかも知れませんが、鈴木から離れて、レコードよりはマシに弾けるようになりました。ところで、録音はアップデイトされているのでしょうか?

[3830]

少し話は違いますが、、、

[その他]
 pochi [03/06/14 1:30:34]

E・A・D・Gの解放弦は、エー・アー・デー・ゲーと独語で聞こえます。安物の楽器だとイー・エー・ディー・ジーと英語で聞こえますね。

[3827]

スズキの問題点

[その他]
 じゅん [03/06/14 0:23:27]

第一にスズキの先生はスズキのやり方しか知らないと言うこと。いくらカイザーやスケールをやっていますと言ってもやるだけぢいのですか?できないところをチェックするだけでいいのですか?ちなみに私の先生もやってくださいましたが、先生御自身がエチュードで何をどうやって練習すればよいのかということをまったく知らないようでした。考えてみてください。スズキのレッスンは1レッスン30分弱。例えその中で先生御自身が経験してきたとしても曲重視のスズキで何をやってきたのでしょうか?スズキのシステムが変わったと言っても先生方がみな対応できるのでしょうか?スズキは研究科卒業をして、長野へスズキのやり方を講習に行くのです。それは毎週ですか?少なくともスズキ以外の音大卒業の方は大学で毎週レッスンをされ、試験で自分の演奏に対して点数がつくという経験をしているのです。そして、演奏以外でも楽曲の分析や音楽についての基本的な知識も教わるわけです。スズキの先生はスズキでどの程度教わるのでしょう???バイオリンを教えるというのは音楽を教えるはず。教えるには理屈も必要。理屈はやはり勉強しなければ、わからないと思います。。。。スズキもピンきりといいます。私はスズキでも有名な先生と史上最悪の人と両方つきました。が今思えば、その差ってはたから見れば、そんなに差はないですね。はっきり言って。スズキはお花や茶道の師匠の免許をとるようなものです。それでいいのでしょうか?

[3809]

先生によるんじゃないですか?

[その他]
 天音のパパ [03/06/13 10:31:56]

スズキの先生ピンきりみたいです。
うちの子は、1年になります。
スズキの中でもいい先生だと私は感じています。

しかし、先生に欲や疑問をいだくとキリがないですねぇ〜。
でも、スズキは話を聞いてくれる先生が比較的多いのではないでしょうか?あくまでもスズキという看板下での先生ですから、個人レッスンの先生には、とてもいけないようなことも聞けるのではと、聞いてしまっています。(笑)
こういう点で不安だとか、スズキの弱点を把握した上での質問などは、
今の先生は答えてくれます。スズキの弱点を把握した上での相談や質問は、今後のスズキのためにも役にたつと思いますしね。
もちろん先生の回答に納得する時もあれば、やはり不安が残ることがありますけどね。

”音階、カイザーの練習がなくて不安です”の内容について、先生にきちんとお話されたことはあるのでしょうか?もし仮に”私はエチュードはしません”の回答がきたとして、”どうしてか?”ぐらい聞いてもいと思います。
私などは、”読譜の問題はどのようにすれば”とか”どの時期から”とか、
”曲以外に、別途エチュードはやらなくてもいいでしょうか?”等など
スズキの盲点については、今からガンガン質問して先生を困らせてしまってる?!(笑)くらいです。

上記の質問については、幼児期で我が子の演奏レベルならという観点からも、ほぼ的確なアドバイスをいただいて、現時点では納得してます。まあ今すぐ、4歳から考える問題ではないですしね(笑)
まずは、先生と私と子供とで決めた1〜2年後の演奏達成レベルをこなすこと、その上でまたその先のお話し合いをしたいと考えてます。
ろくすっぽ弾けないレベルで、あまりにもお門ちがいな質問もなんですしね。

ようは、スズキに限らず、
先生ときちんと話し合いをできるようにすることだと思います。
食い違うようなら、先生、変わるんでしょうね。




[3733]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ただいま2巻 [03/06/08 21:18:34]

こんにちは。娘が現在教本の2巻半ばを練習中です。最近先生から楽譜を見て指番号を言う練習と、音名を言う練習をするように宿題をもらいました。少しづつですが、家で練習しています。これを続ければ、音譜は読めるようになると思っています。

[3678]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 セグウェイ [03/06/03 23:15:57]

私は大学でオーケストラをやっていましたが、調性のあいまいな近代曲をやったときにスズキメソードのみでヴァイオリンを学んできた人は楽譜が読めないという傾向を、強く感じました。覚えにくい曲を弾けるようになるのが極端に遅いのです。

もっとも素晴らしいヴァイオリニストの中にも、少なくともきっかけはスズキだったという方は沢山いるのですから、自分にあわないと思ったときの柔軟性さえあれば、それほど忌避すべきであるとは思いませんが。

