ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

べっ甲フロッグの耐久性 - ヴァイオリン掲示板

[スレッド一覧に戻る] 並び順 [ 日付の新しい順 | 日付の古い順 ]

このスレッド内のレス一覧

[18163]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 カメハメハ [2004/12/27 0:28:08]

金磨きクロスで再びべっ甲フロッグを磨いてみました。力を入れないようにして軽く5分くらい磨いたところ、前回磨いたときよりもさらにツヤと透明感が回復して、ほとんど新品状態に戻りました。毛替えのときに職人さんに見せたらビックリすると思います。これだけピカピカになると、毛替えする職人さんも多少緊張するかも知れません。良い意味でプレッシャーがかかって、より丁寧に扱ってもらえるのではないかと期待しています。いやぁ、金磨きクロスで磨くと、ほんとに(ベッコウ飴のように)舐めたいほどの美しさが戻ってきて嬉しい限りです。弓のスティック自体は、多少年季が入ってきているので、新品同様のフロッグとは不釣合いとも言えますが、やはり、べっ甲は透明感があってツヤツヤしているのが黒檀フロッグとの最大の違いであり魅力なので、これからもたまーに金磨きクロスで磨いてやりたいと思います。

[18109]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 カメハメハ [2004/12/21 21:05:24]

理理さんに教えていただいたように、光陽社の金磨きクロスで、べっ甲のフロッグを磨いてみました。あまり力を入れずに軽くこするようにして磨いてみたところ、徐々に本来の艶と透明感が戻ってきました。磨き具合をしょっちゅうチェックしながら10分ほど磨いたところ、新品に近いツヤが回復しました。
この方法なら誰でも簡単に(安心して)磨くことができますね。それにしても、金磨きクロスは金専用だと思っていたので、べっ甲を磨いても良いなどということは全く思いつきませんでした。
ただ、磨くことによって汚れやキズが除去されたかわりに、べっ甲そのものの細かいヒビ割れが多少目につくようになりました。まぁ、長く使ってきたので、こういう経年劣化は仕方がないのですけどね。理理さん、ほんとに良いアドヴァイスをどうもありがとうございました。べっ甲フロッグの弓を持ってらっしゃる方はぜひ試してみて下さい。飴色のツヤが回復して驚きますよ。

[18101]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 カメハメハ [2004/12/21 0:32:00]

理理さん、お返事ありがとうござます。ネット上でべっ甲のことをさんざん調べたのですが、ツヤを回復させる方法は全然見つかりませんでしたので、ほんとに助かります。
さて、光陽社の金磨きクロスですが、弓のゴールド金具を磨くために持ってます。でも、これでべっ甲を磨けるとは知りませんでした。とりあえず、軽〜く磨いてみます。どうもありがとうございました。

[18099]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 理理 [2004/12/21 0:22:46]

長くお答えがないようですので、、、

鼈甲の艶を出すには、製作段階では、研磨が基本です。目の粗いものから細かい物に替えていき艶を生みます。おそらく、艶がなくなったというのは、表面に微細な傷がついたためです。もちろん汚れも付着していると思います。

こういった場合、表面の傷が主な原因のようでしたら、プロに頼みますと、精密仕上げ用の研磨フィルムなどを用いるでしょう。ホームセンターなどでも売っています。3枚(1種3枚)入って350円くらい。2000番か4000番ではじめて、10000番で仕上げたら艶が出るのでは。

ですが、これはかなり重症の時の磨き直しですので、曇りなどが気になるようでしたら、最初に、「金磨き」で試してください。日本製ですと、光陽社という研磨剤専門メーカーが、小売もしていますのでこれもホームセンターで見つけることが出来ます。眼鏡拭きのフェルトのような形状です。(銀磨き布でも代用できますが、ちょっと目が鼈甲に対しては粗いので、推奨は出来ませんが。)クリーナーとしては、宝飾用、とくに真珠用のものが代用できますが、おそらくそこまでしなくて良いのではと思います。金磨きクロス1枚か2枚で500円程度ですので、まずこれで磨くことをお奨めします。

[18040]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 カメハメハ [2004/12/14 23:37:02]

ツヤのなくなってしまったべっ甲フロッグのツヤ(輝き)を回復させてやるには、どうしたら良いでしょうか?べっ甲用の磨き液(クリーニング液)を検索してみたのですが、見つかりませんでした。どなたかアドヴァイスして下さい。

[18036]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 亀の甲 [2004/12/14 22:34:18]

私もアルシェの金べっ甲弓を見たことがありますが、完全な柾目のスティックで、強さ、弾力性、そして明るい音色と良い、弓としては申し分のない最高のものでした。ヘルナンブコにも稀に見られる木目と垂直方向に出る虎杢模様もとても美しいかったです。アルシェの職人の人から聞いたのですが、べっ甲フロッグの弓は、数本しか作ったことがなく、スティックの良材が枯渇した現在、今後これだけの材料が手に入るかどうかもわからないとも言っていました。このように最高のスティックにのみ、べっ甲フロッグを採用するメーカーもあれば、スティックの材料に関係なく、ただ単に価格を上げるためだけにべっ甲を使っている弓があるのも事実でしょう。べっ甲の材料自体は、べっ甲細工の工芸品を見ればわかるように実はそんなに高い物ではないようです。

[18034]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 マフマフ [2004/12/14 20:37:13]

David Tecchler 1725さんへ。自分が推薦した@Bの国産弓のべっ甲フロッグ付きの弓は、べっ甲付きかどうかということ以前に、スティック自体がとても素晴らしいと思います。ミランやらギヨームやらといった海外の有名新作弓と比べても遜色無いと思います。特にBのアルシェの弓は、トマショーやノイドルファーといった名工の新作弓に匹敵するレベルだと思います。金べっ甲をつけたくなるほどの素晴らしいスティックだからこそ、金べっ甲仕様なのだ、と納得させられます。有名なオールドフレンチ弓のちょっと状態の悪いものよりも、国産の最高クラスの弓の方がはるかに機能的で扱い易いと思います。さすがに、ミントコンディションのオールドフレンチの名弓にはかないませんが・・・。まぁ、そういう名弓は国産の最高級弓の5倍以上の価格ですので、そもそも比較の対象にはなりませんけどね。

[18024]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 pochi [2004/12/14 5:34:27]

鼈甲の良いトコロは、少し位欠けても補修が略完璧に出来る事でしょう。演奏上、機能的に優位性を感じた事は有りません。私は、基本的に購入対象からは排除します。

[17998]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 亀サン [2004/12/12 0:11:39]

最近の弦楽器の展示会でべっ甲の弓を何本か見かけました。べっ甲のついたオールドフレンチボウは、300万とか500万とかスゴイ値段でビックリしました。かなり使い込まれたべっ甲は、ほとんどツヤがなくて透明感もほとんどありませんでしたが、それでも高級感はありました。オールドフレンチ弓でも、あまり弾かれたことのなさそうな弓のべっ甲は、半透明で綺麗でした。耐久性はどんなもんだろうと思ってましたが、意外と長持ちするんですね。何百万もするオールドフレンチはとても買えないので、新作のべっ甲の弓が欲しいな〜、と思いました。

[17982]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 マフマフ [2004/12/10 20:18:08]

予算に余裕は無いけど、どうしてもべっ甲フロッグの弓が欲しい人へ有益な情報を提供しマース。べっ甲フロッグがついていても、肝心のスティックの品質が劣っていては意味がないので、スティックもしっかりしたものを推薦します。
@SUZUKIバイオリンのbX9という弓は定価60万円ですが、赤茶色の透き通ったべっ甲フロッグがついています。これに、くじらのヒゲ巻きとゴールド金具がセットされるので、高級感があります。
10年ほど前までの杉藤マイスターボウの定価60万円の弓も、べっ甲フロッグが標準装備されていましたが、このSUZUKIの弓は、杉藤の弓に見た目と弾き心地が似ているように思います。
AJ.S.フィンケルの定価585,000円の弓と定価800,000円の弓も、べっ甲フロッグがついています。これに、くじらのヒゲ巻きとゴールド金具がセットされます。べっ甲の色は、SUZUKIの弓のべっ甲よりも色が濃くて(少し黒っぽくて)透明感が少なめです。定価の割には、結構いいべっ甲が使われていると思います。
Bアルシェの定価130万円以上のクラスの弓だと、@Aの弓よりもさらに高級感のある本格的なべっ甲フロッグが標準装備されます。くじらのヒゲ巻き&ゴールド金具が標準ですが、銀線、金線、銀糸&銀金具に変更することも可能です。あと、@Aはペカットタイプしかありませんが、Bではサルトリータイプやトルテタイプ(角弓)も選べます。
べっ甲フロッグは、見た目が美しい、という点に意識が行きがちですが、実は手で触れたときの感触がなんとも言えず心地良いのです。透明感があってスベスベしていて、ちょっと硬そうな感じがしますが、手に馴染むような柔らかさがあります。また、演奏中は、手のぬくもりを吸収して、フロッグが手の温度に近くなります。最高級の黒檀フロッグだと汗を吸収してサラッとした感触でこれもまた良いのですが、べっ甲は手に吸い付いてくるような人懐っこい感じがします。自分は汗かきですが、真夏でも手が滑って持ちにくいということはありません。べっ甲フロッグは、一度使うともう離れられないような魅力があります。
200年前のオールドフレンチ弓でも、べっ甲フロッグが現役で使えているものがあるので、大事に大事に使えば、べっ甲フロッグを壊すことなく一生使えるのではないかと思います。興味のある方は、上記の@〜Bの弓を試奏してみて下さい。