[3663]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 mohe [03/06/03 2:08:40]

3歳から中学2年まで鈴木メソードでヴァイオリンを習っていた者です。
私が習っていた先生は、卒業曲を1000回も弾くことを強要したり、「あなたは〜だ」などと生徒を否定するような人ではありませんでした。カイザーもレッスンの最初にやりましたし、カイザー以外にも教則本をやりました。おかげで私は楽しんでレッスンに通いましたし、今でもヴァイオリンのみならず音楽が好きです。
メンコンをやり始めたときに中学の部活の顧問から、「部活(ソフトテニス)かヴァイオリンか一つにしろ」などと言われ、部長であった私は部を選ばないわけにはいきませんでした。そのときはひどく落ち込んだのを覚えています。
ヴァイオリンを習い始めの頃、私はこのような練習(私としては練習ではなく楽しみだった)をしていました。たとえば、ちょうちょうを弾く時、うれしいちょうちょうだとか、悲しいちょうちょう、ピンクのちょうちょうだとか、自分でイメージしたように弾いていました。家での練習の参考にして頂ければ幸いです。
鈴木メソードは鈴木慎一先生が亡くなられてから、あまりよくなくなったように思います。その頃にはもうやめてしまっていたので詳しい事はわかりませんが、指導法が変わったのかもしれませんね。
何にしろ、苦しい思いをしてまでレッスンを受けるのはどうかと思います。才能教育どころか才能を潰してしまいます。教育者としての面も備えた先生をお探しになったほうがよいと私は思います。
鈴木メソード出身者には楽譜を読むのが苦手な人が多いというコメントがありましたが、確かに私は読むのが苦手です。一応読めますが遅いです。しかし同じ先生に習っていた姉はスラスラ読みます。人それぞれなのではないでしょうか。ただ、鈴木メソードで習った人は音を聴いただけでそれを自分で弾ける(いわゆる耳コピ)という人は確かに多いように思います。
オケで精一杯というコメントに関しては、私はレッスンの先生の生徒で構成されたジュニアオケに入っておりましたので当てはまらないかと…。慣れだと思います。
とにかく、鈴木メソードといってもいろいろな先生がいらっしゃいます。鈴木メソード以外にもいろいろな先生がいらっしゃいます。よい先生に巡り会えると良いですね。
P.S.長い文章ですいません。

[3546]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ブルッフ好きおばちゃん [03/05/24 19:46:25]

うちの娘もスズキで長年教えていただき2年前に辞めました。
2児のママ様の言われる事悩み、、、本当に良く分かります。
スズキの難しさ(先生にもよるのでしょうが)は、曲の中で音程も奏法も直され、なおかつ曲も曲として仕上げなくてはりません。
その上卒業曲は1000回弾くことを要求されます。
ラフォリアもバッハの協奏曲も1000回練習しました。
曲の中で嫌と言うほど奏法を直されたり、1000回同じ曲を弾く事を強要されることが一般的なヴァイオリンの教え方でないことを知ったのが遅すぎました。
曲の進みも遅く同じ曲を一通り弾けても1年練習していた子もいました。
音楽は楽しむものです。
少なくとも私達親子は人間教育以前に「忍耐」を学ぶような練習方法についていけませんでした。
今はスズキ以外の先生につき楽しく練習しています。
奏法は、セブシック、カイザー、他2冊で学んでいます。
「あと2年早かったらね。」と今の先生に言われました。

苦しいだけの音楽などありえませんよ。
新しい素晴らしい先生との出会いをお祈りいたします。

[3543]

私も。。。

[その他]
 ひかる [03/05/24 1:07:22]

私も同じことをスズキの先生に言われました。「あなたは耳が悪い」でもなんとか音楽大に入りました。指導者となった今ひとつ言えることは音程をとるのは耳だけではない。それにともなった技術がなければ絶対にとれないということ。今思えば、そんな技術スズキからは一度も教わったことはない。「あなた耳がいい」と大学にはいってから始めて教授に言われました。親もスズキも私も私は根本的に耳が悪いと信じていました。限界もずっと感じていましたけれど、なんとか根性と努力だけでリサイタルを開ける(あくまでも田舎で小さいですけれど)ようにまでなりました。
「あなたは出来ないわけではない」そう教授に言われてからはその言葉だけを信じやってきました。私のバイオリン人生はそこからはじまったと言っても過言ではありません。
でもあの時親にもう少し疑問を持つ力、そして私の能力をもう少し信じてもらえたらもう少し違った人生が歩めたかもしれません。
とにかくスズキの先生は(人ゆよるのかも)自分の指導能力よりも子供の力、親の力に頼り過ぎだと思います。
指導者の私は出来ないことがあると必ず「どうしてできないのか?」とかならず原因を探すようにしています。それは自分の歩んで来た人生を教訓にして。。。

スズキにも確かに上手な人もいるのかもしれませんが、残念ながら、素人が見て上手というのとプロからみて上手というのにはかなり差があるようです。
素人のお母さんが「あの子上手ね」と言われる子はかならずしもそうではないです。。。。かわいそうですが。でも本人はその気になっているのをみると「早く気が付いて」と祈らんばかりです。まあ人のことなのですが。

[3542]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 2児のママ [03/05/23 23:43:46]

妊娠発覚で井深大さん著の3歳からでは遅すぎる等など読みあさり
妊娠中にはEDA才能教育に足を運び、
息子が3歳の時に鈴木メソードを始めました。
親族中どこを探しても学者ばかりで、音楽に携わるものは全くいないので、
あくまでも、頭のいい子に育てるためだけに始めました。
馬鹿みたいな本当の話。
今年で4年目になりますが、ひたすら音、音程、音符との戦いです。
親の私にわからないことをあたりまえのように子供に指導することを求められ、
毎日、練習をする時間になると地獄です。
ホルモンのバランスが崩れればヒステリーにもなり、
一度、食後に練習したときにしゃくり上げて泣き、ヘントウ肥大ぎみのうちの息子は、もどしてしまいました。
あくまでも、自分の子供はかわいいし、親ばかだけど天才にも見える。
しかし、お教室へ行けば、君は音痴だ。1度言われて直せないと
どうしようもないよ。あかぬけない、今の言い方をすればダサい。
そして、最後に付け足したように、だいぶ上手になりましたよ。
そして、うんざりしながらもほっとして家に帰り、私が子供に指導する時にも
先生と同じことを言ってしまう。音楽と言えば琴しかやったことのない
無知な私の弱みなのです。せつないかな。バイオリンは大好きなので親子共々
つずけたいけど
とうとう、最近ゆきずまりもピークになり、ジュリアード出身の先生の
門をたたきました。
教育学も学ばれている為か、お人柄かとても優しく受け入れてくださいました。
これから、リハビリをして少しずつバイオリンを楽しみたいと思っています。

[2923]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 じじ [03/02/19 13:47:19]

達磨さん、かなさん、なっぱさんありがとうございます。
譜面を見て抑える弦や指がわかると言うことは譜面を読んでいる
のですね。譜面の音の高さをパターンとして記憶しているのですね。
全く譜面を見てないわけではないと考えてもいいのでしょうか。
そのパターンはヴァイオリンだけなので譜面をみてピアノは弾けないということなのでしょうか。
口移しで一つ一つ手取り足取り教えるのはやはり母親か父親ですよね。
子供に負担が少ない分親の負担が大きい様な気がします。どちらをとるかですかね。それぞれのお子様や親御さんの性格でその子にあったメソッドがあるのですね。
自分で考えると言うことを始めたいのなら今までやっていたパターンを抜け出して新たな物にチャレンジすることによって今までの良い所も見えてくるし、新しい何かも発見できるということもありますね。一度外から今までいた場所をのぞいてみるのも面白いですね。

[2908]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 なっぱ [03/02/18 13:19:40]

じじさんへ
私はスズキで3歳から13歳まで習いました。教本の4巻ザイツの協奏曲で辞めてしまいました。30歳になった現在、半年前から17年ぶりにレッスンを再開したのですが半年たった今、辞めた当時の4巻の教本で練習できるに至りました。スズキで学んだ方の中には確かに音符を読めない方も私のようにいるかと思いますが例えばシの音符を見たとき音符をシと理解する以前に指が勝手にシの場所を押さえているというような感じだと思います。現在、音符の勉強に励んでいます。全音・半音の関係や長調・短調など、私にとってはひじょーに難しい!おそらく幼少の私には理解不能だったでしょう。そういった意味で幼少時にスズキで学べたことに感謝してます。もちろんバイオリンを趣味としてゆく者のレベルの話ではありますけどね。ご質問の返事になっていないかもしれませんが、指が音符の理解なしに動き得る、ということはあると思います。

[2906]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 かな [03/02/18 9:23:23]

譜面を使わず 曲を弾く方法、昔習っていた頃の ごく小さい子の一例ですが、口移しとパントマイムみたいな感じです。
まず先に教本のレコードを聴いて曲を覚え
それからひとつずつ手取り足取り 教えます。
弓を持つ手をいっしょに持って動かし、A線の1の指を押えましょう、
というように左手を教えていきます。
ひとりで弾き出すと指で弓の方向を指示したり叫んだり(?)もします。
そうやって4、5歳で 4巻のビバルディのコンチェルトまで
弾いてしまうツワモノもいます。