[17875]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 スープカリー [2004/12/08 0:11:33]

べっ甲フロッグに限らず、黒檀フロッグでも、フロッグとスティックのこすれる部分に「ロウ」を塗るといいですよー。3ヶ月に1回とか定期的にロウを塗り続けると、スティックとフロッグの双方の表面にロウが徐々に浸透していって、汗をはじくようになります。汚れも蓄積しにくくなりますので、フロッグの滑りが良くなり、弓に負担がかかりにくくなりますよー。ロウは、普通のロウソクをカッターで塗り易い形状に切り出して(削り出して)使うといいですよー。高価なべっ甲フロッグを持っている人は、このようにロウを塗ってやると長持ちさせられますよー。超高価なべっ甲フロッグの弓の持ち主がゆってるのだから、「間違いナイ」。毛替えのときに、ロウを塗ることくらいサービスしてくれてもいいようなものですが、実際に塗ってみるとわかると思いますが、むらなく均一にロウを塗りこむのは意外と時間がかかります。塗り過ぎは良くないので、塗った後に軽く布で拭いて伸ばしてやると、適度なロウの皮膜ができあがります。弦のとおるミゾに油性の銀の色鉛筆を塗るというアイデアを提唱している人がいましたが、フロッグとスティックのこすれる部分にロウを塗ることは、それ以上に有益で実用的だと自負してます。

[17763]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 黒チャン [2004/12/03 12:30:32]

金・黒檀フロッグの弓を持ってますが、フロッグの清掃は3ヶ月に1回くらい気が向いたときにやってマス。僕はすごく汗っかきなので、清掃すると綿棒が汚くなります。それだけ汗や手垢が蓄積しているということですね。
素朴な疑問なんですが、同じ大きさ・同じ形状の、黒檀フロッグとべっ甲フロッグではどちらが思いのでしょうか?黒檀も最高級品だと水に沈むくらいの比重があるようですが。

[17747]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 アンリ [2004/12/02 19:59:52]

みなさんのお話を伺っているとべっ甲は汗に弱いようですが、時々フロッグを外して綿棒などを使って掃除してやらないとマズイですかね〜?
自分は金属のレールのついてないべっ甲フロッグ(べっ甲が直接スティックに当たる構造)の弓を持ってるのですが、たまにフロッグを外して見てみると、スティックとべっ甲フロッグの間に、汗の水分と塩分が付着しているのがわかります。毎日練習しているので、その部分は濡れっぱなしの状態だと思われます。
でも、フロッグをしょっちゅう外すと弓が傷むので良くないかな〜と思うので、半年に1回の毛替えのときに、工房でクリーニングしてもらうだけにしています。今のところヒビ割れとかは無いんですけど、やっぱ、スティックとフロッグの接するところが汗で濡れっぱなしだとヤバイですかね〜。みなさんはどのくらいの頻度で掃除してらっしゃるのかしら?

[17546]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 けんじ [2004/11/20 9:10:47]

物知り?おぢさん へ
情報をありがとうございました。

BTW
私の興味は 正に べっ甲のフロッグだと、いかにも高級な弓を使ってるゾ、って感じのそれです。

[17531]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 sebastian-D [2004/11/20 2:44:33]

金箔入りの日本酒って感じかな。

[17525]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 物知り?おぢさん [2004/11/20 0:56:20]

けんじさんへ。ワシントン条約の批准前に日本国内に輸入されたべっ甲は、今後も使用することができるようです。あと、べっ甲そのものではなくて、べっ甲のフロッグの半製品などは、現在も日本国内に輸入できるはずです。べっ甲はたしかに美しいし高級感があるので憧れますが、高品質のべっ甲フロッグだとフロッグだけで30万円近くしますので、実用性を考えると高過ぎるような気もします。でも、べっ甲フロッグの弓を持っている人は、べっ甲の割れを修理しながら長く使い続けているので、やはり、毎日見て使っているとどんどん愛着がわくのでしょう。あと、べっ甲のフロッグだと、いかにも高級な弓を使ってるゾ、ってな感じで、所有者的には満足度が高いのでしょうね。羨ましい・・・。

[17512]

ワシントン条約

[その他]
 けんじ [2004/11/19 9:27:38]

べっ甲フロッグに興味があるので 便乗質問をさせて下さい。
日本では ワシントン条約とべっ甲フロッグの関係は問題が無いんでしょうか? 