そうやって最初に教えてしまうと、2〜3巻くらいで
楽譜を見始めても 音名ではなく何線の何番、という風に
音を追ってしまうことがあります。

でも今までのように意識して楽譜を使わない、とか
音階を使わず何線の何番の指という形で教えるという方法は
体制が変わって減っていくと思うので 楽譜の読めないスズキ、
というのも変わるのではないかと期待しています。

ただ音符を読めないのはスズキのせいではなくて
一律に学校教育でやってる音楽の授業での問題のほうに
なるのではないかと思います。
音楽の習い事をしていなくても授業で覚えてスラスラ読む人も、
たっくさんいるわけですから。
いくら教えても、算数が出来ない子がいるように
楽譜が読めないのは個人差かと・・・・・・・
それに高校生からピアノを始めたって十分楽譜を読めるように
できたので 小学生が楽譜を読めないからと
目くじら立てなくても だいじょうぶだと思っています。

[2905]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 達磨 [03/02/17 21:15:17]

子供が知らず知らずのうちに母国語を覚えるように曲を覚える教育方です。大家の演奏家たちの曲(音楽)を繰り返し聞いて覚えると言った具合です。私は最所のうちはこの方ほうでいいと思います。曲がある程度引けるようになったら、符読みを開始すればいいと思います。言葉がしゃべれるようになってから、文字を勉強する具合に。

[2892]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 じじ [03/02/16 2:35:49]

ちょっと疑問です。
スズキメソードのことは何にもわからないもので・・・。
譜面を読めなくてどうやって曲を弾くのでしょうか。
それともコンチェルトくらいになると読めるようになってるのでしょうか。
新しい曲に入る時はどうしてるのでしょうか?
ちょっと気になってしまったもので。教えて下さい。

[2872]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 vc-y [03/02/14 22:18:16]

チェロひきですが突然書き込みします。。。
鈴木メソッドからのプレイヤーはまあ良く弾けてるのですが、
楽譜を読むのが苦手な方が多い気がします。
いままで出会った人のおおくは、たしかにコンチェルトとか器用に弾きますが、オーケストラでは苦労をしています。
初見が苦手、合わせるのが苦手。自分が楽器を弾くので精一杯、といった感じです。
かつて一時代を築いたメソッドですが、いまとなっては音楽へのアプローチとしてはもう古いのでは、と思います。
模倣と音から入るというところで済ましてしいがちなので、そのへんが足りないのでしょう。足りないところは別の指導を受けて補うのがいいのでは。

[2871]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 一個人 [03/02/14 21:01:32]

鈴木メソードが悪いとは思いません。
どちらかといえばきちんとした指導体系を独自に持ってるので良いと思います。
ですが、言えることは譜面を読まないことにどの程度、本人・親が耐えられるかということです。
実際、鈴木と平行してソルフェージュをやらせてる方に名プレイヤーは多いです。
要は本人・親が何が足らないかを見抜く力だと思います。
音大コースだけに通っていても物足らないものはありますよ!

[2870]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 col [03/02/14 20:51:14]

この前ロンティボーコンクールで優勝した山田晃子さんはスズキメソードからはじめられたようです。実際には12、3歳ごろからフランスの音楽院に行ってたそうです。きのうのNHKでやってました。

[2817]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 のばら [03/02/09 23:59:14]

 私の時代(趣味ですが)から現在は娘がスズキでお世話になっていいますが、ずーっと何か違和感を感じていましたが、娘を習わせてますます実感しています。
スズキは確かに子どもの心を育てる云々言っていることは本当に本当にすばらしい!!のですが・・・
結局先生の言いなりというか、先生の思っている通りに行動(演奏ではなく)できるよい子のみ認められるのではないのでしょうか?そうでないと、親も努力をしてもとてもストレスを感じるところだと思います。
また、いわゆる”よい子”は先生もほんとーに淡々とマニュアルを教えられるので、楽だし、失敗もありません。
そうではない子の場合は思うようにいかないので、先生自身の本質がでてしまい、何もできません。
それを、きれい事を並べて問題をすり変えているような気がします。
娘の先生など、どーどーと心を育てるといっておきながら、悪い例えとして名前こそ出しませんが他の教室の生徒さんの悪口をへーきで言ったり、無神経な言葉はあたりまえです。はっきりいって、人間としてのモラルにかけていると思います。
他人の演奏を聞かせる方法も、結局は先生があおっているようなところがあり、親同士もきまずくなります。

また、小さい子がバイオリンを持ち弾くということで人の目を引くのでしょう。
最近では2.3歳の子に早期教育をさせたほうがよいのかとても疑問に思っています。お稽古を習慣にする・・・といっても親がやらせるのですものねぇー!!お稽古の30分のなかで、5分でも10分でも子どもが集中しているのを見逃さず、先生も飽きさせないように教えるなどといってもそれを実行している先生はいるのでしょうか?あたりまえですが練習は結局面おなじことの繰り返しだと思うのですが、言ってることだけはすばらしいのです!
それならば、バイオリンだけを教えるというほうがすっきりしてていいです。