[17497]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 ベッコウアメ [2004/11/18 21:08:06]

アメリカ製のベッコウフロッグのついた弓を持ってます。20万円少々とベッコウフロッグ付きにしては妙に安い値段で買ったので、偽ベッコウかも知れませんが、それなりに美しいですよ。3年くらい使ってますが、特に不具合はないです。ちなみに、ラッピングはクジラのヒゲ巻きですが、これも偽クジラヒゲかも知れません。クジラヒゲ+ベッコウフロッグの弓だと通常は60万円くらいはしますからね。ワシントン条約の発祥の地であるアメリカ製なのに、なぜベッコウ+クジラヒゲが装着されているのか、(買った後に気がつきましたが)不思議ではあります。

[17494]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 早起き [2004/11/18 20:49:38]

>例えば、べっ甲の眼鏡フレームは折れたり割れたりした場合は、
>熱を加えながら新しいべっ甲を継ぎ足して圧着すれば復元できる

たしかに元の形に復元することはできますが、弓のフロッグの場合は
そこに負荷をかけるので、耐久性がどうしても落ちてしまいます。
そういう点で修理が利かないのです。

鼈甲のフロッグ、綺麗で手に馴染むのですが、汗っかきの場合、
黒檀のフロッグより若干滑りやすく感じるような気がします。
また、デザインにもよりますが、親指が当たる所の角が少し痛い
(角張っている)ものもありますね。

[17492]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 タイマイ [2004/11/18 19:32:05]

早起き 様
早速のお返事ありがとうございます。べっ甲は透明度の高いものの方が丈夫なんですね。@杉藤マイスターボーのMX Art(定価60万円)のべっ甲は赤茶色で少々まだら模様があって半透明でした。光に透かすと向こうが見えるような感じでした。一方、AS.フィンケル(定価56万円)のは全体が黒っぽくて透明度が低かったです。ということは、べっ甲に関しては@の方が丈夫ということですね。
半月リングのはまる部分が割れたら修理が効かないのですね。ウーム。大事に大事に扱わないといけませんね。見た目と手触りはすごくいい感じでしたし、弓自体が弾き易かったのですが、べっ甲フロッグが壊れたときのことを考えると、ウームと考え込んでしまいます。
べっ甲関係のホームページを調べたところ、例えば、べっ甲の眼鏡フレームは折れたり割れたりした場合は、熱を加えながら新しいべっ甲を継ぎ足して圧着すれば復元できるようでした。ただし、ヴァイオリンのフロッグについての記述は見つかりませんでした。

[17491]

Re: べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 早起き [2004/11/18 19:10:19]

鼈甲のフロッグは透明度の高いものの方が丈夫です。
鼈甲フロッグでもっとも耐久性の弱い部分は、リングのはまる部分だと
思います。その部分が一番負荷がかかりますし、そこが折れてしまうと
直すことができません。

鼈甲のフロッグは修理が利くので、耐久性という意味では結構長い
時間使うことができると思います。
ただ、オールドの弓などのフロッグに関してはオリジナルは保管しておいて
実際には違うフロッグを付けて使用している例も多いようです。

[17489]

べっ甲フロッグの耐久性

[その他]
 タイマイ [2004/11/18 12:25:49]

ヴァイオリンの弓で、べっ甲フロッグがついている弓がありますよね。それについて質問させて下さい。
この時期は弦楽器店の展示会が多数開催されてますが、べっ甲フロッグの付いた弓で気に入った弓が2本ほどありました。
@杉藤マイスターボーのMX Art(定価60万円)の中古(ただしキズのない保存状態の良いもの) 40万円
AS.フィンケル(定価56万円)の中古(ほとんど無傷で状態が良いもの) 40万円
べっ甲のフロッグは見た目も綺麗で手触りもいい感じで気に入ったのですが、強度が弱そうで耐久性に不安があります。
でも、オリジナルのべっ甲フロッグがついた200年近く前のオールドフレンチボウで、いまだに現役のものがあるぐらいだから、大事に使えば長持ちするのかな?、と思ったりしています。
ちなみに自分は結構汗かきな方です。
べっ甲フロッグの弓をお持ちの方、あるいは、べっ甲フロッグの弓を持っている人を身近に知ってるという方がいらっしゃいましたら、べっ甲フロッグの耐久性についてご意見をいただけると嬉しいです。

Copyright © 1995-1998, 2001-2021 violin@web all rights reserved.