[2796]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 メイメイ [03/02/06 17:20:14]

『大した事無い』私もこれは子供に向けたつもりは無かったのですが、言葉が足らなかったと思います。当時、わが子は開放弦の真っ最中!自分の子供と比べたり、ましてやウチの子1番!だなどと思うはずも無く(それほど愚かではないつもりですが)ただ、レッスン見学時の違和感は何だったのか、これまでの『スゴーイッ』と言うイメージとの違いはどうしてなのか?全ての教室がこうなのか?とても驚いてしまった、、、。と言う事だったのですが、私の勝手な違和感や、疑問でしか無い事を書いたのは、確かに余計なお世話だったと思います。これから言葉に気をつけなければと反省しきりです,本当にごめんなさい。やすさんの言葉は重く受け止めています、ややもするとそうなってしまいがち、気をつけます。息子ともどもいつまでも音楽が好きでいられる様に、と。

[2793]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 やす [03/02/06 16:08:22]

「大したこと無いね。」私はよくスズキに対して口にします。それは子供本人というより、もちろん先生に対して言っています。子供も親も先生も「バイオリンはスズキ」本当にそう信じて、やっている方々が多いし、井の中の蛙もいいところ。「自分は一番」そう思っている親、子供も多いしそれはあまりよくないこと。それは自分自身を振り返ってのことです。「大したこと無い。」確かにきつい言葉かもしれませんが、それをもう少し、冷静に受け止めてみる必要もあるかと思います。

[2792]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 メイメイ [03/02/06 15:31:38]

追加、私のような素人には『バイオリンと言えば鈴木』というイメージがあります。そして『鈴木に通っている子はスゴイッ!』と思っている事が多いのです。びっくりしたのが正直な気持ちです。(期待が大きすぎたのかも)そしてこの掲示板を見て納得したのでした。不快な思いをさせました事お詫びします。

[2791]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 メイメイ [03/02/06 15:06:01]

確かに、良くない事でした。反省しますとともに削除します。ただ、よけいな事とはいえ雰囲気は一種独特のものがあり、、、、という事が、言いたかっただけでした。なんだか某早期教育を見ているようで、目的がちがうのかな?と、、、。

[2790]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 子育て [03/02/06 14:44:17]

子供の演奏会などを聞きにいったときなどに…

自分の子供と比較したり、
「たいしたことないね」などと批判する親をおおく見かけます。
たいへん残念なことですし、大きなお世話です。

情操教育の一環であるとされる音楽を長年してきた子供の中で、歪んでしまう子供をつくってしまう原因の第一は親の影響が多いと聞きます。
たいへん悲しいことです。

もし批判、批評等したいのなら、それで収入を得ているプロに対して、していただきたいものです。

[2786]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ゆい [03/02/06 9:55:51]

マニュアル化された(体系的な?)指導方、あるのです。
才能教育研究会という会があって
入会して会員になり 指導を受けます。

数十年も昔、戦後の一般の子供たちの
全体的な知的レベルが未開発だった頃には
有効な手段だったかもしれません。

聖書を読んで勉強しているだけの人を
キリスト者とはいわないように、
スズキの教本を使うだけでは 
スズキメソードとは言わないと思います。

[2778]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 たりらりら〜 [03/02/05 13:27:43]

レス読んでいたらわからなくなってきました。どなたか教えてください。

私の息子(5歳)がヴァイオリンを個人の先生のところで習っております。教本は鈴木を使っております。鈴木の教本の表紙に「Suzuki Method」と書かれているので、鈴木の教本で指導を受けることを「鈴木メソッド」なのだと思っておりましたが、違うのでしょうか?それとも何かマニュアル化された指導方針があって、それを履修された先生がそのマニュアルに即した指導をすることを「鈴木メソッド」と言うのでしょうか?

ちなみに現在はまだ1巻でボーイングと鈴木教本中心の指導を受けてますが、先生の話だと、もうしばらくしたらカイザーの音階練習を併用し、さらに読譜できるような指導を加えていくとの方針を伺っています。

[2772]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 dont [03/02/05 2:08:23]

ウチの8歳の子もスズキです。趣味と思っていますが、音階教本は随分前から、カイザーも1番だけをかれこれ半年やっています。デタッシュ全弓→元→先→中→スタッカート元→中→先・・てな具合です。元や先は、ほんとにウマの毛があるぎりぎりまで使えと言われ、けっこうキビシイものが。けっしてウチのちびが不真面目だからこんなにかかっているのではないと思いますが・・・。心配していた読譜もそこそこできるようになっています。聞いたことのない曲も自分で読んでますし。曲を弾く前には、いつもどんな風に弾きたいか、何をイメージして弾いてきたかと聞かれ(とんちんかんなことを答えていますが)、音楽を歌うということを意識させてくれているようです。今やっている曲の教本についているCD以外のCDも聞いてと言われます。
 深く考えずに、電話帳で探したら、バイオリンを教えてくれるところが他になかったのではじめたスズキですが、基礎的なことをやってくださる先生もいるということをお伝えしたくて。
 少なくとも、私自信が昔習った音大卒の先生よりは、具体的な言い方をしてくれますし、一曲一曲、チビはチビなりに歌えるようになるまでやるので、親としては納得しています。
 でも、momoさんのお子さんのように、モーツアルトのコンチェルトなどを弾かれるようになったら、やはり、30分枠では、ちょろっと曲を弾いたら終わりですものね。音階だけでも教えてくださる先生がみつかってよかったですね。N響の方が、以前公開レッスンで、何よりも音階! 音階が大事! 音階が好きな子はうまくなる、とおっしゃっていました。がんばってくださいね。

[2707]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 masa [03/01/30 10:59:10]

あ、下で書いたスズキの研究科っていうのは 
進級制度のことです。
(まいさんの「高卒から鈴木の研究科入りして頑張って卒業しても
その資格は高卒扱いです。」とおっしゃるのは
たぶん専修学校国際スズキ・メソード音楽院のことかと。)

初等科前期から始まり中等科、高等科、
研究科とテープ審査で昇級していく制度です。
スズキで 研究科 というと 通常そのことをさします。

研究科卒業というのは 8歳で10巻なら
4〜5年生くらいにはメンコンの研究科4期を終えて
教室をやめるとか先生を代わるための
マイナスのエネルギーを浪費しなくてもすむかなと
思ったもので。
でも音大に進みたいという希望がおありでしたら
そんな悠長なことは言っていられませんので
早めの対処が必要かと・・・・・
スズキでは世間一般のヴァイオリン教育で
なされていることが ほとんど ありません。
音楽の基礎がなくても
歌が好きでカラオケで歌う人が
いっぱいいるのと似ているような。

[2698]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 まい [03/01/30 0:33:04]

私の知合いで鈴木の研究科を出て魚屋さんに就職した人もいます。
これも「スズキのおかげさま」でそれはそれで良いと思います。
スズキの研究科を出て一番問題なのはそれで専門学校、大学の資格が
得られない点です。高卒から鈴木の研究科入りして頑張って卒業しても
その資格は高卒扱いです。
大学にしたかったけれど資金的に実現出来なかったようです。

どうでも良い話ですが鈴木慎一さんは生前から自分の銅像を
研究科の前においていたけれどいかなる理由あれ、
私(地元民)は見る度に引いちゃってました。

[2697]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 まぐろのとろ [03/01/30 0:03:07]

ひなさんのおっしゃるとーり!結局優等生しかすきではありません。なぜなら優等生は楽だからです。そしてその優等生が東大に入ると「スズキのおかげ」となるわけです。あれはエリートおかーさまの宗教ってとこですかね。(私の育ったスズキではそういう人は何人もいました)そして先生は音大に入った人のことは悪く言っていましたね。「音大にしか行けなかったのよ。」と。。。

[2696]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 ひな [03/01/29 22:47:40]

 まさにスズキは人間及び心を育てるところと先生自身もいっていますよね。
その理論は徹底的に叩き込まれるみたいで、言ってる事はすばらしいのですが行動は全然伴っていません。
なんとなく学校のよい子を前提に教育論をふりかざしているだけだと思います。
口ばかりで、まったく応用も利かないし、本当にすばらしい先生なんているのでしょうか?
どなたかがおっしゃっているようにコピー人間をつくっているみたいです。
 スズキの先生は音大に受からなかった人のあつまりなのでしょうか?

[2695]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 masa [03/01/29 21:55:54]

波風立てずにやめるには もう少し弾いて
研究科を終えて「卒業」するのがいいかもしれません。
スズキは人間を育てる場で 本来の音楽教育とは違いますね。

[2683]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 マグロのトロ [03/01/29 8:54:01]

だいたいスズキチルドレンなんて何万人もいるような大所帯ですから偉くなる人もたくさんいるでしょう。それはヤマハとて同じです。公文式だって何だって絶対数が多ければ、それだけ世の中に出る人は多いはず。スズキはちょっとエリート意識の高いブランド思考の親もかなり多いですから(というよりバイオリンを習わせている親にはこういったタイプ多いですね。)当然教育熱心です。親がお家で一生懸命やらせていることが多いでしょうね。スズキの力ではなく親の力?私がいたスズキではバイオリンが上手な子よりもお勉強ができる子の方がかわいがられていましたね。「バイオリンが弾けるエリートを育てる」それがスズキ!?逆にプロになりたいと先生に相談するとつぶされる可能性もあります。。。だってスズキの先生になることが一番と思っていますから、スズキの先生にとって音大卒の人は邪魔らしい。(スズキの中では)過激発言ですので管理人さんまずかったら削除お願いします。

[2677]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 まい [03/01/29 0:31:10]


セビシックに一票入れます。パールマンはそれで育ったようです。
カール・フレッシュ音階教本ね、あの一山は頑張って通過してやっと歌うための指運のコツが解るようになりますよね。
でもそのカール・フレッシュが嫉妬のあまり奏法に突っ込みを入れたハイフェッツはどうやって練習してたんだろう?
子供の頃には既に3度和音音階をマスターし、パガニーニのカプリ−スを初見遊びに使っていたとかです。
アウアーには大した事は学ばなかったと言い切った彼自身のための幼少の頃のマテリアルが気になります。

将来色々な力が総合されたら鈴木メソッドもさらにより良く変化して行くのではないでしょうか。
そう期待したいですね。

[2674]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 momo [03/01/28 7:40:12]

バイオリンに限らず、何かを学んでいてもっと上手くなりたい、ここはどうして?と疑問を感じたり、向上心をいだいた時、次への道を選択する場合、手探りの状態でホントに難しい! 確かにスズキは、豊田耕児先生が会長になられた事で、変わろうとしていると思います。上の子がお世話になってかれこれ12年程メソードの流れを見ていますので、とても感じています。スズキでよく言っているどの子も育つ、先生次第、親次第、私次第ですよね、学びたいのですが。2月から現状のまま芸大卒の方に基本的なカイザー音階を習う事にしました。こちらの状況はきちんとお話しました。以後は考えましょうということで。昨年お亡くなりになった鈴木共子先生のようなご指導をしていただける先生をどなたかご存知の方、いらっしゃいませんか?

[2668]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 達磨 [03/01/27 12:36:48]

鈴木の教えの根本は繰り返すことだと思います。そもそもヴァイオリンを専門に進めるところではなくてヴァイオリンを通して人物を育てる所と思います。ヴァイオリンを極めていくことに対してはたしかに教本では物足りないところがたくさんあります。私も鈴木で学んできた身ですからその辺はよくわかります。私が習っている先生は私が最初の生徒だったので私が成長していくにつれなにが足りないのか気づかれました。だから今ではなるべく生徒に音階やソルフェージュを教えています。鈴木で学んだ方々の中には素晴らしい方が多いです。ですが、その素晴らしい方々はヴァイオリンを専門としてはおりません。企業の社長さんであったり政治家さんであったりと千差万別です。(すべてがすべてよい方向に進むとは限りませんが) 鈴木出身で豊田輝治さんというかたがおられます。今では故鈴木真一先生にかわり鈴木メソードの理事長を務めていらっしゃる方ですが昔プロになるべくドイツに渡って勉強なさり、ドイツのオーケストラのコンサートマスターを勤めた方です。ドイツからは日本でいう国民栄誉賞なるものを受けました。豊田先生は鈴木メソードだけでは足りないと思い海外で音楽を学んだのだと思います。今豊田先生のもとで生徒が学んでおります。まだ評価はありませんが鈴木はこれから変わっていくと思います。 あと豊田先生のもとで月に一度レッスンが受けられます。参考までに。

[2570]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 pochi [03/01/11 10:20:29]

体験的な話なので、全ての人に当てはまるとは限りません。

プロを目指す方は、
カイザー
クロイツェル 42の練習曲
ローデ 24のカプリース
シェフチック ヴァイオリン技法教本 作品1〜9
カール・フレッシュ 音階教本
最低でもこの当たりはやっつけておかないと、オーディションには受かりません。
小さいときから弾いていて、12才を過ぎてから、これらのエチュードを始めるのは、苦痛です。

オーケストラのオーディションなら
Orchestral Repertoires 1〜3をきっちり練習したほうが良いでしょう。

鈴木メソッドは譜読みをおろそかにするので後で苦労しますし、プロ養成には不足だと思います。

[2569]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 かんた [03/01/11 1:29:44]

私もスズキ出身です。私もスズキでカイザーをやりました。がしかしスズキの先生は所詮スズキ。スズキ育ちのため御自身達はそういったエチュードを勉強なさったとはとても思えなく、やるにはやりましたがただひいただけ。そもそもスズキの研究科までいった私にとってカイザーなんてきちんとどう弾けばいいのか教わらなければ、何の意味もないものでした。そもそも30分そこそこのレッスンでは曲、音階、エチュードなんて真面目にやればとても無理!これは指導者となった私の意見です。
エチュードなどをやる方向にむいたのはつい最近のことですから、スズキ育ちの先生達は勉強をしていなかったと思われます。
基礎的なっことは御自分が経験していなければ、ほぼ確実に教えることは無理でしょう。
先生によるといえば一言で終わりますが私の知る限り、エチュードをやっていてもしっかりと基礎を身につけるように教えているスズキの先生はお目にかかったことはありません。残念ながら。
教本だけを使って基礎的なことを勉強できる。それはうそでしょう。基本的にカイザーなどの教本はある意味筋トレですから同じようなことが延々と1曲の中で使われるわけで、曲で1回できたとしても体がおぼえられるとは思えません。
バイオリンが好きでも将来プロにさせる気がないのであれば他の先生に行くのはある意味不幸でしょうね。今までやったことがすべて否定され、曲もずいぶんと簡単なものになります。それでプライドがずたずたになって潰れた元スズキの優等生は何人も知っています。

[2568]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 じじ [03/01/11 0:44:37]

momoさんへ

娘の先生は10巻までスズキで育ったのですが結果的に良くなかったということでスズキの教本やメソッドは一切使いません。
8歳でも10巻の曲を弾くのは技術的にはそんなに難しくないとご自分の経験から言われるのですがそれはただコピーしているだけといいます。
趣味ということで続けられるのであれば十分だと思いますがそれ以上のところを目指すのであればステップアップしてもよいのではないでしょうか。
先生と話し合われて将来の目標を考えても良いのではないでしょうか?

[2566]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 じゅん [03/01/10 22:48:32]

momoさんへ
音階、スケールなどを他の音大卒の先生につくのならすべてそちらの先生につくべきでしょう。そんなに今の先生が気に入っているのなら今のままでいるべき。もし家にそういった生徒さんが来たら、まずスズキは絶対にやめていただきます。理由は書くと長くなるので省略しますが、まあスズキにいていいのは小学校1年までかな。あとは。。。。曲が進んでいることと上手なこととはかなりギャップがあります。

[2565]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 momo [03/01/10 22:36:10]

先生をかわると言うのは本当に難しく勇気とエネルギーが必要ですね。@思い切ってメソードを飛び出すか?またはA音階とカイザーのみを音大卒の方に教えてもらう?というのは両者に失礼でしょうか?因みに我が子は8歳、ソルフェージュを1年半ピアノの先生に習ったので譜は読めます。レッスン時間は毎日2〜3時間。音大へ・バイオリニストへと今から目的を掲げているわけではありません、ただバイオリンが大好きなのです。雪さんの先生に質問を、については一度お聞きしたところスズキの教本をきちんとレッスンすれば問題はないとの回答でした。

[2564]

Re: 鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 mie [03/01/10 12:31:53]

メソッド終了後、本格的に大学の先生に付き音大へ進み今はVn.講師をしている者です。メソッド終了後メンコン、チゴイネルワイゼンまで弾いていたにもかかわらず、カイザーの読譜にすら苦しむ有様で、本当に苦しい日々でした。メソッドの良さは溢れるほど感じている私ですが、本格的に勉強したい方はメソッドだけでは、不十分です。現在自分が苦労した分、生徒さんには読譜、技術、音楽性のバランスの良い成長を心がけています。そのためには小さい方ならソルフェージュは必須でしょう。思い切ってメソッドから独立されることも考えられたらいかがでしょう。

[2561]

こんにちは。

[その他]
  [03/01/10 7:11:51]

僕は2歳半の時鈴木メソードでヴァイオリンを始めました。そして半年でやめて個人の先生に就きました。メソードはビギナーには良いと思います。しかし肝心の音階・カイザーのレッスンがないというのは致命的だと思います。やはり小さい頃に基礎をがっちり身に付ける事がいかに大切か、僕自身が体験しているので、もしmomoさんが本当に悩んでいるのであればとにかく勇気を持ってメソードを出る事です。そして新しい先生を見つけられた方が良いと思います。必死に探していれば、必ず、良い先生に巡り会えます。

[2557]

鈴木メソードに限界を感じています。

[その他]
 momo [03/01/09 13:31:20]

我が子はメソードにお世話になりバイオリンの楽しさを十分感じさせて頂き大変ありがたいと思っています。10巻のモーツァルト4番まで進み、だがしかし何か足らないのです。メソードの中でも色々な先生方がいらっしゃるのは知ってはいるのですが、うちの先生は音階・カイザー等のレッスンは全くありません。これではと思いピアノの先生にソルフェージュと音階をバイオリン持参で見ていただいています。今後どうすればと悩む毎日。メソード内で変わるには難しいし、何方か良いお知恵を。

Copyright © 1995-1998, 2001-2019 violin@web all rights reserved.